日産の期待の小型FRスポーツカー計画がボツに。その理由とは?

コンセプトカー自体の評価が良くても、あとから雲行きが変わることもあるようで…。

ハチロクの日産版は期待しないで!どうやら幻だったようなので…。

自動車メーカーがコンセプトカーを発表するのは、だいたいにおいて、その会社の将来的なモデルを暗示するというのが大きな目的です。

しかしここで話題のクルマは、ちょっと様子が違うようです。

「IDxコンセプト」という、2013年に東京モーターショウへ出展された、日産からのコンセプトカーをご記憶でしょうか?

これはきっと、安価で小型のスポーツカーの将来像であって、いつか日の目を見るものだと多くの人が考えたことでしょう。

ところが、現在の日産がそのようなクルマを近々市販する計画など実際には持っていないことが判明しました。

最近行われた『オートエクスプレス』誌のインタヴューに対し、日産自動車の中村史郎COOは、後輪駆動の庶民的なスポーツカーと言えるものは開発中ではないと明らかにしました。

ということは、日産のファンやクルマ好きは、当面の間「フェアレディZ」や「GT-R」に熱中することに専念すべきだ、と結論づけられますね。

「そのようなクルマを造るとなれば、しっかりとしたプラットフォームが不可欠になります。軽く、小さく、そして手の届きやすい価格で販売できるようなクルマにするための基礎が必要なのです」と中村COOは述べています。

「現実的には、そうした条件を満たすプラットフォームを造るのは難しいものです。さらにそれは、後輪駆動でなくてはなりませんーー前輪駆動になどしたら、ただの欺きになりますからね。つまり、結局は高価なクルマになってしまい、そこで苦戦しているわけです。」

さらに同氏が指摘したところでは、多くのメーカーが1つのプラットフォームを全車種に適用する方向性で動いているという事実です。

「当社でも、プラットフォームに関する戦略を全面的に見直す必要があります。より安く、より軽く造るソリューションを生み出せれば、小型FRスポーツカーへの道も開けますね。」

このような訳で、フェアレディZとGT-Rだけが、日産のスポーツカー・ラインナップを構成するクルマということになりそうです。

モーターショウで見たIDxコンセプトには期待していた人が多かっただけに、なかなか残念な話ではあります。

ここはひとつ、日産のプラットフォーム計画が今後うまく進むことを見守りましょう。

Nissan's Gorgeous Answer For An Affordable Sports Car Has Been Axed

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』