ローン残債がある車を売る?そんなことできるの?

自由に売れる車とそうでない車

何らかの事情で車を売ろうとした場合、そこで問題になるのは購入時に支払った方法です。 まず自分の貯金で購入した車、これは全く問題ありません。 銀行など金融機関で組んだローンによって支払い、車の所有者がユーザーになっていれば、これも問題無し。 あくまで銀行からのローンはユーザーへの「融資」であり、それを具体的に何に使うかまでは問題にしていませんし、ローンで受けた融資はユーザーのお金です。 そのお金と車には直接の関係はありません。 だからこそ、銀行ローンで借りたお金で買った車は、ユーザーの名義になっているわけです。 さて、それでは「自由に売れない車」とは何でしょう? それは「ユーザーの名義になっていない」車です。

ユーザーはあくまで「使用者」の場合

それはどういうケースかといえば、信販会社から車を担保に組んだローンで購入した車です。 その場合、正確には車を購入したのは信販会社であり、「所有者」も信販会社になります。 (販売店が契約している信販会社から購入した場合は、販売店名義の場合もあります) ユーザーはその信販会社が所有している車を「使用者」として使っている立場。 全ての返済が終わって初めて、信販会社はユーザーに車の権利を渡し、晴れてユーザーはその車の「所有者」になれます。 ではその前に車を売ろうとしたら、どうなるでしょうか? もちろん、「使用者」が「所有者」に黙って勝手に車を売ることなどできません。 とはいえ、「使用者」であるユーザーが持ちきれない車を持っていても仕方がないので、信販会社の許可を得て車を売る方法はあります。

その1:残債の支払いを代替わりしてもらう

まず考えられる方法は、残債の全てを信販会社に支払って、ユーザーが車の「所有者」になることですが、そもそもお金に困って車を売り払うユーザーには、そのようなお金が無いケースも多いでしょう。 となると、誰が払うかと言えば「車を買い取る人が全額支払う」ということです。 大手買取店では実際にそれも買取サービスの一環として行っており、「使用者」であるユーザーではなく、「所有者」である信販会社に対して残額を支払い、その車の所有権を得ます。 その上で、支払った残額以上の価値がその車にまだあれば、ユーザーに差額を支払うのです。 結果的にユーザーはその車に対して「使用者」のままで終わりますが、それも仕方のないことでしょう。 逆に、その車の価値がローンの残債より少ない場合は、ユーザーが改めて残債の差額でローンを組み直すか、貯金で差額を支払わないと、買い取ってもらうことはできません。

その2:信販会社に買い取り額で支払う約束をする


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら