こだわりデザインのおすすめハッチバック4選

実用一辺倒の国産ハッチバックに一石を投じるマツダ デミオ

現在の国産ハッチバック車はフロントマスクで強烈な差別化を図るものの、キャビン部分はとにかく凝ったデザインで実用性を失いたくないあまりか、今ひとつ各社差別化が難しいと感じている傾向があります。 特に軽乗用車などリアハッチは単なる「板」になっているケースもあり、このへんは実用性を他社よりいかに優れたものにするかと苦心は見えるのですが、どうにも味気ないものです。 この点で先代モデルから思い切った差別化を図ったのがマツダ デミオで、まずは各社横並びでルーフ高を上げて頭上スペース空間拡大に走っていたのを、思い切って下げてきました。 それだけでも英断でしたが、現行モデルではマツダのデザインアイデンティティ「魂動 -Soul of Motion」を取り入れ、コンパクトハッチバックという制約の中で、実に躍動感あるスタイルに仕上げています。 ヨーロッパ市場で長年揉まれているマツダらしく、ハッチバック車にもデザインのこだわりを求める点で、国内メーカーの中では一歩抜きん出ている印象です。 【歴代モデル中古車:0.1~208万円】

観音開きリアゲートにかつてのカントリーマンの魂を見た、ミニ・クラブマン

かつて「ミニ・カントリーマン」と言えば、モーリス マイナートラベラーなどと同様に木枠組みのラゲッジを持つ優雅なステーションワゴンでしたが、テールゲートが上開きハッチでは無く左右開きドアなのも大きな特徴でした。 現在のnewミニでは、カントリーマンの名はクロスオーバーSUVモデルに与えられましたが(日本国内ではミニ・クロスオーバー)、かつてのカントリーマン的なステーションワゴンもミニ・クラブマンとしてデビューしています。 さすがに外装を木枠組みにはしませんでしたが、それは右側後部ドアを前部ドアを開けないと開かないサブドアとして設けた関係もあり。 このサブドアによって、後席の乗降性は大きく向上しています。 何より嬉しいのは左右開きのリアゲートを持つラゲッジで、木枠が無いとはいえカラーリングでかつてのミニ・カントリーマンっぽく塗り分けていますし、こうした伝統を大事にする姿勢が人気の理由でしょう。 【歴代モデル中古車:57~471.3万円】

街の風景を彩るデザイン、アルファロメオ ジュリエッタ


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら