輸入車の中古車ランキングベスト10から見る傾向

BMWは手頃な値段とスポーティイメージが人気の鍵

ランキング1位となったのはBMWの3シリーズで、BMWのいわばベーシックモデルとも言えるものです。
エントリーモデルの1シリーズは9位で、中古車平均価格は10万円ほど高めながら、大きく差をつけて1位に輝いています。
輸入車は国産車以上にブランドやネームバリューが大事な要素で、新参の1シリーズより実績のある3シリーズが上位に来るのは十分に納得できます。
その上で6位に入った5シリーズより上位となった理由としては、BMWが高級輸入車メーカーとしては(特にメルセデス・ベンツに対しては)スポーティなイメージを昔から持っており、その中でも未だにMT車を設定しているなど、3シリーズがBMWの伝統的なイメージを背負っている面があります。
それゆえに一番バランスが取れたベーシックモデルとして評価され続けているのがBMW3シリーズと言えます。例えば少し給与の良いサラリーマンや、個人事業主、小規模な経営者が乗っていても嫌味ではない範囲で高級感もあるところが魅力です。

高級なほど関心が高まるメルセデス・ベンツ

BMWと対照的だったのがメルセデス・ベンツです。
エントリーモデルであり、他のメルセデス・ベンツ車とはユーザー層も異なるAクラスがかろうじて10位に、Bクラスに至ってはベスト20にも入らないのに対し、最高級セダンのSクラスが堂々の3位です。
車格や価格の点でミドルクラスのEクラスが7位、ベーシッククラスのCクラスが8位と、車格が下がるに連れて関心も下がる傾向にあるようで、世間が求めるメルセデス・ベンツとは堂々たる風格と車格であり、最高級のSクラスの人気の高さはそのあたりにありそうです。
所有しても嫌味にならないBMWに対し、所有する事で周囲に対するステータスとしたいオーナーが多いと見受けられますから、中古車選びでもできる事ならばSクラスを狙いたい、と考える方が多いと言えそうです。
逆にEクラスやCクラスの場合は、普段乗りで何か良い車を求めた結果として、Sクラスほどの熱意では無いにせよ、そうした車を求めた時のメルセデス・ベンツ車全体の関心の高さから、ベスト10以内に4台も入ったと言えます。

911は輸入スポーツカーに乗りたい人の憧れ

輸入スポーツカーとして誰もが思い浮かべる車としてはフェラーリやランボルギーニなどがありますが、中古車として実際に購入を検討して検索するとなるとポルシェ、それも911が最上位の5位という結果です。
スーパーカーとなると購入はさておき維持も大変ですし、それを問題無くクリアできる人となると、中古車より新車を買う人が多いのかもしれません。
それでも頑張れば購入できて、ネームバリューも大きいのが911、これがエントリーモデルのボクスターやケイマンですと知らない人も増えてしまいます。
「ポルシェ911のような車」よりも、「ポルシェ911そのもの」が中古車平均価格386.8万円という現実的な価格で購入できるのであれば、911を購入したいと考える人も多いのかもしれません。
価格やネームバリューだけでなく、ポルシェは日本での正規ディーラー網も発達しており、比較的維持しやすいこともメリットです。

コンパクトカーは対照的な2台、ミニとゴルフがランクイン

輸入車で大衆車と言えば、最初に思い浮かぶのがフォルクスワーゲンのゴルフでは無いでしょうか。
ルポやポロといった弟分、ジェッタやパサートといった兄貴分もあるのですが、フォルクスワーゲン自身、どの車にも見かけで大きな差をつけないので、あまり車に詳しくない人にはどの車もゴルフに見えてしまうかもしれません。
逆に言えば、そのレベルの人でも知っているほど知名度があるのがゴルフで、中古車で購入しても周囲の人に理解してもらいやすい車です。
一時期はトヨタ系のディーラーでも販売していたなど、ディーラー網が充実している事もあり販売台数も輸入車の中で例外的と言えるほど多く、中古車の平均価格も58.7万円と飛び抜けて安いのが魅力です。
安くて誰にでもわかりやすい中古車の代表がゴルフと言えます。
それと対照的に平均価格は186.5万円とBMW3シリーズと遜色無い価格帯でありながら、実用性より個性的なデザイン、さらに伝統のネームバリューで勝負できる車がミニです。
英国車からBMW傘下となってしばらくたちますが、「ミニ」というブランドを大事にしたBMWによって日本中にミニ専門ディーラーが誕生したことで、知名度もありますし正規ディーラーが身近に存在するという維持の面での安心感もあります。
ランキング4位のゴルフに対してミニが2位になったのは、それだけミニが憧れの対象として関心が高い事を示しているからかもしれません。
以上、中古車検索ランキングのベスト10から見た傾向を総合すると、「知名度のあるブランドで、かつそのブランドの中で一番憧れの対象となる車種」への関心が高いようです。
皆さんが輸入中古車を購入される時に、現在のトレンドとして参考にしていただければ幸いです。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら