結局、電気自動車は今後いつになったら普及する?

初めて三菱自動車がリチウム電池を使った本格的な電気自動車の量産に成功してから早10年。量産化され一般向けに販売された時から、これで本格的に電気自動車の時代が到来すると言われ続けてきましたがそう言っているうちに10年という時間が流れてしまいました。街中を走っている車を見てみるとちらほらEVは見かけますが、本格的に普及しているのとは程遠い状態です。なぜEVは普及する普及すると言われながら未だにそこまで社会に浸透していないのでしょうか。そして今後本格的に普及していくならそれはいつになるのでしょうか。今回はそんな電気自動車の普及についてお話していきたいと思います。

電気自動車が未だにそこまで普及しないわけ

電気自動車が未だにそこまで普及しない理由をここでは見ていきます。

リチウムイオン電池の価格

リチウムイオン電池が登場する以前に電気自動車の電池として考えられていたのはニッケル水素電池でした。ニッケル水素電池は長年、携帯の電源などに広く使われていましたが、電圧も何倍も強く重量も軽いリチウムイオン電池の影響で瞬く間に姿を消していきました。

そんなリチウムイオン電池ですが、もちろん電気自動車にも使われています。しかし、電気自動車が普及できない理由の一つとしてこのリチウムイオン電池の価格が高いということが挙げられます。電気自動車がガソリン車と比べて割高になってしまっているのはこのリチウムイオン電池の価格が電気自動車の価格の大半を占めているからです。その価格が一体どのくらいかといいますと日産のリーフの場合250万円ほどが電池にかかるお金と言われています。

リチウムイオン電池に多くのお金がかかってしまう結果、電気自動車そのものの価格も上がってしまいます。では、リチウムイオン電池ではない電池にすれば良いじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、電気自動車において一番大事なのは航続距離。ガソリンスタンドほどたくさん充電できる場所があるわけではないので一回の充電でどこまで走れるのかというのは非常に重要になってきます。皆さんも電気自動車を買うとなったら一番そこを心配するのではないでしょうか。しかし、航続距離を伸ばすためには必然的に高価なリチウムイオン電池を使うしかないのです。

インフラの整備

電気自動車に買い換えない理由として先ほども挙げた通り充電できる場所があまりないということを気にする方は多いと思います。このインフラの整備も電気自動車が本格的に普及しない理由です。ここ最近、ガソリンスタンドの店舗数が年々減少しており現在その数が3万店舗ほどと、全盛期に比べて半減しました。

一方の充電器の箇所数はおよそ2万箇所。年々増えてきていますがその数の差はまだ一万ほどあります。また、充電器の設置場所についても大きな課題が残っています。一戸建てに住んでいる人は自分の家で充電できるのに対し、日本の人口の約4割が住んでいる共同住宅には充電器が設置していない場合が大半のため自分の家で充電ができません。日本の4割の人が自宅で充電できずにいるということは電気自動車が普及できない現状の大きな課題と言えるでしょう。

なぜハイブリッドはすんなり普及できた?

そんな苦戦している電気自動車に対してハイブリッド車はすんなりと普及していきました。2019年上半期の軽自動車を抜いた車種ごとのランキングでは一位がプリウス、二位がノート、三位がアクアとハイブリッド勢が独占しています。では、ハイブリッドはなぜここまで好調に普及したのでしょうか。

トヨタ プリウスの販売戦略

ハイブリッド車が普及できたわけを話す上でハイブリッドの火付け役となったプリウスとの関係は外せません。初代のプリウスが出た当時、ハイブリッドカー=プリウスというくらいまでに認知されていました。そこまで認知してもらえた理由の一つにトヨタの販売戦略が挙げられます。

初代のプリウスの価格は250万円ほど。これはトヨタからすれば売れば売るほど赤字がでる価格設定でした。ではなぜこの価格に設定したのかといいますと、まずハイブリッドというものの認知を世に広め、ハイブリッドといったらプリウスとなるように利益無視でここまで低価格に設定したのです。また、低価格にすることにより立場のある町長や市長などが乗っていても高い車に乗っているという認識を市民に一切感じさせることなく、環境に気をつけているということもアピールできます。こうした戦略がありハイブリッドは新技術ながらすんなりと普及していきました。

今電気自動車の先頭を走るリーフ

最初に量産化に成功し販売したのは三菱のi-mievでしたが、今現在もっとも売れている電気自動車は日産のリーフになっています。皆さんも電気自動車と聞いて一番に思い浮かぶのはこのリーフかもしれません。そんなリーフですが最近になり車として使うだけではない新たな使用方法が注目されています。ここではその使用方法について紹介します。

リーフを家電に?


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら