車の色ってどう選ぶ?後悔しないための6つの選び方!!

さまざまな色の車
車を購入する際、何色の車を選ぶべきか迷いますよね?
  • 「人気の色はなんだろう?」
  • 「何色がいいかな?」
  • 「色を選んでから後悔したくない!」
車は長い時間を一緒に過ごすものになるので、購入の際には、納得のいく色を選びたいですよね。
実は、車の色選びといっても、選び方はたくさんあります。
今回は、車の色選びで悩んでいる人や、後悔したくない人のために、6つの色の選び方を紹介していきます。

車の色の選び方6選

車はいくつかの観点から色を選ぶことができます。自分が好きな色にすることが1番ですが、買ってから後悔することがないように、あらかじめ色の特徴を理解しておきましょう。

さまざまな観点から優先度をつけて、満足できる色を選びましょう。

以下が後悔しないための、6つのクルマの色の選び方です。

  1. 人気の色
  2. 色のイメージから選ぶ
  3. モテる色
  4. 汚れが目立ちにくい色
  5. 高く売れる色
  6. 事故りにくい色

上から順番に解説していきます。

①1番人気の色は「白」

人気の色は白

「目立ちすぎる色は嫌だし、定番の色を選びたい!」と考えている人も少なくないでしょう。一方で、色が被ってしまうのを避けたい人もいるかもしれません。

何色の車に乗っている人が多いのかを知るために、まずは人気色トップ10を見ていきましょう。

日本での人気色トップ10の詳細は以下の通り。2018年、アクサルタ(アメリカのペイントメーカー)による調査の結果です。

  1. 白(35%)
  2. 黒(22%)
  3. シルバー(12%)
  4. 青(9%)
  5. 赤(6%)
  6. ブラウン・ベージュ(5%)
  7. グレー(5%)
  8. 黄色(2%)
  9. 緑色(1%)
  10. その他(3%)

ソース:https://www.axalta.com/content/dam/New%20Axalta%20Corporate%20Website/Documents/Publications/2018_ColorPopularityBrochure.pdf

人気色はやっぱり白と黒なんですね。定番な色を選びたい方は、「白」、「黒」、「シルバー」、「青」がオススメです。目立つ色や、他の人と異なる色の車に乗りたい人は、「黄色」や「緑」の車を選んでみてもいいかもしれません。

※世界的には、1位が「白」、2位が「黒」、3位が同率で「グレー」と「シルバー」でした。日本での結果とほぼ同じだといえます。

②色のイメージから選ぶ

色に対するイメージは、それぞれ異なりますよね。実際、色が人に与える影響は大きいといわれています。

人気色トップ5の色それぞれのイメージをまとめてみました。

  • 「白色」:清潔、純粋、神聖
  • 「黒」:高級感、重圧感、威厳
  • 「シルバー」:高級感、神秘的、知的
  • 「青」:誠実、知的、落ち着き
  • 「赤」:情熱、興奮、活力

以上のように、色にはそれぞれのイメージがあり、人は知らず知らずのうちに、見る色によって異なる影響を受けています。色が与える影響から、車の色を選んでみても良いかもえません。

③モテる色は「黒」、「白」、「青」

「女性ウケの良いクルマ」にしたいと考える男性もいるのではないでしょうか。もちろん、女性といっても人それぞれです。しかし、万人受けを狙うのであれば、「黒」、「白」、「青」が効果的です。

定番の色ですが、それぞれクールな印象を与えます。

  • 「黒」:「男らしくてかっこいい」「大人な印象」などの高級感があり、大人な印象。
  • 「白」:「清潔感がある」「さわやかな印象」などの誠実な印象。
  • 「青」:「おしゃれ」「さわやか」などの知的で落ち着いた印象。

 

他の選び方として、自分のイメージに合った色を選ぶのもありでしょう。

例えば、情熱的なタイプであれば「赤」、知的なタイプであれば「青」など。自分のイメージに合った色の車を乗ることにより、より魅力的になれるかもしれません。

④「黒」は汚れや傷が目立ちやすい色なので注意

傷のある黒色の車

「洗車はしたくない。汚れが目立ちにくい色がいい!」そんな方にオススメなのは、「シルバー」、「グレー」、「メタリック系」です。

逆に、汚れや傷が目立ちやすい色として注意したいのが、「白」「黒」です。「白」汚れやすい色であることは想像しやすい一方、「黒」は汚れれにくい色だと思っていませんか?

実は、「黒」は、汚れや傷が目立ちやすい色で、「黒」を選んだことを後になって後悔する人は少なくないです。黒色に輝き、かっこよさに憧れを抱く人はいるでしょう。しかし、埃、黄砂、鳥のフンなどにより、汚れが目立ってしまいやすく、黒いクルマは最も手入れが必要な色です。「黒」を選ぶ場合は、前もって定期的に洗車が必要なことを理解しておきましょう。

⑤高く売れる色は「黒」、「白」、「パールホワイト」

基本的には自分が好きな色を選ぶのがベストだと思いますが、そこまでこだわりがなかったり、ある程度使った後に高く売りたい人もいるかもしれません。

後で高く売りたいと考えているのであれば、「黒」、「白」、「パールホワイト(真珠のようなツヤを帯びた白)」を選ぶべきです。車種によって異なりますが、基本的ににはプラス査定されやすいです。これらの色は定番であり、需要があるためです。

また、車種のイメージに合った色の車も、高く売れる可能性が高いです。(赤色のフェラーリなど)

⑥「黒」、「青」は事故率が高い色?

信頼できるデータはありませんが、「黒」と「青」の車は事故率が高いのではないかといわれています。黒などの暗い色は、他の色よりも視認性が低いです。そのため、他の車から認知をされにくく、事故を起こしやすいと考えられています。

色には心理的効果というものがあり、膨張色(大きく見える色)と収縮色(小さく見える色)があります。つまり、同じ大きさであっても、色によって大きく見えたり、小さく見えたりします。膨張色である「白」、「赤」、「黄」などの車は大きく見えるため、事故が起こりづらく、収縮色である「黒」、「青」などの車は小さく見えて事故率を高めてしまう可能性があります。

また、暗い色は遠くに見えてしまうため、距離感を誤ってしまうことにつながってしまうかもしれません。

まとめ

  • ・人気で定番なのは「白」と「黒」
  • ・色のイメージから選ぼう
  • ・女性ウケが良いのは「黒」、「白」、「青」
  • ・汚れが目立ちにくい色は「シルバー」、「グレー」、「メタリック系」
  • ・「黒」は汚れが目立ちやすいので注意が必要
  • ・高く売れる可能性が高いのは「白」、「黒」、「パールホワイト」
  • ・「青」と「黒」は事故率を高めてしまう可能性がある

車の色選びといっても、たくさんの選び方があります。基本的には、自分が好きな色を選ぶのがベストでしょう。しかし、購入してから後悔することがないように、あらゆるメリット・デメリットを理解した上で、納得のいく決断をできると良いと思います。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら
さまざまな色の車