【映画と車】「アメリカングラフィティ」でオールディーズと60年代のアメリカ名車たちを堪能する!

60年代オールディーズを楽しむなら、その時代を映画を観るのが一番!

かっこいいクルマにカッコイイ音楽・・・それだけで幸せ!

グラフィティとは落書きという意味です。
描く時代は1962年サンフランシスコ郊外のハイスクールに通う高校生を描く青春映画。(
舞台の中心となる彼らの溜まり場はドライブイン「メルズ」
進路や恋に悩み、夜な夜な「ベスパ」やクルマで集まってくる仲間たち。
さすがアメリカ、高校生が普通にクルマ運転しちゃってます。
確か、ドライブイン・シアターのシーンもあったかと?
映画は全編ビーチボーイズを始めとするオールディーズのヒット曲が流れます「アメリカングラフィティ」のサントラ盤はかなりおすすめです。
海辺のドライブにはベストマッチ!サイコーの気分でドライブできること請け合いです。
私も若かりし頃、レコードからカセットテープにダビングしてクルマでよく聞いてました。
中でも一番のお勧めはの「オール・サマー・ロング(ザ・ビーチ・ボーイズ)」夏の夕暮れにはピッタリです。
そして60年代を飾った往年シボレー、コルベット、サンダーバードといったアメ車のオンパレードがみられます。
個人的にはこの頃のアメ車が一番美しかったと思っています。
ボリューム感たっぷりの威圧感溢れるデザイン。
これぞアメ車!60年代はまさにアメ車の黄金期だったのでしょう。

◆アメリカングラフィティは青春映画の王道を行く!

映画はいい音楽に、いいクルマ、まさしく王道です。
ストーリーは10代の甘酸っぱい思い出に浸れる極めてシンプルな青春映画です。
私がこの映画を見たのは主人公たちとまさしく同じ年頃、真面目にアメリカンハイスクールに憧れ、文化祭でジャパニーズ・グラフィティなる自主映画を製作してしまいました。
残念ながらクルマの登場シーンだけは再現不可能でしたが…。
いい映画は、いい思い出を思い出させてくれますよね。

◆今考えれば豪華な制作メンバー

監督はなんとジョージ・ルーカス。脚本も自ら手掛けています。
そしてプロデューサーはフランシス・フォード・コッポラ。
ご存知の方も多いでしょう、「ゴッドファーザー」や「地獄の黙示録」などで知られるハリウッドの超大物監督です。
主役はリチャードドレイファス、さらに若き日のハリソンフォードが出ていたのも記憶に色濃く残っているところでしょう。
まさに、出世映画だったようです。
補足ですが…
この映画で主役のジョンが乗るフォード・デュース・クーペにはルーカスのデビュー作「THX-1138」をパクって「THX-138」と書かれたナンバープレートが付けられています。
このイースター・エッグは後の『スター・ウォーズ』の中でも見られるそうです。
皆さんも青春を思い出す映画はありますか?
この機会に懐かしの映画をみてみてはいかがでしょうか?
あの時憧れていた車に会えるかもしれませんね。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら