乗っている車を長持ちさせたい!走り方とメンテの5つのポイントとは?

愛車をできるだけ長く乗りたいとお考えの方に、押さえておきたい走り方のポイントや、メンテナンスについて紹介します。長い目で見ると、これらのポイントを意識しているだけで車の寿命だけでなく、メンテナンス費用も抑えることができるでしょう。

車ってどのくらい長持ちするの?

愛車にはできるだけ長く乗りたいと思っている方が、多いのではないでしょうか。車の法定耐用年数は新車の普通車で6年、新車の軽自動車で4年と法律で決められています。ただし、これはあくまでも法定耐用年数です。資産価値の計算に使われるものであり、実際の車の寿命ではありません。この記事では、実際には車がどのくらい長持ちするものなのか、また、長持ちさせるためにはどうしたら良いのかを紹介していきます。

メーカーが考える耐用年数とは?

メーカーの考える耐用年数は3年から7年といえるでしょう。大手メーカーが用意している保証内容は、3年から5年の場合が多く、そこから延長でプラス2年となっているメーカーもあります。メーカーによって保証期間も違うので、契約のときにしっかり確認しておくことをおすすめします。ただし、人気車種などは部品を復刻して再販することもあるので、より長く部品交換をしながら乗れる車種もあります。

メンテナンスとレストアの違いは?

車のメンテナンスとは、長く良い状態で乗るためにオイルや部品の交換などの「整備」や、レストアといった車本来の機能を取り戻す「復元」を意味します。新車を買って長く乗るためにメンテナンスは欠かせません。新車では買うことができないこだわりの旧車に乗るためには、レストアが必要になることが多いでしょう。ご自身の愛車にとって必要なメンテナンスやレストアをして長持ちさせましょう。

車を長持ちさせる走り方の5つのポイントを紹介!

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら