新型スープラか新型レクサスLC Fにはスーパーチャージャーが装備されるかもしれない

トヨタがついに本気を出します

最近ドイツの自動車メーカーとフォードは新しい排ガス規制などに対応する為に新しいテクノロジーの開発に力をいれています。そして日本を代表する自動車メーカーのトヨタも電気スーパーチャージャーの開発を進めているのですが、国外の自動車メーカーに比べると一歩遅れを取ってる状態になっているようです。

トヨタが申請を出した特許とは

2015年の5月トヨタはベアリングの特許を申請しました。その特許は電気スーパーチャージャーに応用できる技術として注目されています。従来のベアリングは構造上の問題で組み立てが難しく時間が掛かるという欠点がありましたが、この技術のおかげでその欠点を無くす事に成功しました。

以前のスーパーチャージャーの欠点を無くす事が出来た為、トヨタのエンジニア達が今までなかった電気スーパーチャージャーの開発に取り組む事が出来るようになりました。そして早ければ現在ターボチャージャーを搭載すると考えられている新型スープラやLSに搭載される可能性が出てきた為、従来のスーパーチャージャーよりもレスポンスや燃費が良くなると考えられます。

満を持して登場するスープラをどのような仕上がりになるか

特許は2017年の3月22日に承認されたので、どちらのモデルに電気スーパーチャージャーが装備されたとしても、トヨタのスポーツカーがもう一度スポーツカーファンを楽しませてくれるに違いありません。 ホンダのNSXは大変な脚光を浴びていますし、マツダのRX-9が登場する噂も出ています。 そんな中、トヨタのロゴを纏って登場するスープラには、自ずと期待が高まってしまいますね。

Could The Next-Gen Toyota Supra Or Lexus LC F Get A Supercharger?

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら