【トヨタ×ベンチャー】自動車メーカーによるオープンイノベーション

イノベーション。それは新しいものを生産する、あるいは既存のものを新しい方法で生産することだ。
イノベーションは単なる技術革新に留まらない。これまでとは全く違う考え方、仕組みを取り入れることにより新しい社会的価値をも創造することができる。昨今、「オープンイノベーション」が高まりを見せている。時代の変遷とともに数多くのイノベーションを起こしてきた自動車業界もまた、その例に漏れない。

そこで、今回は自動車業界の中でもトヨタやホンダといった大手日本車メーカーを中心にオープンイノベーションについて取り上げたい。

オープンイノベーションとは?

従来の「クローズドイノベーション」

企業の研究開発においては常に「競争に勝つために達成すべきレベル」と「自社で達成できるレベル」の間にギャップがある。今まではそのギャップを埋めるために自社のみで努力することが一般的であった。これは主には自社の技術を保護するためである。

しかし昨今、求められるレベルが高まり、達成するまでに許される時間が短くなった。つまり、従来の自社資源に依存した「クローズドイノベーション」では短い期間に市場ニーズを満たす製品・技術を開発し、収益を上げ続けることが難しくなったのである。この大きな要因がインターネットの登場をはじめとしたIT技術の急速な発展・普及だ。IT技術の進歩によって製品は高度化・複雑化し、製品寿命は短くなった。またグローバル化は競争を激化させた。この分かりやすい例がスマートフォン。通話以外にも多数の高度な機能を備え、次々と新機種が発売され、その製造には世界中の企業が携わる。こうした環境変化によって、企業が自前でイノベーションを生み出すことが限界となったのであった。

“クローズ”に対する“オープン”なイノベーション

ではこの変化のスピードに追い付き、かつ新たな価値を生み出すためにはどうしたらよいのか。答えは簡単。社内だけでは対応できないのだから社外に頼るしかない。自社を取り巻くネットワークの外にある技術や知識、人材を活用する。これこそがオープンイノベーション。自前が無理なら出前を取ろうというわけだ。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら