初めて聞いた?!世界のマイナースーパーカー「ヘネシー・ヴェノムGT」

世界のマイナースーパーカーその5アメリカンマッスルカーの中から、ヘネシー ヴェノムGTをご紹介します。


チューニングメーカー「ヘネシー」

自動車文化がそれなりに成熟した国では、多かれ少なかれ「チューナー」の枠を超え、自動車メーカーさながらの規模や設備を持つチューニングカーメーカーが存在します。

ドイツのメルセデスAMGや前回紹介した米国のサリーンがそうでしたが、米国テキサス週のヘネシーパフォーマンスもそのひとつ。

1991年に「信頼性の高い最もパワフルなクルマを造る」事をスローガンに、有名チューナーのジョン・ヘネシー氏によって設立されました。

単なるチューナーとヘネシーの違いはその規模と設備で、広大な敷地にサーキットさながらのテストコースと、ドラッグレース対応の直線短距離コースを設置。

16基ものリフトを備えたサービス施設に、2WDなら1,800馬力、4WDなら2,000馬力まで対応可能なシャシーダイナモなど充実した設備は、まさに自動車メーカーさながらの充実度です。

広大なショールームまで設置されている事から、そこを訪れるユーザーは、公道ではなく安心できる試乗コースとしてテストコースを使えるのかもしれません。

基本的にはチューナーですが、AMGやサリーンと違って「どのメーカーが得意」という事はなく、日本車も含めた国内外のあらゆるクルマをチューニングしますが、スーパーカーをチューニングしてさらにハイパフォーマンスにするのを得意としているようです。

その中でも代表的なのが、ヴェノムGTなのでした。

見た目はロータス エキシージそのもの

ヴェノムGTを写真でも見た事がある人なら誰もが思うように、ベースはロータス エキシージです。
というより、見た目はエキシージそのものというべきでしょうか。

オリジナルよりワイドボディ化されてはるかに幅の太いタイヤを履き、フロントの6ポットキャリパーとリア4ポットキャリパーという強力なブレーキはブレンボ。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら