初めて中古車を購入する方へ~納車までの流れ4ステップ~

ハンコを押して、お金を払いお持ち帰り!とはならない

どんな買い物でも、自分が使うそのものが目の前に置いてあれば、大抵はそのまま持って帰ることができます。 大荷物であれば後から届けてもらうこともありますが、車なら走ることもできるわけですし、届けるより乗って帰った方が早いでしょう。 しかし、実際の「中古車の購入」は契約書にハンコをついてお金を払っても、それだけではまだユーザーのものにはなりません。 具体的に、どのような段取りを経て皆さんのところまで納車されるのでしょうか?

その1:書類手続き

購入契約を結んだ時にやってしまうこともありますが、まず購入して最初に手をつけるのは書類手続きです。 販売店からユーザーに名義変更するための譲渡証明書や車庫証明、それらの手続きを販売店が代わって行うための委任状など、販売店側で大抵はあらかじめ準備されていますので、それに署名とハンコを押していくだけ。 車庫証明などは車検証のコピーがあれば簡単ですし、賃貸の駐車場なら不動産屋や大家から利用承諾を得ないといけないので、どのみちユーザーが動くことを考えれば自分でやる場合もあります。

その2:納車前点検

中古車に車検が残っていればともかく、車検切れの車を購入する場合は車検も通さなければいけません。 ほかにも納車後クレームにならないよう、エンジンその他が問題無く動くよう確認して試運転も行い、必要な場所があれば修理や交換も行います。 これは販売店または提携している整備工場に余裕があればともかく、多忙な場合はスケジュールを見て、ということになりますから、早くて数日、長ければ10日から2週間くらい見たほうがいいでしょう。 車種や時期によっては要修理箇所が判明し、追加料金を払っても購入を継続するか伺いを立てられる時もあるでしょう。 その場合、料金だけでなく部品の入荷待ちなどで時間がかかる場合もありますから、どうしてもクルマを使う用事がある場合などを考えて、元の車を手放さないでおいたり、代車を借りるなど対策をしておいた方が無難です。

その3:納車打ち合わせ


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら