クルマの内装を丁寧に扱った方が良いワケ

車の内装に注目!!

自動車を丁寧に扱う事で最も気を使わなければいけない物の一つに外装や、外観が挙げられると思います。 しかし、実は内装がかなり重要なファクターを担っている事をご存知でしょうか? 「当たり前だろ」と思う方は多いかもしれませんが、ボディのへこみや、カラーの色あせは板金で、古い車両も修理する事が可能です。 反面、内装は板金の様に再生修理する事がかなり、難しいジャンルになります。 皆さんは自動車のパーツの生産が最初にストップされる部品を、何かご存知でしょうか?

自動車は内装から先に生産終了されていく

安全性の面もありますが、走行に関係のない物から順次、製造中止されていきます。 走行に一番関係の無い物は、内装に関する物が殆どなので、自然と部品がなくなっていきます。 その為、出来るだけ購入段階から内装を丁寧に扱う事は、長持ちさせ「交換したいのにパーツがない!」ということ以外にも様々なメリットがあります。 車の売却時に高額査定を勝ち取る要因にもなりますし、キレイに保つことで同乗者に不快感を与えなくて済むというのもメリットの一つではないでしょうか。 内装を綺麗に保つには、普段からどのような使用方法を行っていけばよいのでしょうか? 簡単にですが、お話していこうと思います。

車内で飲食は控えるようにする

基本的な事ですが、控える様にするだけで食べカスが付着して、シートが汚れる事を防ぐ事が出来ます。 特に、飲み物をこぼしてしまった場合は、シミになる可能性があるので出来るだけ行わない様にしましょう。 ただ、車というのは車中の時間も楽しむべきものではあるので、あまり制限を設けたくないという方は拭き取るための予防としてティッシュ等は準備しておくのがいいでしょう。 また、布シートの場合にこぼしてしまった場合は炭酸水で叩くように抜くと綺麗に取れる場合があります。 いずれにしても飲食を控えることが1番の予防になると思いますし、付随して、臭いも発生しにくくなるので、同乗者に不快感が現れにくいです。

車内で喫煙を控えるようにする


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら