リスクなく安全に中古車売買をする方法

車を買い求める人は「エンドユーザー」

自動車業界は、車を買い求めるお客様の事を「エンドユーザー」と総称しています。 この言葉の意味するところは何でしょうか? 自動車を生産してから、お客さんに届くまでに、多数の業者が中間マージンを抜いていきます。 そして、その金額を我々が支払う事で各業者は成立しています。 これって非効率的だと思いませんか? 特に中古車の場合は複雑です。

中古車の場合

「車を売る人→買取業者→オートオークション→オークションから車を買う業者→ディーラー→車を買う人」 上の流れが、これまでのフローでした。 これだけの業者が滞在している訳ですから、必然的にエンドユーザーに行き渡るまでに値段も上がってしまいます。 一業者当たりの利益を5万円とするならば、余分なお金を我々が、20万円程 トータルで支払っていることになります。 実際は、もっと高い中間マージンが設定されている事でしょう。 この5万円と言う数字は、一般的な自動車業者の初乗りに対する社員価格として設定されている所が多いです。 ここまでお話してきましたが、如何にこの中間マージンを少なくするかが安く売買する秘訣になるといえます。

これまでは中古車専門業者が最安値だと思っていた

そういう意味で、私はこれまで中古車専門業者が中間マージンが一番少なく、安くなる業者ではないかと考えていました。 しかし、これらの業者の上を行く業態が存在しました。 それが株式会社Ancarなどが提供する中古車CtoCサービスです。 この業態は車の所有者とその車を買いたい人を直接つなぎ、車の売買を行うので、中古車売買によって生じる中間マージンを最小限に抑えられます。そのため、安く車を安全に売買する形としては理想形に近いといえます。 中間マージンを如何に少なくするか? これを突き詰めて考えると、個人間でのやり取りが一番安く済む方法ではあるのですが、集客面や見ず知らずの人とやりとりする事を考えると、リスキーな反面もあると言えます。

Ancarはユーザフレンドリーな取引が出来る


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら