ケイマンとボクスター、オススメしたいエントリーポルシェはどっち?

911のミッドシップオープンスポーツ版・ボクスター

1989年に登場したマツダ MX-5ミアータ(日本名ロードスター)の登場と世界的大ヒットは、世界中の自動車メーカーにオープンスポーツカーの開発を決意させるのに十分な理由となりました。 ポルシェもその波に乗ったメーカーのひとつで、1993年にプロトタイプを発表すると、1996年にはオープンスポーツカー、ボクスターの初代モデル(986型)を発表しました。 基本的には911のパーツを多用しつつ低コストで仕上げたエントリースポーツらしい価格で販売できる一方、あまり911と性能を近づけてもポルシェとしてメリットが無いので、性能自体は抑えられています。 リアオーバーハングにエンジンその他動力系を搭載したRRレイアウトの911に対し、動力系をそのまま前にずらしてリアミッドシップに配置し直したMRレイアウトです。 それゆえホイールベースも911より長く、車の素性として高速安定性や重量配分最適化による安定性は911より高いことから、ボクスターを911カブリオレの廉価版ではなく、むしろ好むドライバーさえいるほど。 ポルシェの「入口」から上級者まで満足するスポーツカー、それがボクスターと言えるでしょう。

ボクスターから派生したミニ911・ケイマン

そのボクスターの2代目987型から派生した、クローズドボディを持つクーペモデルがケイマンです。 ボクスターとパーツの流用が多い…ということはボクスター同様に911からのパーツ流用が多く、クーペボディとも相まってミニ911的な要素を持っています。 グレード展開もラグジュアリー傾向や昔の356、550を思い起こさせる懐古調なモデルも多いボクスターとは違い、911に近い走りのモデルが多いのも特徴。 ただし、イメージ的には「ボクスターのクローズドボディ版」という、それは確かにそうなのですが、スポーツカーとしては一段低く見られがちなところもあります。 オープンエアーの快適感が得られない分、スポーツカーとしての用途もボクスターより限られてしまうのも、少し損をしている部分でしょう。 もっとも、ボクスター譲りのロングホイールベースや重量配分はケイマンでも健在ですから、本気で振り回す走りではケイマンの方が向いているとも言えます(もちろん性能は911より抑えられてはいますが)。

オープンエアーの爽快感を楽しむなら迷わずボクスター

この2台を単純比較してオススメの基準を選ぶとなれば、これはもう「オープンカーが是であるか非であるか」これに尽きます。 スポーツカーとは言え、速く走るより普通の道を普通に走ること、つまり買い物やドライブで使うことの方が圧倒的に多いようであれば、ボクスターを迷わず選ぶべきでしょう。 わずかに巻き込んだ風から季節を感じたり、夜のドライブで車を止め、乗ったまま夜空を見上げるような芸当はケイマンには到底できません。 スポーツカーに乗っているからと走りだけがカーライフになるとは限りませんから、むしろそれ以外の時間をいかに大事にして、思い出を作るかも選択基準になりえます。

厳しい天候対策や走り重視ならばケイマン

とはいえ、どのようなシチュエーションでもボクスター最高!とはいきません。 そもそも花粉症がひどいのでオープンカーに乗れない人もいるでしょうし、オープンエアより冬の雪下ろしの方が大変という人もいるでしょう。 治安が悪くてオープンに乗れないという地域もあるでしょうし、そうなるとケイマンということになります。 また、走りの面ではミニ911的な要素も濃いですから、サーキットなどでのスポーツ走行をメイン用途にするならケイマンでしょうね。 実際、911GT3ならぬケイマンGT4というサーキット向けのモデルも販売されていますから、スポーツユースならケイマンが良いと思います。

ボクスターもケイマンも911のDNA

どちらも911のパーツを多用したエントリースポーツカーですが、性格はだいぶ違うようです。 同じ親のDNAを引き継いでるとは言え、特徴の違うこの兄弟、 あなたならどちらを選びますか?

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら