シトロエンC5をモデル別に特徴を解説!故障事例も併せて紹介します

フランス車が好きな方で「シトロエンに乗りたい!」という方は、多いのではないでしょうか。シトロエンは、歴史のあるフランスの自動車メーカーで、フランス大統領の専用車として活躍した時期もありました。シトロエンには、多くのモデルがありどれを選べば良いか分からないという方も多いでしょう。

そこで今回は、シトロエンC5に焦点を当てて解説します。シトロエンC5には、形が異なるモデルが存在するので、モデル別に特徴を徹底解説していきます。また、気になる方も多い輸入車の故障事例も併せて紹介します。

シトロエンC5とは

まずは、シトロエンC5の概要について解説します。

シトロエンC5は、フランスの自動車メーカーのシトロエンが製造販売する中型のファミリーカーです。初代C5は2001年に誕生しました。初代C5のボディ形状は、ハッチバック・ステーションワゴンの2パターンでした。その後、2004年にマイナーチェンジをしフロント周りやリア周りが改装され、2007年まで販売されました。

2代目C5は、2007年10月に販売され2015年で生産終了となりました。しかし、中国では東風シトロエンにより2017年にマイナーチェンジを行い、現在も販売されています。ボディ形状は、4ドアノッチバック及びステーションワゴン(ツアラー)が用意されていました。

C5には、「C5エアクロスSUV」という新しいモデルが2017年に中国で発表され、2019年にシトロエン100周年に合わせて欧州や日本でも販売開始されました。現行でC5のつく車両はエアクロスのみとなっています。シトロエン初のSUVであり、ボディもC3より一回り大きいにも関わらず、操作性が良く人気の車種となっています。

シトロエンC5のモデル別特徴

ここでは、シトロエンC5のモデル別特徴を解説します。

初代シトロエンC5

エンジンは、直列4気筒1,800ccと2,000cc、V型6気筒3,000ccのガソリンエンジン、1,600cc、2,000cc、2,200ccの直噴ディーゼルエンジンが選択可能であったが、日本市場には直列4気筒2,000ccとV型6気筒3,000ccのガソリンエンジンを搭載したモデルのみ販売されました。また、C5は、シトロエン伝統のハイドロニューマティックサスペンションの進化型であるハイドラクティブサスペンションIIIを用い、車高調整は機械式のハイトコレクターではなく電子式センサーにより自動的に行われるものでした。しかし、ブレーキとステアリングの油圧制御はサスペンションとは別系統となり、車のあらゆる動きを1つの油圧系統でコントロールしようという以前の考えから変わることとなりました。

この結果、C5の操縦感覚はストロークのほとんどないブレーキタッチや鋭敏なパワーステアリングに特徴付けられていた従来の車から大きく変わってしまいました。

その後、マイナーチェンジにより、フロント周りやリア周りのデザインが変更され全長が少し延長しました。他にも、照射方向がステアリングに連動する「ディレクショナル・ヘッドライト」が装備され、サイドウインドウは断熱式二重ガラスとされました。

2代目シトロエンC5

エンジンは、2,700ccV型6気筒HDI ディーゼルエンジンが追加されました。セダンが5ドアハッチバックではなくなったこと、センターメーターが通常の位置に戻され、ハイドラクティブではない通常のコイルサスペンション版の車も用意されるなど、シトロエンの中でも比較的保守的な設計となりました。

日本では、従来通り2,000cc直列4気筒(2.0・ツアラー)と、3,000ccV型6気筒(3.0エクスクルーシブ・ツアラー)の4モデルが設定され、日本仕様は全てハイドラクティブサスペンション付きとなりました。その後、1,600ccターボエンジンモデルも追加されました。また、マイナーチェンジを実施し、フロントヘッドライトにLEDポジションランプが追加され、テールライトも変更され見た目がかわりました。

C5エアクロスSUV

エアクロスは、2019年に登場し人気を博し、2022年にマイナーチェンジを行いました。

新型エアクロスのエンジンは、直列4気筒2,000ccディーゼルターボ、直列4気筒1,600cc・2,000ccガソリンターボ、直列4気筒1,600ccターボ+電気モーターのプラグインハイブリッドが設定されており、EVモードでの航続可能距離は60kmとなっています。

サスペンションにおいては、シトロエン伝統の「フライングカーペット(空飛ぶ絨毯)」のような乗り味を提供するものとなっています。

インテリアは、10インチの大型ディスプレイやヒーテッド機能とマッサージ機能に対応した「アドバンスドコンフォートシート」、小型ギアセレクターを採用しドライバーの使い勝手が高められています。ラゲッジスペースは、通常時で580L、後席を収納すると最大1,630L確保できるので実用性が向上されています。

エクステリアも改装され、フロント周りでは前モデルで上下2段であったライトをワンピースに変更、モダンなデザインのグリルにより、エンブレムから連続するデイライトを搭載しています。バンパーは、プラスチック製のクラッディングを減らし、リップにメタリックのアクセントを使用することでスポーティーな印象になっています。リアには、新しいテールランプが採用され、足元には新しいデザインのホイールが装着されリフレッシュされています。

C5の故障事例

輸入車といえば国産車より故障が多いイメージですよね。ここでは、C5の故障事例について解説します。

C5ツアラー ハイドロニューマチックのオイル漏れ

ハイドロサスペンションの故障です。ハイドロサスペンションは、エアサスペンションより構造が複雑なため故障が多いです。オイル漏れは、よく起こる故障で車検が通らなくなるので、修理が必要となります。

C5エアクロス エアコンの故障

エアコンが冷えなくなるという故障があります。エアコンガス漏れやコンプレッサーの不具合など原因は様々ですが、エアコン修理は高額になるケースが多いです。

エンジンオイル漏れ

シトロエンに限ったことではないですが、輸入車は国産車よりエンジンオイル漏れが多いです。エンジンヘッドカバーからのオイル漏れは、よくある故障です。

まとめ

今回は、シトロエンC5について解説しました。シトロエンは、歴史のあるフランスを代表する自動車メーカーです。シトロエンC5は、ボディサイズや排気量、室内装備の充実さや乗り心地…..どれも完成度の高いモデルです。シトロエンの乗り心地は、空飛ぶ絨毯と呼ばれるほど静かで滑らかな印象です。1度体感すると、虜になってしまうかもしれませんね。

現行では、エアクロスのみの販売となっていますが、エアクロスの人気があり、評価や口コミも高くおすすめできる1台です。車は、機械なので故障は必ず起こります。どんな故障が起こるか予想できませんが、しっかり修理をすれば長く乗ることができます。C5は完成度がかなり高いので、きっと満足できますので、1度試乗されてみてはいかがでしょうか。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?