日産新型キックスが初公開!新型の性能&価格や発売日は?

日産が販売していた軽SUVのキックス。三菱パジェロミニのOEM車として発売されていました。そんなキックスが新型になり復活し、ブラジルで発売されました。この記事ではキックスの性能や価格、ブラジルで発売されたの新型についてもまとめてみました。


日産 キックスの特徴

日産 キックスの特徴①

日産自動車が販売する軽自動車タイプSUVの「キックス」ですが、この車は現在アライアンス企業としてグループ傘下にある三菱自動車がかつて生産していた「パジェロミニ」と同一モデルで、同社からOEM供給を受けていました。
2008年より供給を受けており、2012年の販売終了まで4年間販売が継続されました。
人気SUV販路を強く持つため、OEM供給を受けて自社ブランドとしての販路を拡張しました。

日産 キックスの特徴②

オフロード系の4WD仕様のSUVのデメリットである燃費の悪化を改善するために、小型で簡素化したボディ構造を持ち、追加モデルとして低燃費運転をサポートするECOインジケーターを搭載、運転席で最適燃費を監視しながらドライバーが車を操ることが可能です。
カラーバリエーションでは、パジェロミニに設定されるカラーとの違いを持たせ、車内スペックの一部もナビなどがメーカー別に用意されるもので、キックスにしか搭載されないスペックも用意されています。

日産 キックスの特徴③

この車の特徴として軽自動車のガソリン車であること、4気筒のインタークーラー付きターボエンジンを搭載していることです。
このタイプの車は普通車ではディーゼルエンジンを搭載していることが多いのですが、軽自動車という特徴を活かしてガソリンエンジンで他社同型が3気筒であるのに比べ、4気筒のインタークーラー付きターボチャージャ―を搭載しているため、クイックな加速と安定した走行性を発揮しながらターボ車とは思えない低燃費です。

日産 キックスの主なグレード

日産 キックスのグレード①

4速オートマのRXはクラス最高グレードで車両本体価格164万円です。
RXはフロントガラスにUVカットガラス、フロントドアにUVカット断熱グリーンガラス、フロントドアとリアサイドとバックドアにプライバシーガラス(UVカット断熱機能付)が標準装備、RX専用のスポーツアルミホイール、電動格納式リモコンカラードドアミラー が標準装備されています。
このグレードには寒冷地仕様車として運転席シートヒーターとヒーター付きドアミラーが標準装備されています。

日産 キックスのグレード②

RSはベースグレードとなり、4速オートマでは、車両本体価格が151万円とRXと比べると13万円安いモデルです。
RXと異なる点は搭載装備で、RXに標準装備されている装備でRSには搭載されていないものがあります。
エンジンスペックや足回り等が同一であるため、あえてお値打ちなこちらのグレードを選ぶ人も多いです。

日産 キックスのグレード③

RSおよびRXに用意された5速マニュアルがあります。
RXの5速マニュアルは車両本体価格が157万円と4速オートマにくらべて7万円安く、RSの5速マニュアルにくらべてこちらもおよそ7万円安く設定されています。
このタイプの場合、価格のみではなく、5速マニュアルであることにこだわりを持つオーナーが選びます。
とくに悪路走行でのトルク性能は5速マニュアルの方が良く、加速性の良さも伺えます。
マニアに評価が高いのもマニュアル車の方です。

エクステリア・インテリア

日産 キックスのエクステリア


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら