古いとかボロいとか言わせない!90年代ローバー・ミニ

英国車だった「クラシック・ミニ」

まだ英国車だった時代の「クラシック・ミニ」と言えば、何かと壊れるような、そう、人によっては「オンボロな車」のような扱いをされる場合もありますよね。

ミニは1959年から作られていましたから、その長い時代に作られたミニの中には、何らかの不具合を抱えて、それをごまかしながら走っているようなものも少なくないでしょう。

では、クラシック・ミニは2000年まで生産が続けられておりましたが、最近になって車に触れるようになった人に「ローバー・ミニ」として知られる末期のクラシック・ミニはどうでしょう?

小さくてオシャレな「ミニ」

クラシック・ミニでも無く、BMWが一から作り直した「ニュー・ミニ」でも無い過渡期。
そのほとんどは日本向けだったといいます。

つまり日本以外では「古くて時代遅れ」そのものだったのも事実ですが、日産がマーチベースで「Be-1」や「パオ」「フィガロ」などの「パイクカー」と呼ばれるジャンルを作りだし、今に至るまでクラシックデザインの車が登場するキッカケとなった1990年頃から、ミニは小さくてオシャレなイギリス生まれの車として日本で人気が再燃します。

そしてその頃から、クラシック・ミニ自体もそれまでの頑固なメカニズムをやめて、外見はそのままに、最新のメカニズムを搭載していく事になります。
(モノがモノだけに、基本構造やレイアウトまでは変わりませんが)
今でも市場に出回り、高年式ゆえにコアなマニアではない一般ユーザーが手にする事も多い、「ファイナル・クラシック・ミニ」が、それまでの「クラシック・ミニ」とどう違うのか、簡単に眺めてみましょう。

最後の「クラシック・ミニ」の源流は1978年

i.imgur.com


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら