エンジンオイルの交換時期と長持ちさせる秘訣|ベテラン整備士が教えます!

エンジンオイルはエンジンを構成するうえで非常に重要な役割を担っています。 その役割を果たす為に存在しているエンジンオイルですが、放置しているとどうなるのでしょうか? また、適切な交換時期はお店や人によっても回答が違いますが自動車を長持ちさせる交換時期とは。 エンジンオイルについて正しく理解しておくことで、車の故障を抑えられ、長持ちさせることができます。 そして、状態が良いということは売却の際の評価額も上がる可能性があるので、 自身の安全のためも、資産価値としても、エンジンオイルの定期的な交換はオススメです。

そもそもエンジンオイルの役目とは?

1.潤滑としてのエンジンオイル

ピストンやシリンダー等が面一で封入されているため潤滑油が無いと金属摩耗が発生し、各種部品を傷付けてしまう事になります。 このため輸入車では乗れば乗れるほどエンジンオイルが減っていくのですが、そうなってくるとエンジンをかけた時の音に金属摩擦音が混ざるので甲高くなりエンジンオイルが減っていることがわかります。 このままにしておくと、どんどんエンジンを摩耗してしまいます。 また、エンジンオイルが汚れている場合も同じことが起きるので、注意しておきましょう。

2.密封し気密性を上げる

上記に述べたシリンダーとピストンは面一で封入されているので「隙間」が生じます。 これをオイルが埋める事によって気密をあげ、パワーロスなどを未然にふせぐ役割を果たします。 つまり、状態の良いエンジンオイルを適正な量入れておくことで、エンジン性能を最大限発揮できるのです。

3.エンジンの冷却

エンジン回転は毎分1000回転以上アイドリング時でも回っているので摩擦熱等から来る衝撃でエンジン内部は高温になります。 そこで、一度エンジン内部をまわりきったオイルはオイルパンと言う場所に戻り冷やされ再度エンジン内部を駆け巡りエンジンを一定の温度に保つように工夫されています。

4.エンジンの洗浄

面一で封入されているためエンジンオイルがなくては金属摩耗をおこしてしまうと述べましたが、エンジンオイルがあっても完全に摩耗を防ぐわけではないので、少なからず摩耗します。 ただ、適量のエンジンオイルが入っていれば、これらの汚れがエンジン内部で一か所にたまる事を防ぎ分散させています。

5.エンジンの防錆

エンジン内部は高温になっているので、オイルが無い状態だと大気との温度差によって水分が発生し「サビ」の原因になる可能性がります。 これらの問題を解決する為に、オイルを封入する事で大気と遮断する事に成功させています。 近年のクルマはエンジン内部を錆びにくい材質で生産している事もあって殆ど錆びるリスクはありません。

エンジンオイルの交換時期としてベストな時期はいつか?

私なりの意見としては、潤滑力と洗浄力の維持にあると考えています。 つまり、潤滑力が高い状態を維持できればエンジン内部を損傷する確率は減るということです。 潤滑力を高く維持しようと思うのであれば、エンジンオイルの状態を良く維持する必要があります。 つまり細かいオイル交換で、鮮度の高いオイルを利用し続けることが第一です。 距離に換算すると出来れば一番安いオイルで1月に1度は交換する事が望ましく、可能であれば1000キロに一度のペースで交換する事によって長持ちしやすい健康なエンジンを維持することが出来ると考えています。 つまり、高価で洗浄力の高いエンジンオイルを長く使うよりは、洗浄力が低いものでもいいので(安物のエンジンオイル)こまめにオイル交換を実施し、エンジンオイルの状態を常に良く維持する事の方が重要ではないかと思います。

車のことでお悩みの場合はAncar実店舗にご相談ください


Ancarではお客様のカーライフをサポートするために神奈川県川崎市で実店舗を運営しています。車のことでお困りの際はお気軽にご相談ください。 お問い合わせは電話、またはホームページよりご連絡ください。

LINE@にメッセージいただければ、車に関することならなんでもお答えいたします!お気軽にLINEしてください!
友だち追加

アクセス

〒210-0821 神奈川県川崎市川崎区殿町1-10-12