プリウスにアクア、中古ハイブリッドカー選びに失敗しないために

普通の車とハイブリッド車、中古車では何が違う?

中古車における、普通の車とハイブリッド車の違いとは何でしょう? エンジンや走行に関する装置のほとんどは、普通の車のアイドリングストップ車と変わりありません。 単に、エンジン以外にモーターで走行したり、エンジンをモーターで補助する時もある、それだけの話ですから、基本的なチェックポイントは同じ。 アレコレと見るべきところはありますが、結局実際に走ってみるのが一番という点も同じで、性能も最新のものほど優れており、燃費も良く、劣化も少ないという点でも変わりません。 ただ一点、ハイブリッド車(電気自動車でもそうですが)で大きく異なるのは、大容量バッテリーを搭載していることでしょう。 ニッケル水素、あるいはリチウムイオンを使った大容量バッテリーは非常に高価なものであり、その交換にはそれなりにコストがかかりますから、その劣化の具合や保証の有無については、大いに気に掛ける必要があります。

ハイブリッド車のバッテリーはどの程度の寿命と交換費用?

トヨタが初代プリウス以来使用しているハイブリッドシステム、THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)で使用されているバッテリーの寿命は、一般的に20万km程度が目安とされています。 それだけならば、20万kmも走行距離を重ねる車というのは(少なくとも個人の自家用車では)そう多くは無いでしょう。 中古で購入しても、20万kmに達する前に手放す人も多いと思います。 ただし、その距離はあくまで目安ですから、実際には使用状況などで大きく変化するものです。 それより先にバッテリーに不具合が起きる可能性や、あるいは個人でも年間走行距離が多いと、中古で買ってすぐに20万kmに達する人もいるでしょう。 その場合はバッテリー交換ということになりますが、巷で良く言われるように「バッテリー交換だけで40万円以上かかる」ということは無いようです。 実際に交換した人の意見などを見る限り、17~18万円あたりが一般的といったところでした。

まず調べるのはメーカー保証の有無

しかし、思ったより安いとはいっても、痛い出費であることには変わりありません。 そこでトヨタのハイブリッド車を中古購入するのであれば、まず注目したいのは年式です。 トヨタでは新車に対するメーカー保証のうち、以下のような「特別保証」を設けています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら