【車の買い替えを検討しているあなたに】本当にお得?未使用車の裏事情

なぜ未使用車が存在するの?

登録だけされて、全然走ってない車、そんな未使用車がなぜ存在するのでしょうか? なぜなら、ディーラーは販売実績が欲しいからです。 どこの自動車メーカーでもそうですが、メーカーはディーラーに新車を卸します。 そこで重要になるのが掛け率、メーカーの卸値が新車価格の何%になるかということなのですが、このことはディーラーの販売実績に応じて決まるのです。 掛け率が下がればディーラーは儲かる、だから販売実績を積み上げるのに必死になります。 自分たちで購入・登録してすぐに、中古車市場に流せば未使用車のできあがり、ディーラーは少し損をする計算ですが、販売実績を伸ばして掛け率が下がったほうが最終的には儲かります。

未使用車は安くない?

中古車店は結び付きが強いディーラーから未使用車を直接購入したり、中古車を集めて行われるオークションで未使用車を仕入れてくるのです。 ディーラーから買う価格、オークションでの価格、これらは現在の新車価格に大きく影響されるものなので、未使車が極端に安いということはあり得ません。 中古車店が売り出しに合わせて、宣伝費と割り切って少数を安く出すことはあるかもしれませんが、それでも新車と比較して大幅に安いということはあり得ないのです。

未使用車は車両本体価格だけで買うことができない

車両本体価格だけでは車を買えないのは御存知の通りだと思います。 その他には「諸費用」と「オプション価格」が足されて来ます。 「諸費用」とは取得税や重量税などの「税金」と、自動車に乗る以上絶対に入らなくてはならない「自賠責保険」、車をリサイクルするのにかかる「リサイクル料」、登録するのにかかる「登録料」の合計のことです。 「オプション価格」とは車に付いてくる装備の価格を指します。スズキのメーカーHPによると、新車の場合の諸費用とオプション価格の合計は10万4,590円となっています。 結構高いですが、店頭だとこれだけでは絶対に終わらない、ここからは営業の技が光るのです。 ナビを取り付けたり、コーティングをしたり… 何も考えずに、うんうんとうなずいていると、あっという間に諸費用とオプション価格の合計が20万円を超えて来ます。

中古車販売店で未使用車を買うと…

ディーラーよりも中古車店は、もう何枚も上手です。 「メーカー保証だけじゃ不十分、当社独自の保証もつけましょう。」 「今後のメンテナンス費用、今なら格安でご提供できます。」 ウンウンとう頷いていると、諸費用とオプション価格の合計が20万、30万とウナギ登りです。 それは要らないものの費用まで負担しているからなのです。 「当社独自の保証」…メーカー保証が3年間ついているのに、なぜ中古車店の保証が必要なのですか? 「メンテナンス費用が格安」… 本当に格安かどうか確認しましたか? こうして中古車店は割高なものや要らないものにお金を払わせる。 諸費用やオプション価格で儲けるとは、こういうことなのです。

未使用車を買うのが一番損!?

実は未使用車が一番中途半端でお得ではない買い方なのです。 未使用車を検討する前に、新車と未使用車ではない中古車を検討してみましょう! 意外と未使用車と変わらない価格で新車は買えますし、中古車であれば5000キロしか走ってないのに新車より100万円以上安く買えたなんてよくある話です。 車の乗り換えを考えている方はぜひ参考にしてみてください。

乗り換えを考える上で、現在お乗りのお車を高く売ることが重要ですよね。そこでおすすめなのがおまかせ出品です。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら