海外映画を彩った日本の名車!

海外映画に日本車が登場すると誇らしげな気分になるのはなぜなのでしょうか?


栄光をプレイバック

かつて日本車は海外映画の中で存在感を見せ、映画を彩る小道具の域を超え、ジャパンメイドのクルマの海外での地位向上に一役買ってきたと言っても過言ではないでしょう。

それではその代表的なスター達の栄光を振り返ってみましょう。

◆ スター一番手は何と言っても「トヨタ2000GT」

多分に個人的な趣味が反映されている事には目を瞑っていただくとして、トヨタ2000GTが紛れもない名車である事に異論を唱える方はいらっしゃらないと信じています。

「トヨタ2000GT」が登場するのは知らぬ人はいない「007シリーズ」の第5作日本を舞台にストーリーが展開する「007は2度死ぬ」のボンドカーとして抜擢されています。

しかしながらこのボンドカーと言う位置付けには少々疑問が残るようです。

実際に劇中でジェームズボンドが自ら2000GTをドライブするシーンは残念ながらありません。

その訳はと調べてみると、「2000GT」の全高が低くジェームズボンド役のショーンコネリーの大柄な体では収まりきらない!

仕方なく市販モデルにはない「オープントップ」に仕様変更。

それでも俳優とクルマのバランスが悪く主役自らの2000GTドライブというシーンは断念されたようです。

それゆえ幻のボンドカーとも言えるかもしれません。

この「トヨタ2000GT」をあまりご存知ない方に簡単にプロフィールをご紹介しておきましょう。

1967年日本初の本格的GTカーとしてデビュー。

しかしながら生産台数なんとわずか337台!

トヨタは2000GTを最初から量産モデルとしてではなく、世界に日本の技術力を見せつけるための戦略車として、当時の技術の粋を結集して開発したのです。

こうした事から見ても「トヨタ2000GT」の銀幕デビューが「007」という大ヒットシリーズの準主役と位置されるボンドカーだったのは極めて妥当だと言えるでしょう。

◆ジャッキーチェンは「三菱自動車」ファン?


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら