個人間売買で車を売るときの注意点!Ancarが間に立ちましょう!

最近Ancarをはじめ、個人間売買を取り持つサービスが増えてきました。しかし、たくさんあるそのようなサービスの中でもクルマの個人間売買を行うにあたってのリスクやデメリットを解消してくれるサービスはそこまで多くはありません。まずはどのようなリスクがあるのかを見ていきたいと思います。

事故車や盗難車を買わされる

買取業者など業者による買取では、査定士によるチェックで事故歴や盗難歴などが厳密にチェックされます。 さらに業者向けオークションに流された時も、車両の履歴や程度などが記されて流通するため、そのチェックをくぐり抜けることが皆無とまでは言わないものの、ある程度信頼がおけると言って良いでしょう。 しかし個人売買の場合は売り手の「自己申告」であるため、買い手の方でよほど「目利き」のできる人で無い限り、申告していない事故歴や盗難車であるかどうかの判断などできません。 それを悪用された場合、購入してから思わぬ事故の痕跡や不十分な修復歴車に出くわすことも皆無ではありません。 また、知らずに盗難車を購入してしまうこともありえるでしょう。 もちろんそうした出品車ばかりではないでしょうが、リスクは業者経由に比べると格段に高いと言わざるを得ません。 最低でも、Ancarのような個人間売買サービスでチェックや点検整備を受けて取引を行っていれば、後々トラブルになるリスクは減るでしょう。

名義変更でのトラブル

一番よく見かけるのが名義変更に関わるトラブルです。 自分の名義のまま買い手に車を送ってしまい、その先で何かと理由をつけてなかなか名義変更してくれないということが、よくあります。 買い手に悪意があるかどうかに関わらずこれは大問題で、仮に売り手の名義のままで何かトラブルが起きた場合、書類上の所有者である売り手の管理責任が問われかねません。 さらに悪意のある買い手の場合、そのまま乗り回して事故を起こしたり、不法投棄でも起こされてはさらに売り手の責任は重くなります。 元から知っていて信頼できる人間であればともかく、全くの他人に車を売る場合は一旦登録抹消してナンバーを返納した上で業者に輸送してもらう「陸送」、または自走で納車しにいく場合でも仮ナンバーで行った方がいいでしょう。 その点、Ancarでは名義変更を代行しますので、個人間売買でも名義変更トラブルは起きません。

不明瞭な契約内容


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら