買取店で高い評価を受けにくい並行輸入車の「なぜ?」「どうすれば?」

何としても乗りたくて並行輸入車で購入!しかし満足したその後は?

日本車でも海外に輸出されていないため残念がる声、あるいは並行輸入で仕入れて喜ぶ声が海外から聞かれます。

日本国内でも同様で、たとえばスポーティなBMW車のほとんどはオートマ車なので、本国仕様などでマニュアル車があればそれを並行輸入で買ったなどの例が多々あるでしょう。

しかし問題はその後で、乗って満足しているうちは良いのですが何らかの事情で手放さなければいけない時です。

普通の車のように買取店に持って行って、乗り換える車のディーラーで下取りしてもらおうとしても、価格がつかないことが多くあります。

場合によっては、そこで引き取ったとしてもその先どうにもならない(どこにも売れない)ので、処分料を取られてしまうこともあるでしょう。

それは一体なぜでしょうか?

正規輸入車とは違い、メンテナンスや保険加入のハードルが高い

そもそも並行輸入車は、ユーザーが業者を通して独自に輸入した車です。

日本の正規ディーラーにとっては預かり知らぬ車ですし、メンテナンスを行おうにも整備マニュアルすらありません。

ディーラー以外に競技車両やチューニングカーなどさまざまな「規格外」の車をメンテナンスするショップであれば、簡単なメンテナンスは可能かもしれませんが、やはりマニュアル無しではどこかで壁にぶち当たります。

そして何より、純正部品を注文しようと思って正規ディーラーや問屋に声をかけても、そこで本国のコンピューターから「正規輸出車の部品ではないので販売不可」と言われてしまえばそれまでです。

コンピューターに診断機をつないで診断するところまでは診断機そのものを輸入することで何とかなるかもしれませんが、部品は本国かどこか「正規に購入できる業者から輸入するしか無い」のが実情で、そうなると不慣れな業者では注文すら難しいでしょう。

自動車保険についても同様で正規輸入車以外は「型式不明」になるので、保険会社にとっては保険料の算出が難しく、結果的に「よくわからない車なので、リスクを考えると高めな保険料」になりがちです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら