アストンマーチンにかかる維持費7つとは?購入する際に気を付けること

英国が誇る名車アストンマーチンのオーナーに必要となる、7つの維持費に関する内容を中心に紹介しています。アストンマーチンを所有するためには欠かせない維持費ですので、ぜひとも把握してアストンマーチンと共に素敵なカーライフを送りましょう!

アストンマーチンとは?

正式には「アストンマーティン」といい、日本では「アストンマーチン」と呼ばれることが多い、英国のカーブランドです。イギリスを拠点として車を製造・販売している有名なカーブランドで、その歴史は古く、1913年に創立されたブランドです。日本でも有名な高級車を製造・販売するメーカーで、すでに創業100年を超えている老舗のカーブランドと言えます。

DB9の特徴

アストンマーチンにはDB9というモデルの車があり、V型12気筒エンジンを搭載するスポーツカーです。DB9は2004年より発売を開始しているモデルで、プロのレーサーにも愛されている車種です。2ドアでクーペとオープンカーモデルが販売されているアストンマーチンの代表作です。DB7の後継モデルとなるのがDB9で、前モデルよりもアップグレードされた装備をしたイギリスのアストンマーチンが誇る車です。

アストンマーチンの維持費7つ

気になるアストンマーチンの維持費について、7つの項目に分けて紹介していきます。有名なカーブランドのアストンマーチンには維持費用が必要です。これからアストンマーチンを購入してオーナーとなる人は、実際に所有した場合、どのような維持費が発生するか知っておくことが大切です。アストンマーチンにどのような維持費用が必要となるのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

アストンマーチンの維持費1:ガソリン代

アストンマーチンに必須の維持費にガソリンの代金が挙げられます。ガソリンの代金は、アストンマーチンの維持費として日々重要な費用です。昨今は価格の変動が激しいガソリン代ですので、アストンマーチンのユーザーにとって把握しておくべき重要な維持費用の1つでしょう。居住地区によってもガソリン代は異なるため、アストンマーチンを所有する人は事前に居住地区のガソリン代も維持費として調べておきましょう。

アストンマーチンの維持費2:自動車税

車検の際に納める自動車税はアストンマーチンの維持費として考えておく必要があります。自動車税は所有する車の排気量に応じて、毎年車の所有者に課されます。スポーツカーの取り扱いが多いアストンマーチンでは、比較的排気量が多い傾向にあるので注意が必要です。自動車税は愛車のアストンマーチンを維持するために必須の維持費ですので、オーナーは忘れずに納めておきましょう。

アストンマーチンの維持費3:自動車保険料

自動車保険料はアストンマーチンの維持費として重要な費用です。アストンマーチンの維持費として任意保険と強制保険があります。任意保険はプランによって金額が異なりますので、保険会社に問い合わせて最善なプランの保険へ加入することで維持費を抑えたカーライフを満喫することもできるでしょう。保険料を算出する際、自動車の特性やユーザー層に応じたクラス分けをすることで、リスクを反映させています。自分が購入を検討している車種がどのクラスに該当するか、事前に保険会社に確認しても良いでしょう。

アストンマーチンの維持費4:メンテナンス代

アストンマーチンの維持費としてメンテナンス費用が必要になります。修理の頻度やカスタムの度合いによって、維持費が異なるでしょう。また、自らメンテナンスを行うのと、ショップやディーラーでメンテナンスを行うのでは費用が大きく異なります。愛車のメンテナンスには方法がたくさんありますので、自分に最適な方法でアストンマーチンのメンテナンスを実践していきましょう。

アストンマーチンの維持費5:駐車場代

アストンマーチンの維持費には駐車場の代金も含まれます。アストンマーチンを保管しておく場所にも賃料が発生します。場所によって金額が大きく異なるため、事前に駐車場の賃料をリサーチしておきましょう。毎月掛かる費用が駐車場代金ですので、維持費にも大きな影響を及ぼします。路上駐車では周囲へ迷惑をかけ、警察より違反切符を切られることもありますので、駐車場を借りてアストンマーチンを大切に保管しましょう。

アストンマーチンの維持費6:消耗品費用

消耗品に関する費用もアストンマーチンの維持費用として考える必要があります。たとえばタイヤやオイルは消耗していくので、定期的な交換が必要となります。使用するメーカーや製品のランクによっても費用が異なり、アストンマーチンの維持費に与える影響も変わってきます。費用を考慮した上で自分の用途にあったものを選び、カーライフを楽しみましょう。

アストンマーチンの維持費7:車検費用

アストンマーチンの維持費として車検費用が必要です。初回登録時の車検の有効期間は3年ですが、それ以降は2年ごとに車検を受ける必要があります。車検の際にパーツの取り替えなどが発生すれば、車検費用が高額になる場合もあるので注意が必要です。メンテナンスや消耗品とは異なり、2年ごとに必ず必要となる費用が車検代ですので、カーオーナーは忘れずに維持費として計算しておくとよいでしょう。

車検時の法定費用:重量税

アストンマーチンの維持費として重量税が必要になってきます。重量税は、車検の際に支払うのが一般的です。重量税は車の重さに応じて税金の額が異なります。計算は複雑なものではないので、購入を検討している場合、事前に計算することも可能です。アストンマーチンの維持費として必ず支払う税金ですので把握しておきましょう。

車検時の法定費用:自賠責保険料

アストンマーチンの維持費として、自賠責保険料がかかります。一般的に車検更新時に2年分の自賠責保険料を支払うこととなります。自賠責保険に加入せずに車を走らせることは法律によって禁じられています。カーオーナーであれば誰もが必要となる費用ですので、オーナーは維持費の一部として把握しておきましょう。

アストンマーチンを購入する際に気を付けること3つ

これからアストンマーチンを購入する人が、気を付けるべき3点のポイントを紹介していきます。アストンマーチンの購入を考えている人は、これから紹介する3つのポイントを参考にしてください。それでは、アストンマーチンの購入時に気を付ける3点のポイントを見ていきましょう。

気を付けること1:パーツ交換費用が高い

アストンマーチンのパーツ交換に掛かる費用は比較的高くなります。車体価格が高いアストンマーチンでは、交換用のパーツ自体の価格も高い傾向にあります。パーツ交換費用を抑えたい場合、純正品ではなくサードパーティ製のパーツを利用することも可能です。ただし、サードパーティ製のパーツで交換できるのは、タイヤなどの消耗品がほとんどです。また、走行性能を発揮するために、純正品を導入した方がいい場合もあります。予算を考えた上で、自分の用途に合わせてパーツを選びましょう。

気を付けること2:修理費用が高い

アストンマーチンの修理をディーラーに依頼する場合費用は高くなります。そもそもアストンマーチンは車体が高額ですので、それにともなってパーツの取り付けや故障個所の修繕費用は高額になります。軽微な修理であれば一般車と比較しても大差はありませんが、特殊な修理となると更に高額な修理費用を請求されるでしょう。

気を付けること3:購入代金が高い

アストンマーチンを購入する際、多くの購入資金を必要とします。購入を検討している人にとっては既知の情報かもしれませんが、価格は数千万円になります。ただし、100年以上に渡って人々を魅了し続けるアストンマーチンの車はその価格に劣らない魅力があるのでしょう。大きな買い物となるので、購入を検討している人は様々なモデルを見比べ、後悔の残らない決断をしましょう。

アストンマーチンにかかる必要経費を検討しよう!

ここまで、アストンマーチンにかかる維持費と、購入する際に気をつけることを紹介してきました。イギリスが誇る高級車のアストンマーチンに憧れを抱く人は多いでしょう。購入を検討している場合は、今まで紹介してきた情報を参考にして検討してください。好みのアストンマーチンに乗って、格別なカーライフを堪能していきましょう。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら