2つの国の跳ね馬~ポルシェとフェラーリのマークは本当に同じ由来?

ポルシェのエンブレムは、本拠地の紋章が由来

まずポルシェのエンブレムですが、中世の騎士が持つ盾のような形状に、右上と右下には赤と黒のシマシマ模様。 左上と右下には何かトゲトゲしい植物とも武具とも言えるような模様。 その真ん中には飛び跳ねようとする馬が描かれており、縦の一番上には「PORSCHE」の文字が踊ります。 いかにも中世のドイツ騎士団が持っていたらハマりそうなデザインですが、ポルシェAGの創業者であるフェリー・ポルシェ(フォルクスワーゲン・ビートルを作ったことで有名なフェルディナンド・ポルシェ博士の息子)がササっと書いたスケッチで決まったそうです。 大層な紋章ですが、デザインする時はそんなものというべきか、さすがポルシェ一族というべきか。 その意味するところですが、跳ね馬はポルシェが本拠地を置いているシュトゥットガルト市の紋章で、トゲトゲしい何かは武具でも植物でも無く鹿の角で、シュトゥットガルト市があるバーデン・ヴュルテンベルク州の紋章が鹿だから。 黒と赤のシマシマは知性を表し、全体的に金色の自金なのは大地の豊穣、つまり土地柄から察するに豊作の麦畑というわけですね。 ポルシェはトラクターも作っていましたから、農家へのアピールも完璧です。

フェラーリのエンブレムは、イタリア空軍の撃墜王が由来

一方フェラーリのエンブレム「カヴァリーノ・ランパンテ」は、シンプルになデザインで丈夫にイタリア国旗の三色トリコロールで、ビバ!イタリア!モータースポーツにおけるイタリアのナショカルカラーです。 その下に大きな跳ね馬が身を踊らせ、黄色い地色の一番下には「Ferrari」と社名入り。 エンブレムは盾型と四角形があるようで、普通は四角形ですが、モータースポーツなど限られた部門でのみ使用できる特別なエンブレムとのこと。 跳ね馬については第一次世界大戦に参戦したイタリア空軍のエース(撃墜王)、フランチェスコ・バラッカが、愛機につけていたもののようです。 より正確に言うと、バラッカが始めたエンブレムを所属部隊である第91スクァドリリア、つまり戦闘機第91中隊の指揮官になった時に、そのまま部隊マークとして決定したものでした。 バラッカは第一次世界大戦末期に対空砲火で撃墜、戦死してしまいますが、部隊マークは残りました。 その後、アルファロメオのワークスドライバーとして活躍していた若きエンツォ・フェラーリの活躍に感激したバラッカの母君が、息子が始めたエンブレムを与え、エンツォ・フェラーリもそれを快諾して後にフェラーリが独立した時公式エンブレムとなった、と言われています。

跳ね馬が結ぶポルシェとフェラーリの共通点?

なお、バラッカが何で跳ね馬のエンブレムをつけたかというと、撃墜したドイツ軍戦闘機のパイロットがたまたまシュトゥットガルト市出身で、その市の紋章である跳ね馬を描いていた事から、それを記念にして自らのエンブレムにつけた、という説があります。 それが事実なら、跳ね馬とそれを紋章とするシュトゥットガルト市を通じて、ポルシェとフェラーリのエンブレムには深い深い共通点がある…ことになりますが、果たしてそれはどうでしょうか? そこまで共通点があるにしては、ポルシェとフェラーリがエンブレムを通した絆により、共同で何かをやったという話はあまり聞いたことがありません。 ポルシェは単なる自動車メーカーとして以上に、自動車に関わる仕事をしていましたから、あるいはフェラーリとも何かを仕事をしたかもしれませんが、大きく取り上げるような話が出てこないのが実情です。

実は両者の跳ね馬は無関係?

ここでバラッカにもう一度注目すると、彼は空軍に移籍する以前は陸軍に所属しており、第2騎兵連隊に所属していました。 この連隊の紋章が跳ね馬であり、むしろバラッカとイタリア空軍第91スクァドリリアの紋章の由来はこちらではないか、とする説が有力です。 あるいは実際に跳ね馬を描いたドイツ軍機を撃墜したこともあるかもしれませんが、それ以前の話か、あるいはドイツ軍機の話は創作だろうとも言われます。 さらに、バラッカの母親がエンツォ・フェラーリにこの紋章を送ったというのも妙な話で、伯爵家だったバラッカ家の紋章でも無い軍隊の部隊マークを勝手に送るだろうか?という、常識的な意見もあります。 ただ、これに関してはバラッカ自身が陸軍から空軍への移籍で紋章をそのまま持ってきている通り、案外扱いが軽いものなのかもしれませんから、一概にエンツォ・フェラーリの作り話とまでは言えないでしょう。

ポルシェとフェラーリの2匹の跳ね馬、あなたはどう見ますか?

このように、諸説並べてみると一番不明瞭なのが「跳ね馬をつけていて撃墜されたドイツ軍機のパイロット」で、どうもこれだけが信頼できる史料に全く登場しません。 その事から、バラッカ由来なのは確かでも、シュトゥットガルトとは無関係、ましてやポルシェのエンブレムとの共通点など無い、という結論が一番可能性が高そうですが、皆さんはどう思われますか?

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら