買取店で高い評価を受けにくい並行輸入車の「なぜ?」「どうすれば?」

何としても乗りたくて並行輸入車で購入!しかし満足したその後は?

日本車でも海外に輸出されていないため残念がる声、あるいは並行輸入で仕入れて喜ぶ声が海外から聞かれます。

日本国内でも同様で、たとえばスポーティなBMW車のほとんどはオートマ車なので、本国仕様などでマニュアル車があればそれを並行輸入で買ったなどの例が多々あるでしょう。

しかし問題はその後で、乗って満足しているうちは良いのですが何らかの事情で手放さなければいけない時です。

普通の車のように買取店に持って行って、乗り換える車のディーラーで下取りしてもらおうとしても、価格がつかないことが多くあります。

場合によっては、そこで引き取ったとしてもその先どうにもならない(どこにも売れない)ので、処分料を取られてしまうこともあるでしょう。

それは一体なぜでしょうか?

正規輸入車とは違い、メンテナンスや保険加入のハードルが高い

そもそも並行輸入車は、ユーザーが業者を通して独自に輸入した車です。

日本の正規ディーラーにとっては預かり知らぬ車ですし、メンテナンスを行おうにも整備マニュアルすらありません。

ディーラー以外に競技車両やチューニングカーなどさまざまな「規格外」の車をメンテナンスするショップであれば、簡単なメンテナンスは可能かもしれませんが、やはりマニュアル無しではどこかで壁にぶち当たります。

そして何より、純正部品を注文しようと思って正規ディーラーや問屋に声をかけても、そこで本国のコンピューターから「正規輸出車の部品ではないので販売不可」と言われてしまえばそれまでです。

コンピューターに診断機をつないで診断するところまでは診断機そのものを輸入することで何とかなるかもしれませんが、部品は本国かどこか「正規に購入できる業者から輸入するしか無い」のが実情で、そうなると不慣れな業者では注文すら難しいでしょう。

自動車保険についても同様で正規輸入車以外は「型式不明」になるので、保険会社にとっては保険料の算出が難しく、結果的に「よくわからない車なので、リスクを考えると高めな保険料」になりがちです。

そうなると商品力は非常に低く、業者オークションに出しても名乗りを上げる業者が非常に限られてしまいます。

買い取りや下取りに及び腰になるのも、仕方がないことなのです。

 

個人売買で同好の士を探すのが一番かも?

しかし、現オーナーと同じように並行輸入車を乗れる環境にある個人であれば、また話は違ってきます。

そうした人は、並行輸入車を乗るために必要なノウハウを個人、あるいは付き合いのあるショップを通じて得ているので買ったからといってその先そうそう困ることはありません。

並行輸入車の処分に困ってしまった場合は、そうした個人売買を真っ先に考えた方が良いでしょう。

もちろん、個人売買にはいろいろな買い手がいますから、深く考えずに買ってしまう人との間でトラブルになることも考えられます。

それを予防するために、「買い手を選ぶ車」ということは、しっかりアピールしておいた方が無難ですし、結果的に良い取り引きができることもあるでしょう。

整備可能な業者と取り引きのある個人売買仲介業の利用も検討を

さらに良い取り引きに結びつけようと思った場合は、Ancarのように多彩な整備業者とのネットワークを持つ、個人売買仲介業者の利用もオススメです。

個人売買仲介業者と取り引きのある整備工場の中で、並行輸入車でも全く苦にせず整備のできる業者があればしめたもので、売り手にとっては納車前整備を安心してお願いできます。

買い手にとっても、その後のメンテナンスを頼める業者を探す手間が省けるというメリットがありますから、「売買のハードルが高い並行輸入車で、売り手と買い手が出会う場所」として、Ancarのような個人売買仲介業者は、今後駆け込み寺として注目されるかもしれません。

 

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

【Ancarに掲載中のおすすめ車両】