10年落ちの車は売れるの?車を売る最適な時期はいつでしょうか??

自動車の売却を意識した時、「なるべく高く売りたい」と考えるのが心情ではないでしょうか? しかし車の査定は多岐に渡り、具体的な指標が無く迷いやすい物であると考えています。 そこで、長年中古車販売店で働いた経験をもとに、「売り頃はいつがベストか?」を考察していこうと思います。 これを普段から意識して置く事で、いざと言う時の役に立つと思うので、オススメです。

購入してからすぐに売却はしない方が良い

新車と中古車、双方に共通して言えるのですが一番値下がり率が大きいのが購入直後です。 この期間中は、一週間あたり、数十万単位で値段が落ちていきます。 上のような理由から、購入から1年~2年間はあまりお勧めできません。 つまり、この値下がりの幅が、停滞する時期が「売り時」と言えます。

オススメのタイミングは3年から5年以内

見出しで結論を述べてしまっていますが、この時期は費用対効果が大きく現れる時期と言えます。 ここから徐々に、車齢10年目に向かって金額が減少していきます。 そして、この10年目を超えてしまうと大幅に価格が減少し、車によっては、値段が付かない車両も増えていくのです。 車齢が3年から5年以内の車は、市場価値としても評価されやすく、事実中古車市場の殆どは、この辺りの自動車が主流となっています。 そのようなことから、如何に早い段階から乗り潰すかどうかの判断を下すかが、判断のわかれ道ではないかと考えています。 勿論、乗り潰すと言う選択も正解だと考えていますので、ご自身の計画に遭った選択をしていく事が好ましいのではないかと考えています。

10年目が近い車は買い手が見つからないのか?

上で少し触れていますが、国内では確かに車種によっては見つからない場合があります。 しかし国外に目をやると買い手が付く可能性が非常に高いです。 それは「日本人の使用した物」と言う事だけで、海外ではブランドになります。 日本の国民性から「非常にものを大切に扱う」この様な、良いイメージを持たれていますので海外のバイヤーから、重宝されています。 仮に買い手が付かなかったとしても、部品どりなどで買い手が付きますので、買い手が0って言う事は中々ありません。 視点を変える事で、廃棄物から資産に変わる可能性を秘めていますので、海外輸出も行っている販売店などを探してみるなど、様々な可能性を探ってみるのはいかがでしょうか。