駐車までスマホで?加速する車とスマホの連動化

2008年に登場してから飛躍的に普及していき多くの業界に改革を起こしたスマホ、最近ではスマホなしでは生活できないほどスマホを中心に生活が回っていますし、電車に乗っていても8割〜9割の人がスマホをいじっています。そんなスマホと連動するサービスもどんどんでてきていて車もその中の一つとなっています。これから車とスマホという二つは切っても切り離せないものとなっていくでしょう。というか、もはやその段階まできているのかもしれません。そこで今回はどんどん加速していく、スマホと車の連動化と最近のスマホでできる車の機能について紹介していきます。

最近の車用語の一つ、IoT化

車に限らずなにかと使われることの多い言葉IoT化ですが、最近では車用語の一つと言われるほど車にもそのIoT化の波が来ています。まずはIoT化について車はどのようにインターネット化していくのか見ていきます。

データの膨大化

インターネット化と聞いて一番に挙げられる変化は情報量の変化です。車のIoT化というのは大きく言えば自分の乗っている車の状態を車自身が知ることができる状態であると言えます。車が渋滞の状況や信号の状況をインターネットから把握できることによって、より効率的に行動を選択することができるのです。周りの情報を得ることができるということはつまり、自分も詳細な情報をネットに提供しているということ。そのためIoT化というのは今までに比べて膨大なデータが必要になってくるのです。

スマホでできる車の機能

BMW

BMWはBMWコネクテッドというアプリをリリースしており、そのアプリと自分の車を繋ぐことによって様々な車の機能が自分のスマホから遠隔操作できるようになっています。車の施錠をしたかどうかあやしい時に簡単に確認できたり、キーの届く範囲にいなくても遠く離れたところから施錠ができます。

もう一つ便利な機能が自分の車の位置をマップにお知らせしてくれる機能。これは自分の車が今どこにあるのかをリアルタイムで教えてくれて、万が一盗難された時もこの位置情報を元にしてどこに車があるのかを把握することができます。

また、これはBMWに限らず日産のリーフなどの日本車にも付いている機能ですがエアコンも車に乗り込む前からスマホでつけることができるため夏は乗った瞬間燃えるように暑く、冬は凍えるように寒いといったことをなくすことができて非常に便利です。

ベンツ

ベンツもBMW同様アプリをリリースしており、そのアプリで色々操作ができるのですがBMWと比べるとこちらの方が幾分できる範囲が広いように思えます。ベンツのアプリの特徴はなんといっても大きな目玉でもあるスマホで自動駐車できるという機能です。この機能は車の外にでてスマホの画面をぐるぐる回すことで車が駐車場にぴったりと駐車してくれるのでドアを開くと外側にぶつかってしまいそうな時などに便利ですね。

また、もちろん他のメーカー同様ドアのロックを遠隔ですることもできますしスマホで調べた目的地をそのまま車のナビに登録してドライブに行くこともできます。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら