ローン残債がある車を売る?そんなことできるの?

自由に売れる車とそうでない車

何らかの事情で車を売ろうとした場合、そこで問題になるのは購入時に支払った方法です。 まず自分の貯金で購入した車、これは全く問題ありません。 銀行など金融機関で組んだローンによって支払い、車の所有者がユーザーになっていれば、これも問題無し。 あくまで銀行からのローンはユーザーへの「融資」であり、それを具体的に何に使うかまでは問題にしていませんし、ローンで受けた融資はユーザーのお金です。 そのお金と車には直接の関係はありません。 だからこそ、銀行ローンで借りたお金で買った車は、ユーザーの名義になっているわけです。 さて、それでは「自由に売れない車」とは何でしょう? それは「ユーザーの名義になっていない」車です。

ユーザーはあくまで「使用者」の場合

それはどういうケースかといえば、信販会社から車を担保に組んだローンで購入した車です。 その場合、正確には車を購入したのは信販会社であり、「所有者」も信販会社になります。 (販売店が契約している信販会社から購入した場合は、販売店名義の場合もあります) ユーザーはその信販会社が所有している車を「使用者」として使っている立場。 全ての返済が終わって初めて、信販会社はユーザーに車の権利を渡し、晴れてユーザーはその車の「所有者」になれます。 ではその前に車を売ろうとしたら、どうなるでしょうか? もちろん、「使用者」が「所有者」に黙って勝手に車を売ることなどできません。 とはいえ、「使用者」であるユーザーが持ちきれない車を持っていても仕方がないので、信販会社の許可を得て車を売る方法はあります。

その1:残債の支払いを代替わりしてもらう

まず考えられる方法は、残債の全てを信販会社に支払って、ユーザーが車の「所有者」になることですが、そもそもお金に困って車を売り払うユーザーには、そのようなお金が無いケースも多いでしょう。 となると、誰が払うかと言えば「車を買い取る人が全額支払う」ということです。 大手買取店では実際にそれも買取サービスの一環として行っており、「使用者」であるユーザーではなく、「所有者」である信販会社に対して残額を支払い、その車の所有権を得ます。 その上で、支払った残額以上の価値がその車にまだあれば、ユーザーに差額を支払うのです。 結果的にユーザーはその車に対して「使用者」のままで終わりますが、それも仕方のないことでしょう。 逆に、その車の価値がローンの残債より少ない場合は、ユーザーが改めて残債の差額でローンを組み直すか、貯金で差額を支払わないと、買い取ってもらうことはできません。

その2:信販会社に買い取り額で支払う約束をする

もうひとつの方法は「車の買い取り額で支払うので、名義変更をしてもらえませんか?」と信販会社にお願いするケースです。 その車を買い取る側は、名義変更がスムーズにいく保証が無い限り、お金を払えません。 一方、信販会社は新オーナーと直接交渉するわけでもなく、その人が本当に買い取り額を払ってくれるのか判断がつかないのです。 ユーザーが信販会社を説得して信頼してもらうしか無いのですが、いざという時に残債の支払いを保証できるような貯金や担保を示さないと、なかなか難しいでしょう。 しかし、それでも信販会社のローン残債が残っている車を売る方法は限られるので、Ancarなど個人売買仲介サービスでは、信販会社との交渉を推奨しています。 出品そのものは受け付けていますが、売買契約成立には信販会社の承諾が必要なので、必須条件と言ってよいかもしれませんね。

いかがでしょう? やり方次第によっては、たとえ信販会社が所有者であっても、車の売買交渉は可能です。 ただし、どのケースでも車の価値が残債より大幅に少ない場合はユーザーによる差額負担が発生してしまいます。 信販会社のローンで購入し、自分が「所有者」で無い車は、完済するまで価値が落ちないよう日頃からの努力が必要ということですね。

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら