車の買い替えを13年で行うとお得になる理由3つ|車検費用が安く済む?

この記事では車の買い替えを13年で行うとオトクになる理由を紹介しています。また早めに買い替えを検討した方がいい場合や、自家用車の売却方法についても紹介しています。13年で買い替えを検討するきっかけとなった環境配慮型税制による増税などについても紹介しています。

車の買い替えのタイミングとは

車の買い替えは決して安いお買い物ではないため、失敗も損もしたくないでしょう。買い替えしたのちは車を下取りに出して、できるだけオトクに車を買い替えたいと思う人が多いでしょう。実は車の買い替えは13年目が買い替えのタイミングと言われています。なぜ13年目に買い替えるのがベストなのでしょうか。その理由について見ていきましょう。

車の買い替えを13年で行う理由3つ

車の買い替えは13年目で行う理由とはいったいどんな理由なのでしょうか。まず理由の1つが13年で自動車税と重量税が上がる前に買い替えられることです。つぎに13年以上車を所有しても補助金がでなくなったこと、そして車検費用が安く済むという3つの理由からです。重量税や補助金、車検費用などいったいどんなマイナス点があるのでしょうか。ここからは、この3つの理由についてそれぞれ詳しく紹介します。

車の買い替え理由1:13年で自動車税と重量税が上がる前に買い替えられる

13年目が買い替えのベストタイミングと言われているのは自動車税や重量税が13年目で上がるためです。そのため、その前に買い替えるのがベストといわれているのです。自動車税も重量税も平成27年5月から新税制に移行し、13年超の低年車(購入してから13年を経過している車)は約15%増課されています。そのため13年目が買い替えのタイミングとなったのです。

自動車税の内訳

自動車税の内訳は排気量ごとに納税金額が違ってきます。以下に一覧にして紹介します。13年を超すとグリーン化税制が適用され、以下のように税額の負担が大きくなるよう改正されています。初回新規登録を受けた自家用乗用車については、令和元年10月1日以降に、恒久的に自動車税種別割の税額が引き下げられています。

排気量 改定後 改定前
1000㏄以下 25,000円 29,500円
1000~1500㏄ 30,500円 34,500円
1500~2000㏄ 36,000円 39,500円
2000~2500㏄ 43,500円 45,000円
2500~3000㏄ 50,000円 51,000円
3000~3500㏄ 57,000円 58,000円
3500~4000㏄ 65,500円 66,500円
4000~4500㏄ 75,500円 76,500円
4500~6000㏄ 87,000円 88,000円
6000㏄以上 110,000円 111,000円

重量税の内訳

重量税は車検時に支払う税になります。重量別に税額が決まっていますが13年を超すと以下の一覧のように税額の負担が大きくなるよう改正されています。改正前までは年式が古い車でも新しい車でも変わりない税額でした。しかし環境配慮型税制となってからは13年を境に増税される仕組みとなっています。

重量 改正後 改正前
1000㎏以下 11,400円 10,800円
1001㎏~1500㎏ 17,100円 16,200円
1501㎏~2000㎏ 22,800円 21,600円
2001㎏~2500㎏ 28,500円 27,000円
2501㎏~3000㎏ 34,200円 32,400円

車の買い替え理由2:13年以上の補助金がなくなった

一時期、13年以上経過した車を買い替えるときに出された補助金(環境対応車促進策)ですが、こちらは一時的な景気対策として打ち出された補助金であったため、現在では廃止されています。そのため、以前は13年以上経過した後が車の買い替えのタイミングと言われていました。

車の買い替え理由3:車検費用が安く済む

車を所持していると避けては通れない車検ですが、13年を超すと車検のときに必要な自動車重量税が値上げとなるために車検費用が上がります。また13年自家用車として利用していると走行距離も10万kmを超えている場合が多いです。10万kmを超えるとメンテナンスが必要なところが出てくるため、どうしても車検の費用が高くなってしまいます。そのため車の買い替えを考えることが多い走行距離でもあるのです。

車検費用の内訳

車検費用は大きくわけて法定費用と車検基本料、車の整備や修理費用の3つです。法廷費用は自賠責保険料、自動車重量税、印紙代などが含まれます。車検基本料は車検を依頼したときに発生するもので、残りは車を使用している中で必要になってくる整備や修理などの費用になります。法定費用に含まれる自賠責費用は軽自動車が21,140円、普通自動車が21,550円(いずれも24ヶ月)、検査、登録手数料は1,000円~2,100円になります。

早めに車を買い替えた方がいい場合3つ

13年で車の買い替えを行うとよい理由を紹介してきましたが、それよりも前に車を買い替えた方がいい場合が大きく分けて3つあると言われています。ひとつはエンジン系統の故障があるとき、もうひとつはミッション系の故障があるとき、3つ目は乗用車が軽自動車であった場合です。この3つの場合について詳しく紹介します。

買い替えた方がいい場合1:エンジン系統の故障

エンジン系統が故障した場合の修理費用は非常に高額になりがちです。そのために買い替えを考える人が多いのです。駆動ベルトが切れてしまった、などのトラブルなら3万から5万くらいで済みますが、エンジン自体に故障が及ぶと50万くらいまでの修理費用がかかることがあります。エンジン自体を交換となると高額な修理代が必要になることもあります。エンジン系統の故障は修理費用が非常にかさみ、負担が大きい故障になります。

買い替えた方がいい場合2:ミッション系統の故障

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら