人気の小型乗用車【スズキ ソリオ ハイブリッド】

スズキソリオハイブリッドはフルハイブリッドシステム搭載車を設定。研究を重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも運転のしやすさや走行性なども注目を浴びている。今回は性能と価格情報を詳しくまとめました。


【スズキ ソリオ ハイブリッドの特徴】

特徴①

・人気自動車メーカーのスズキが販売する、人気車種の中で、近年注目を集めているのが、ソリオハイブリッドです。ソリオハイブリッドは、スズキが販売する人気車種のソリオをハイブリッド化したもので、小型乗用車として絶大な人気があります。ソリオハイブリッドは、全長や横幅は小型乗用車の部類に入りますが、乗員定員が5名と窮屈感がなく、広々としています。 ・スズキ ソリオ ハイブリッドは、走行性能や燃費性能でも優秀な車です。走行性能は、発進・加速時にエンジンの出力にモーターの出力を上乗せして走る為、パワーが伝わりやすいです。また、AGS(オートギアシフト)を採用している為、コーナリング性能に優れます。また、燃費性能はJC08モードで32.0km/Lという省燃費性能を誇っています。街乗りはもちろん、遠方へのドライブも様々なシチュエーションで活躍します。

特徴②

・スズキ ソリオ ハイブリッドは、コンパクトなままどこまで室内を広くできるかというコンセプトのもと作られたため、コンパクトハイトワゴンの室内長としては、一番の数値の2515mmを残しております。これにより、車を乗っても閉塞感が感じられず、運転席でも助手席でも後部座席でも快適に過ごすことが可能となっております。また、前席と後席の間を移動できるように、広くしたセンターウォークスルーは、車内で前の席と後ろの席を移動できるほどの快適性を生みました。

【スズキ ソリオ ハイブリッドの歴代モデル】

・ソリオの歴史は、古く2005年に発売を開始しました。当時は、ハイブリッドの概念はなく、販売から2度のモデルチェンジを経て、現行モデルへとなりました。ハイブリッドになったのは、2015年8月のフルモデルチェンジ時になりました。燃費性能も、1回目のフルモデルチェンジ時は、約20km/Lだったのが現行では、32km/Lとなり、スズキのこの車に対する力のいれようが伺えます。

・進化を続けているソリオハイブリッドは、現行のものでは5人乗りの5ドアハッチバックとなりました。リアドアは両側スライド式であるため、狭い駐車スペースでも使いやすいという特徴が生まれました。また、コンパクトハイトワゴンの室内長として、一番の数値を残しているソリオは、その室内の形状にするため、四角形のボディに、天井が高い、後席の足元が広く、荷室の開口部が広くて便利というメリットを生みました。

【中古車価格について】

・ソリオ自体の中古車市場の価値については、とても高いものがあります。しかし、歴史がある分、モデルが古いほど手軽に入手ができるので、古くてもソリオだったら気にしないと思われる方には、中古車で手に入れる方が良いかもしれません。例えば、一回目のフルモデルチェンジが行われた、2011年1月に販売開始をしたモデルでは、高い価格で160万程、安いものだと100万を下回る価格で購入できます。

・2回目のフルモデルチェンジ時の中古車市場の価値では、人気が高い為、メーカー希望小売価格の1割程度引いた値段でしか、販売されていません。やはり、フルハイブリッドシステム搭載車で人気メーカーのスズキからの販売車の為、しばらくは値段は下がることはないかもしれません。低燃費車で老若男女様々な人が無理なく運転できるこの車は間違いなく、小型乗用車のなかでも一番の人気でしょう。

【1.2 ハイブリッド MX(CVT 5人乗り)がおすすめ!】

・スズキソリオハイブリッドのモデルの中で、一番の人気を誇るのは、やはり現行のモデルです。その中でも一番人気のグレードでいうと、1.2 ハイブリッド MX(CVT 5人乗り)です。こちらのタイプは、ファミリーカーとして人気のソリオの中でも、一番の人気があります。燃費性能も高水準を保ち、JC08モード27km/Lという高い数値を残しており、買い物やちょっとした遠出が多いご家族に人気となっています。カラーも豊富で、盗難防止装置もついているので安心です。

・スズキソリオハイブリッドの一番人気モデルの1.2 ハイブリッド MX(CVT 5人乗り)の維持費は、ファミリーカー向けの年間維持費となりおすすめです。取得税減税80%・重量税減税75%・自動車税減税75%という数値からみても、その維持費の安さが頷けます。またそれに加え、JC08モード27km/Lという低燃費性がある為、月々のガソリン代もかなり安く、年間の燃料費は他の小型乗用車と比べても、格段に安いことが言えます。排気量も1242ccある為、ファミリーカータイプの車では、パワーが物足りないということもないでしょう。

【1.2 ハイブリッド MX(CVT 5人乗り)についていてほしいオプション】

・スズキソリオハイブリッド1.2 ハイブリッド MXには、つけることをおすすめしたいオプションが3つあります。それは、デュアルカメラブレーキサポート・全方位モニター用カメラ・誤発進抑制機能です。

・オプションは、つけることで購入時の金額が高くなってしまいますが、ソリオハイブリッドという車の安全性能・走行性能を100%発揮するためにはこれらのオプションをつけることで発揮することができます。デュアルカメラブレーキサポートは、2つのカメラで、歩行者とクルマも検知して、運転者の代わりに万一の際ブレーキをサポートし、安全性能を高めます。全方位モニター用カメラは、その名の通り、車の周りの全方位をカメラで映し出す技術で、安全性を高めます。誤発進抑制機能は、シフトがD・S・Lに入っている時の停車または時速10kmで走行時に、前方約4mの場所に障害物があるときにアクセルを踏み込むと、ブザー音とメーター内の表示灯で警告してくれます。

【まとめ】

・人気の小型乗用車、ソリオハイブリッドは、広い室内と省燃費に優れ、ファミリーカーとして人気があります。その広い室内では、定員数が5人も乗れ、快適性に優れています。省燃費もソリオハイブリッドの魅力の一つとして知られ、各種減税対象のソリオハイブリッドは、年間の維持費削減にも効果があります。更にスズキからの販売車なので、安心感が抜群によいです。小型常用車を探している方にうってつけの車です。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション