【学生さん必見!】中古車購入シミュレーション!~バイト生活で車は買えるのか~

まず、車に最低限かかる維持費を考えよう!

大抵のことはゴールから考えた方が良いものです。 ゴールを設定し、その目標に向かってどうしいくか、何をするにも共通することでしょう。 若い方でも車が欲しい!となったら、方法は一つ、お金を貯めるしかないですね。 まず車の月々および年間の維持費から考えて行き、どうしたら自分の夢の車が買えるか! 考えてみましょう!

年間維持費

毎年必ずやってくるのが自動車税(軽自動車税)。 それと、普通車の新車以外は2年に1回ですが、車検代も2で割って年間経費に入れましょう。 まず税金は軽自動車なら4,000~12,900円。一番安いのが2015年3月までに登録された軽商用車、一番高いのが登録後13年経過した古い軽乗用車です。 商用車と言っても軽トラや軽1BOXだけではなく、ミラやアルトなど軽乗用車の商用バージョンもあり、それらは通常の乗用車としても十分使えます。まず軽自動車に関してはそれほど大きな税負担は無いでしょう。 次に普通車ですが、排気量別で29,500~111,000円ですが、まずバイトして車を買うような若者が乗るなら上限は3.5リッターといったところでしょうから、上限58,000円。 軽も普通車もエコカー減税がありますが、よほど割のいいバイトをしていないとエコカー減税を受けられるような新しい車を買えないでしょうから、ここでは割愛します。 そして車検代ですが、一般論として10~15万円程度は見ておいた方がいいです。 これには単純に車検代だけでなく、その機会に換えた方がいいタイヤ代なども考慮すると、その程度の金額ということ。 それを2で割ると5~7.5万円ですから、間を取ってザックリ6万円とでもしておきましょうか。 税金の方も平均値を取って、軽自動車なら8,500円、普通車なら4万4千円ほど見ておけばいいでしょう。 これで年間最低維持費は6万8,500~10万4,000円です。

月間維持費

次に月間維持費に移りますが、必ずかかるのが任意保険で、年間で払ってもいいですが、大抵月払いでしょう。 任意というくらいなら入らないという手もあると思いがちですが、いざという時責任取り切れない人のための任意保険ですから、それすら入れない人は車の所有はあきらめた方がいいです。 それはともかく、若者向けに年齢無制限の保険で、車種にもよりけりですが、おおむね安くて年間16万5,000~21万円。 これも平均で18万7,500円として、月間1万6,000円はかかります。 これに加えて月に1,000km走るとして平均的な数値でザックリとガソリン代は月1万円。 実家住まいでそこに止められるならならいいですが、月極駐車場代は郊外なら月5,000~10,000円、街中なら2~3万といったところでしょう。 東京23区内でも山手線から外側で、駅からちょっと離れていれば月1万5,000円程度に収められるとします。 それで任意保険・ガソリン代・駐車場代で合計月々最低約4万円ですか。これは軽自動車でもスーパーカーでもあまり変わりありません。 地方住まいや車庫に余裕のある実家住まいならもっと安くなりますが。

 

ターニングポイント・維持費から無理の無い車は?

ここで年間維持費を月割りして、月間維持費とプラスしましょう。 軽自動車なら約4万6,000円、普通車なら約4万9,000円で、案外差が無いですしどのみち最低金額ですから、繰り上げして約5万円としましょう。あくまで参考金額ですし。 時給1,000円のバイトなら50時間、1日5時間のバイトを10日やれば良くて、それ以上は車の購入費用なり、生活費なりに回せばよいと思います。 案外、一度買ってしまえば少なくとも維持費の面でそう困ることは無いのかもしれません。 とはいえガソリン代やタイヤがあまり高くない車種限定での話ですから、ミニバンなら大きくてもノア / ヴォクシーやセレナの中古車、スポーツカーならあまり古くても故障率や税金が上がりますし、軽スポーツや86 / BRZあたりが、維持費からは限度かもしれません。

 

バイトのローンは100万が限度!すぐ買うか頭金を貯めるか!

さてそこでバイトでローンを払いと考えるか、バイト代を貯めて現金一括払いをするかです。 先にも書いた通り、維持費から考えて安い軽スポーツだとダイハツ コペンなら支払総額30万円からありますが、かなり過走行車なので、もう少し現実的に走行距離10万km以内と考えると支払総額50万円からが相場。 先に書いたように時給1,000円のバイトを1日5時間やったとして、20日やれば10万。 そのうち月々の維持費を払うと生活費でほとんど消えるでしょうから、バイトはもっと時給が高く、時間や日数を長くしないと、ローンを払いながら車に乗るのは難しそうです。 どのみち、1年間バイトを頑張って月々5万貯めて、支払額60万程度のコペンを買うと考えれば無理は無いかもしれません。 ミニバンだとたとえばノアなど支払総額40万円も無いので、頑張れば半年ちょっとで買えるのではないでしょうか。 これがスポーツカーとなるとちょっと厳しくなり、年式的に新しく維持に苦労しなくとも良さそうなトヨタ 86で支払総額150万から。 月々5万ですと3年かかりますから、バイトを頑張るなり、頭金50万ほど貯めたところでローンを組むといった感じでしょうか。 一般論ですが、ローンを組めるのは年間返済額が年収の1/4まででという基準があり、120万程度の年収だと年間30万円ずつのローンしか組めない上に、ローン総額も100万円程度がMAXのようです。 ザックリ言って、最初は頭金50万円貯めて48回ローンで150万円の86を買う。 このあたりは割と軽めのバイトでも買えて、さらにバイトを頑張るか時給高いものに換えれば、生活のゆとりや車にお金をさらにかけることもできるでしょう。

Ancarなら買えるお得な車に出会えるかも!?

今回は、「20歳くらいの学生さんが学校に通いつつバイトしながら車を買うのに、どのくらいだと無理が無いかな」という設定で考えてみました。 Ancarに出品されている車には、ちょっとアルバイトでは考えもつかないような車もあれば、拍子抜けするほど安い車が出品されていることもあります。 例えば以下のような車です。 フォルクスワーゲン パサートですが、4万キロしか走ってなくて25万円で買えます。 名義変更などを考慮しても輸送料次第の所もありますが、30万円はいかないでしょう。 学生時代に友達と思い出を作るための車と考えるならば、適しているでしょう。

フォルクスワーゲン パサート 2005年式の中古車販売情報-passatさんの車 | Ancar(アンカー)

幅広い出品車両の中で、相場より安く面白い車を手に入れるチャンスが転がっていることもありますから、学生さんやフリーターの方も、Ancarをマメにチェックしてみると、いいことがあるかもしれませんね!

 

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション