人気国産ワゴン車8選|ワゴン車選びに欠かせないポイント5つ!

ワゴン車とは、どういった車なのでしょうか?今回は、人気がある国産のワゴン車について見ていきます。国産の人気があるワゴン車を8選、そしてワゴン車選びに欠かせないポイント5つを中心にご覧いただきます。ぜひ参考にして、お気に入りの国産ワゴン車を購入しましょう。

ワゴン車はこんな人におすすめ

https://www.honda.co.jp/SHUTTLE/webcatalog/styling/design/

 

車にはさまざまな種類があります。

特にワゴン車は、多くの荷物を運搬したり大勢で乗車したりできる、車内に広い空間がある車です。とくに荷物の積載スペースが広くとってあるので、仕事やプライベートにおいて、一般的な車両よりも多量の荷物を積みやすいでしょう。

今回は、ワゴン車について深堀りして見ていきます。ぜひ、参考にしてみてください。

大きな荷物を運びたい人

ワゴン車は大きな荷物を積載して運べるので、運送業に最適です。個人で運送を頻繁に行う職業では、ワゴン車が大活躍します。一般の車よりも広々としている積載スペースがあり、大きな家財も積載することが可能です。

また、アウトドアが好きな方にもワゴン車が適しています。キャンプ用品やバーベキューグッズを積載・運搬できるため、家族や仲間同士でアウトドアを頻繁に行う方は、高い利便性を感じるでしょう。

広い車内空間を求める人

ワゴン車は車内が広いので、空間を楽しみたい方に人気があります。日常使用でもワゴン車は人気がある車種ですので、狭い車内が苦手な方に最適です。

セダン車では、どうしても広々とした車内空間を満喫することができません。ですがワゴン車は、荷物を積載しやすい車種ですので、日常使用時にも広い車内空間の中で運転ができます。大きな体の人が乗るのにも適していて、ゆったりした空間が好きな方に最適なのがワゴン車です。

アウトドアが好きな人

ワゴン車はアウトドアが好きな方に適しています。アウトドアでは多くの荷物を持参することになるため、一般のセダンでは積載できない荷物も出てきます。便利なアウトドアグッズがあれば、さらに楽しい時間が堪能できるでしょう。

また、ワゴン車ですと積載スペースにて車中泊をすることも可能なため、用途が広がるでしょう。カスタムもしやすい車種ですので、アウトドアライフを目一杯満喫したい方に人気のある車がワゴン車です。

タイプ別人気国産ワゴン車8選

国産車で人気のあるワゴン車を8つご紹介します。これからワゴン車の購入を検討する方はぜひ参考にして、お気に入りの最高のワゴン車を購入しましょう。

ワゴン車にはタイプがあるので、今回はタイプ別に人気のあるワゴン車を見ていきます。まずはタイプを決め、そして用途にあった最適なワゴン車に乗りましょう。

おすすめの国産ワンボックスカー

ワゴン車でおすすめのワンボックスカーを2種類ご紹介します。ワンボックスカーはとても大きな車のため、商業車としても多く用いられ、一般家庭でも使用されています。

ワンボックスカーのように運転席が最前部にある車は操作もしやすく、また車高も高いため、周囲を見渡しやすくなっており、安全運転がしやすいと言ってもよいでしょう。

人気ワンボックスカー1:トヨタ ハイエースワゴン

https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_023/4.0/image/gallery_des-ext_01.jpg

人気が高いトヨタのハイエースワゴンは定番の車です。商業車としても安定した人気を誇り、日常使用でも大きなサイズで利便性を感じられるワゴン車でしょう。

最高で10名乗車できるので、大家族の使用にも適しており送迎用としてもおすすめです。トヨタのハイエースワゴンは多くのシーンで活用されています。

おすすめのワンボックスカー2:日産 NVキャラバンワゴン

https://www-asia.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/nv350caravan/2004/exterior_interior/nv350caravan_2004_exterior_interior_cs1_01.jpg.ximg.l_12_m.smart.jpg

ワゴン車の中でも日産のNVキャラバンワゴンはおすすめです。小型の軽貨物車にもなるため、運搬性に優れていて商業的な使用も可能です。

運転しやすい構造となっており、多量の荷物を詰め込みたい人や広いスペースを確保したいユーザーにおすすめです。2WD・4WDの2種類のタイプから選べるため、ユーザーの好みに近づけることもできるのが、日産のNVキャラバンワゴンでしょう。

おすすめの国産ステーションワゴン

ステーションワゴンのおすすめの車種を2種類ご紹介します。斬新なフォルムを持ったステーションワゴンは外観がよく、見た目を意識する方におすすめでしょう。

そして、積載スペースも広めに確保されているので、大きな荷物を運ぶ際にも適しています。ぜひ、お好みのステーションワゴンを見つけて、仕事やプライベートで活用してみましょう。

おすすめのステーションワゴン1:トヨタ カローラフィールダー

おすすめのステーションワゴンとして、トヨタのカローラフィールダーが挙げられます。セダンに近しい外観ですが積載スペースもしっかりとあるので、多様な使い道がある車です。

「セダンは少し小さい」と思う方は、トヨタ製のステーションワゴンが最適です。ワンボックスほど大きな車は必要ないユーザーに最適な大きさですので、用途と併せてトヨタのカローラフィールダーの購入を検討してみましょう。

人気ステーションワゴン2:ホンダ シャトル

https://www.honda.co.jp/SHUTTLE/webcatalog/styling/design/

上品なフォルムを持つホンダのシャトルはおすすめの車種です。積載スペースもありながら、日常の走行にも適している仕様を備えたステーションワゴンです。

おしゃれな外観は品格があり、カーファンの心をつかむステーションワゴンですので、定番車の魅力をグレードアップさせた容貌に人気が集まっています。ユーザー次第で用途の幅も広がり、どんどんと愛着が増していくのがホンダのシャトルといえるでしょう。

おすすめのステーションワゴン3:トヨタ プリウスα

乗りやすさと積載性を兼ね備えたトヨタのプリウスαはおすすめです。品性が漂う外観はカーファンに人気があり、なおかつ積載スペースが確保されているために用途が広がるステーションワゴンです。

トヨタのプリウスαはグレードが分けられているので、ユーザーが選ぶ際の楽しみもあることでしょう。信頼のトヨタ車は多くの方々から愛用され、プリウスα以外にも車種が多いです

おすすめの国産軽ワゴン

おすすめの国産軽ワゴン車を3種類ご紹介します。

「ワゴン車といっても大きな車両は必要ない」といった方も多いことでしょう。

軽ワゴン車といっても利便性が高く、何よりも維持費用が安く抑えられるため、コストを抑えたいとう方におすすめです。

コストパフォーマンスの高いワゴン車を狙っている方は、ぜひ日本製の軽ワゴン車の中より検討してみてください。

おすすめの軽ワゴン1:スズキ エブリィワゴン

https://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/styling/img/img01.jpg

軽ワゴン車の中でも、スズキのエブリィワゴンはおすすめです。愛らしい外観からは、大きな積載スペースの存在を忘れてしまうほどでしょう。

軽自動車とはいえ、スズキのエブリィワゴンは大きな積載スペースが配備されているため、配送用にも活躍している車です。また、一般家庭にも幅広く浸透している車種でもありますので、街中・アウトドアシーンでも見掛けることが多い国産の軽ワゴン車といえます。

おすすめの軽ワゴン2:ダイハツ アトレーワゴン

人気が衰えないダイハツのアトレーワゴンは国産の軽自動車です。コンパクトなサイズですが、積載性が高くてコストパフォーマンスにも優れています。カラー展開も多く、7色から選べる点にも人気の秘訣があるワゴン車です。

日常使用にはもちろん適していますが、高齢化社会に合わせて福祉用にも使用できるワゴン車がダイハツのアトレーワゴンです。老人ホームや高齢者をサポートするシーンで活躍しているので、多様性の高い国産の軽ワゴンといえるでしょう。

おすすめの軽ワゴン3:ホンダ N-BOX

https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/image/pic_styling_nm_cs.jpg

ホンダの軽ワンボックスカーとして有名なのはN-BOXでしょう。クラシカルな外観も手伝って人気が高い国産の軽自動車としても君臨しています。女性やお年寄りにも操作しやすいワゴン車ですので、安全意識を高められる車種といえるでしょう。

5年間(2019年12月まで)、軽自動車の販売台数が国内で1位という実績があるので、ワゴン車を探している方はチェックしておくべき1台といえます。

ワゴン車選びに欠かせないポイント5つ

初めてワゴン車を購入する予定がある方は必見です。これからワゴン車の購入をする際、欠かせない5つのポイントがあります。さまざまな観点よりワゴン車について掘り下げ、末永く大切にできる1台を見つけましょう。

ポイント1:人気のある車種を選ぶ

世間で人気・販売実績があるワゴン車を選びましょう。人気の車種には理由があります。多くのユーザーが利用するワゴン車は利便性や積載性、そして安全性も兼ね備えている場合があります。

また、販売実績も有効な購入ポイントとして挙げられます。

今回ご紹介しているおすすめの車種は定番ですので、安心感を持って利用できます。初めてワゴン車を購入する場合は、まずは定番の車種の中から選ぶ方法が安心感も買えるのでおすすめです。

ポイント2:乗車定員数を確認する

ワゴン車には定員数が限られているので、事前に使用する人員を確認しておきましょう。軽自動車がもっとも定員数が少なく、ワンボックスカーがもっとも大人数が乗車できる車です。そして、中間にセダン車が位置しています。

用途によって定員数を判断し、その後にデザインやコストパフォーマンスを検討してワゴン車の購入をするのが最善です。

ポイント3:荷室の広さをチェックする

ワゴン車の荷室の広さの確認を忘れてはいけません。ワゴン車の醍醐味は荷室の広さですので、頻繁に荷物を扱う方は要チェックです。

とくに仕事でワゴン車を利用する方は、購入前に十分な確認をしておきます。販売店で広さを実際に確認することが最善です。ワゴン車といえども、荷室の広さは車種によって異なります。用途に合った荷室の広さを検討しながら、最適なワゴン車を購入しましょう。

ポイント4:使用目的に合っていること

「何に使うのか」を明確にしてからワゴン車を購入しましょう。車は購入すると数年や数十年以上もの間、使用することがあります。一般的には、気軽な買い物ではないので使用目的を明確化してからじっくりと検討し、最適なワゴン車を買いましょう。

遊びで使用するのか、仕事で使用するのか、もしくは両用で活用したいのかなど、さまざまな目的に当てはまるワゴン車が売られています。ぜひ、お気に入りのワゴン車を見つけましょう。

ポイント5:燃費性能を確認する

燃費を把握したうえで、お気に入りのワゴン車を購入しましょう。燃費は車を頻繁に使用する方にとって重要なポイントです。維持費にも関わってくるポイントですので、スペックを見たり販売店に聞いたりして把握しておきましょう。

荷物の積載量や、乗る人数によっても燃費は大きく異なってきます。やはり「どのような用途でワゴン車を使用するのか」と言うところも併せて、購入を検討するのが最善といえるでしょう。

使用目的や用途をよく考えてワゴン車を選ぼう

これから国産のワゴン車を購入する場合、事前に用途と照らし合わせた検討を行いましょう。国産のワゴン車はとても便利な車両です。仕事やプライベートにも最適で、とくに荷物を多く積載する場合に適している車両です。

ワゴン車は決して安い買い物ではありません。末永く愛用できるワゴン車を見つけて手入れをしながら、さまざまなシーンで活用していきましょう。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』