走行距離10万kmオーバー中古車は過走行車?

自分の車を売るときや、中古車を選ぶとき「10万キロ」というのは意識するところではないでしょうか?では実際、何を注意するべきなのでしょうか?


なぜ走行距離10万キロを超えた車の価値が低くなると思われるのか?

一般的に、中古車の買い取り価格は、10万kmを超えると極端に下がります。

これは、10万kmを超えた車は、「過走行車」とも呼ばれ買い手に敬遠されるため、ある意味仕方のないことなのです。

では、10万kmで、車の劣化は急激に起こるかというと、必ずしもそうとは言えないでしょう。

http://livedoor.blogimg.jp/jyoki0501-kurumania/imgs/8/2/82a20e9a-s.jpg

同じ車の、走行距離8万km時点と、10万km時点の状態を比較すれば、もちろん、8万km時点の方が程度は良いでしょう。

しかし、市場にて販売されている同じ車種で全く違った使われ方をした、8万kmの車と10万kmの車、どちらの方がより良い状態なのか?

これはもう使用環境による影響の方が大きく、走行距離よりもメンテナンス履歴や、実際の車両の状態にて判断した方が良いでしょう。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら