並行輸入の中古車でしか乗れない!「M1」とは呼ばれなかったBMW1シリーズの「M」とは?

「BMW M」とは

BMW社のモータースポーツ部門、そしてチューニング部門として「M」モデルを送り出してきた「BMWモータースポーツ」が改名したのが現在の「BMW M」社です。

最初にレース用ベースマシンとしてスーパーカーの「M1」を作って以降は、3シリーズに「M3」を、5シリーズに「M5」を、さらにオープンスポーツのZ4に「Z4Mロードスター」、そのクーペタイプの「Z4Mクーペ」を送り出し、BMWのハイパフォーマンスバージョンを送り出してきました。

最近ではBMWがセダンとクーペを別シリーズに分けるようになり、3シリーズクーペを4シリーズとすると「M4」を、5シリーズクーペを6シリーズとすると「M6」をリリースするといった形で、7シリーズやSUV、ミニバンを除くBMW各シリーズの頂点には常に「M」がいます。
1シリーズもクーペが2シリーズとして独立したのを機に「M2」がついに設定されましたが、コンパクトハッチバックとして残った1シリーズには未だに「M1」はありません。

かつてのスーパーカー「M1」の存在がその理由と言われる事がありますが、BMWから正式にアナウンスされた事は無いので、定かではないのです。

実は存在した1シリーズの「M」モデル

BMW 1 M しかし、実は2011年に「1シリーズMクーペ」というモデルがヨーロッパではデビューしていました。

「M1」という名前こそつかなかったものの、1シリーズクーペをベースに、オープンスポーツカーZ4の最強モデル「Z4 sドライブ35is」と同じ340馬力の3リッターツインターボを搭載し、リミッターが作動する250km/hまで軽快に加速するというハイパワーモデルです。

エンジンだけではなく「BMW M」によって足回りやブレーキなどがチューニングされ、ベースとなった「135iクーペ」より前輪は71mm、後輪は46mmワイドトレッド化されたほか、ムーンルーフを排して通常のルーフとする事で15kg軽量化し、コーナリング時の安定性と低重心化に貢献しています。
ブレーキもM3同様の大径ディスクを装着する事で大幅に強化するなど、本格的なスポーツ走行に対応した、紛れもない「M」なのです。
バンパーやワイドフェンダーも1シリーズMクーペ専用品で、内装もレザーを使ったシートにMモデル用レザーステアリングと、かなりこだわったモデルでした。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら