【元中古車屋が伝授】BMW3シリーズなら高く売れるサービスがある?

高級輸入車のセダンとして、日本市場において白熱しているのがBMW3シリーズとメルセデス・ベンツCクラスの戦いですよね。どちらの車にも共通しているのはFR駆動によるスポーティな走りやボディーの剛性感、高級感、そして輸入車の中でも比較的お手頃な価格であることなどです。皆さんもこの2台のどちらを買うかで非常に迷った方もいらっしゃることだと思います。その2台の中でもBMW3シリーズは特に運転する楽しさを持っていて、他の車や国産車では出せない魅力がたくさんあるため、多くのファンがいるのです。そしてこれを読んでいただいているあなたもまた、BMW3シリーズオーナーかもしれません。しかし、いつかはBMW3シリーズを手放す時が来るでしょう。その際に、このようにたくさんのドライバーからの支持を受けて好セールスを記録してきたBMW3シリーズは、人気なだけに流通数も多く、どう売却しても同じと捉えられがちなのです。しかし今回、その常識を覆すべく、とっておきの売却方法をご紹介していこうと思います。

BMW3シリーズを下取りに出すのはもう時代遅れ

今まで多くの方が、BMW3シリーズを手放す際に、下取りとして中古車販売店や正規ディーラーなどに売却してきたかと思います。しかしネットワークの普及も進み、多くの中古車売買サービスが生まれつつある今、もう下取りとして買い取ってもらうことが損になってきてしまっているのです。

まずは中古車販売の業界構造を知ろう!

まずはじめに知っていただきたいことは、中古車業界は非常に複雑な構造を持っているということです。中古車の主な流れとしては、車を買取店に売却すると、8割近い車がオートオークション(車の販売を行う業者が在庫を補充するための取引の場)に出品され、そのオートオークションで販売店が車を購入し、次のオーナーへと届ける、といったものなのです。そのため、各社の儲け分の手数料が上乗せされ、さらに最終的には消費税も加算されて販売されるので、最初に売った額と、最後に新オーナーが支払う額とでは大きな差が生まれてしまう場合がほとんどでした。さらに買取店では、このような構造にも関わらず『高額買取』を謳い、詳しい構造を知らない消費者をある意味『騙して』安く買い取っていることもあるのが現状です。そんな構造の中で、損をしないためにまず、すぐに実践できることとは、ご自分の車(今回ならBMW3シリーズなど)と同じ状態の車(グレードや走行距離など)がどのくらいの値段で売られているかをグーネットやカーセンサーで検索して見てみることです。そうすることで、自分の車を売却する際にその売却額が本当に適正かどうかを調べることができます。

概算で30万円も安く買い取られていた!!

では実際に下取りに出すとどのくらい安く買われてしまっていたのか、概算で算出してみましょう。先述の通り、中古車業界ではその構造により、下取りに出してから次のオーナーの手に渡るまでに多くの業者を介します。そのため、最初の買取(下取り)の時点でかなり安く買い取らないとビジネスとして利益にならない構造となっているのです。もしお持ちのBMW3シリーズを下取りに出すとして、ざっと計算してみましょう。すると、買取業者に10万円、オークションで2万円、販売店で10万円、それぞれの販売店を運ぶ陸送費で5万円の費用がかさみ、全てを足してみると27万円になります。つまり約30万円のお金が例えば一台のBMW3シリーズに費やされているということなのです。そのため、最初に買取に出す場合は、本来の価格より30万円ほど安く買い取るというシステムになってしまっていたというわけです。30万円といったら、比較的ゆとりのある一月の給料分くらいありますよね。

さらに安く買い取る努力は惜しまない買取店

前述の通り、ざっと計算しただけで約30万円は安く買い取られていたということですが、さらに言えば買取店は、もっと利益を見込んで、なるべく安く買い取る努力を惜しみませんし、その方法も熟知しています。「BMW3シリーズ、排気量の割に維持費がかさむんですよね。」や「見た目良し、走り良しですが、内装のチープさはありますよね。」などといったように、車検や所有中の苦いあるあるを容赦なくつついてきます。事実だから否定はできない、そんな心の隙間をつきながら安い買取額を提示されたら首を横に振ることが難しい人もいますよね。さらに、BMW3シリーズに限った事情として、流通台数があまりにも多いということがあります。そのため、基本的にどこの中古車販売店に訪れても並んでいます。これは、買う人からすれば選択肢が豊富というメリットですが、売りたい人から買い取る側からすると、価格競争が激しい分、1万円でも安く買い取りたいところなのです。このような理由から、なんとしてでも安く買い取ろうとするのです。

このように、ただ単に下取りに出して買い取ってもらおうとすると損をすることが多い構造になってしまっていたのが現状の中古車業界です。しかしこれからは、新たなサービスが生まれ、もう下取りで安く買い取られることのない環境が実はあるのです。

BMW 3シリーズを最も高く売るには

そんな中、BMW3シリーズを高く適正価格で売却するにはどうしたら良いのでしょうか。

理論上、BMW3シリーズを最も高く売る方法は、次のオーナーに直接譲ることです。個人間売買であれば、各中間業者の手数料をカットできるうえに、消費税もかかりません。これはまだあまり知られていないことかもしれませんが、車のような高額の商品で消費税がかからないというのは非常に大きいですよね。ましてや2019年今年は消費税の増税も控えているのでなおさらですね。それに加えて、先述の様な中古車販売店に仲介料等として取られてしまう30万円も、取り返せるわけです。値段の面だけで見たら個人間での取引に勝るものは何もありません。

ただ、個人間で譲る場合、売る際の法的書類の手続きや、車の輸送、そして車の値段設定など、面倒な手続きが多いことがデメリットです。さらには、友人知人ではなく、全く知らない人に売る場合は、買う側としても車の状態が保証されていないことに不安感を覚え、なかなか買い取ってくれない場合があります。ご自分で手続きも価格設定も買い手探しも可能な方は問題ないかもしれませんが、実際にすべてをこなすことは難しいですよね。

そのような場合、『おまかせ出品』してしまうことをおすすめします。

『おまかせ出品』とは

『おまかせ出品』とは、売却したい車を個人間売買のプラットフォームである『Ancar』に預け最低保証金額を受け取り、さらにAncarが出品代行を行い、Ancarで売れたらさらに利益をもらえる新しい車の売却方法です。Ancarをはじめとして、グーやカーセンサーなど様々な中古車情報サイトにも掲載されるため、成約率も高いのが特徴です。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら