人気の小型乗用車【スズキ ソリオ ハイブリッド】

スズキソリオハイブリッドはフルハイブリッドシステム搭載車を設定。研究を重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも運転のしやすさや走行性なども注目を浴びている。今回は性能と価格情報を詳しくまとめました。


【スズキ ソリオ ハイブリッドの特徴】

特徴①

・人気自動車メーカーのスズキが販売する、人気車種の中で、近年注目を集めているのが、ソリオハイブリッドです。ソリオハイブリッドは、スズキが販売する人気車種のソリオをハイブリッド化したもので、小型乗用車として絶大な人気があります。ソリオハイブリッドは、全長や横幅は小型乗用車の部類に入りますが、乗員定員が5名と窮屈感がなく、広々としています。 ・スズキ ソリオ ハイブリッドは、走行性能や燃費性能でも優秀な車です。走行性能は、発進・加速時にエンジンの出力にモーターの出力を上乗せして走る為、パワーが伝わりやすいです。また、AGS(オートギアシフト)を採用している為、コーナリング性能に優れます。また、燃費性能はJC08モードで32.0km/Lという省燃費性能を誇っています。街乗りはもちろん、遠方へのドライブも様々なシチュエーションで活躍します。

特徴②

・スズキ ソリオ ハイブリッドは、コンパクトなままどこまで室内を広くできるかというコンセプトのもと作られたため、コンパクトハイトワゴンの室内長としては、一番の数値の2515mmを残しております。これにより、車を乗っても閉塞感が感じられず、運転席でも助手席でも後部座席でも快適に過ごすことが可能となっております。また、前席と後席の間を移動できるように、広くしたセンターウォークスルーは、車内で前の席と後ろの席を移動できるほどの快適性を生みました。

【スズキ ソリオ ハイブリッドの歴代モデル】

・ソリオの歴史は、古く2005年に発売を開始しました。当時は、ハイブリッドの概念はなく、販売から2度のモデルチェンジを経て、現行モデルへとなりました。ハイブリッドになったのは、2015年8月のフルモデルチェンジ時になりました。燃費性能も、1回目のフルモデルチェンジ時は、約20km/Lだったのが現行では、32km/Lとなり、スズキのこの車に対する力のいれようが伺えます。

・進化を続けているソリオハイブリッドは、現行のものでは5人乗りの5ドアハッチバックとなりました。リアドアは両側スライド式であるため、狭い駐車スペースでも使いやすいという特徴が生まれました。また、コンパクトハイトワゴンの室内長として、一番の数値を残しているソリオは、その室内の形状にするため、四角形のボディに、天井が高い、後席の足元が広く、荷室の開口部が広くて便利というメリットを生みました。

【中古車価格について】

・ソリオ自体の中古車市場の価値については、とても高いものがあります。しかし、歴史がある分、モデルが古いほど手軽に入手ができるので、古くてもソリオだったら気にしないと思われる方には、中古車で手に入れる方が良いかもしれません。例えば、一回目のフルモデルチェンジが行われた、2011年1月に販売開始をしたモデルでは、高い価格で160万程、安いものだと100万を下回る価格で購入できます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら