あの頃930ターボと呼んでいた僕ら~初のポルシェ911ターボ見参

ポルシェ初の「ターボ」は北米でレースに勝つために生まれた

現在では軽自動車にすら装着されているターボですが、かつてそれはレーシングカーやスポーツカーのものでした。 その名を知らぬものがいないほどスポーツカーメーカーとして有名なポルシェでも、その最初のターボ車はレースのために登場します。 それがCan-Am(カナディアン-アメリカン・チャレンジカップ)用に製作された917/10Kです。 そもそもFIA・グループ4カテゴリーでフォード GT40などに対抗するため作られた4.5リッター(後に5リッター)水平対向12気筒エンジンのレーシングカーとして誕生した917でしたが、あまりの強さにグループ4の排気量上限が5リッターから3リッターに変更され、戦う場所を無くしてしまいます。 そのため舞台を北米に移してCan-Amでの勝利を目指した917でしたが今ひとつパワー不足で、対策として917/16スパイダーに搭載した6.6リッター水平対向16気筒エンジンは重すぎてモノになりませんでした。 そこで、既存の5リッターエンジンにターボチャージャーを装着したところ、6.6リッターエンジンより高出力のメドがついたため、917/10Kに搭載して1972年から早速実戦投入。 1973年のパワーアップ版917/30Kと合わせ、2年連続でCan-Amチャンピオンに輝いたのでした。 もっとも、レーシングターボそのものはポルシェ917/10Kが最初というわけでもなく、たとえば日本ではトヨタ7ターボが1970年には完成しています。 ポルシェもそれ以前から地道な開発が行われていたと考えるべきでしょう。

市販車への応用・930ターボ登場

917/10K、917/30KがCan-Amで活躍している頃、フランクフルトモーターショーでポルシェ911ターボの試作車が展示されます。 これが市販車ベース初の911ターボでしたが、翌1974年にパリサロンで発表されたのは、第2世代のポルシェ911をベースにした「930ターボ」でした。 第1世代911の901型はまだ継続生産されるため、従来からのNA(自然吸気)エンジンの901型が「ポルシェ911」、そしてターボエンジンを搭載した930型は「ポルシェ930」と呼ばれたのです。 日本ではスーパーカーブームが巻き起こっており、ポルシェ930ターボも「特別なスーパーカーの1台」として、注目の1台となりました。 何しろ1975年(日本では1976年)の930ターボ発売当時、市販でターボを標準装備していたのは930ターボと、それに先んじて1973年に発売されていたBMW 2002turboだけだったのです。 3リッターの水平対向6気筒エンジンで、それよりはるかに大排気量のV12、水平対向12気筒エンジンやV8エンジンのスーパーカーと、930ターボはターボ1つで肩を並べます。 イタリアン・スーパーカーのような華こそ無かったものの、ドイツ車らしい質実剛健ぶりと塊感、ムクの鋼材から切り出してきたかのような鈍い輝きは、「硬派なスーパーカー」として大人気となりました。

NAモデルも世代交代で「911ターボ」へ

しかし930ターボがその名でいた期間は短く、1978年にはNAエンジンモデルも930型に移行したことで、「911ターボ」へとその名を統一しました。 その間、グループ4レーシングカーの934や同グループ5の935も930として登場し、引き続き「ポルシェ911の中でもターボだけは特別」として、今に至ります。 実際にはターボエンジンでもタルガトップモデルやフルオープンのカブリオレが存在するので、911の中でも高性能エンジンバリエーションの一部とも言えますが、昔からのイメージというものはそう簡単に変わらないものです。 現在は日産 GT-R NISMOと価格帯が近いこともあって北米を中心によきライバル関係にあるとはいえ、性能はともかくイメージ的にGT-Rに軍配を上げる人は(特に日本人では)少ないでしょう。 かつてスーパーカー少年だった世代にとって、911ターボのイメージは、未だに930ターボのままなのかもしれません。

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら