日本が誇る名車 【R32 スカイライン GT-R】の伝説とは?

日産スカイラインGT-R。
「GT-R」と聞くと、そこまで車に詳しくない人でも「日本を代表する最強のスポーツカー」という認識がある人は多いのではないだろうか?

そんなGT-Rの歴史の中でも16年の空白期間から復活を遂げ、新たな伝説のスタートとなった「R32  GT-R」を振り返っていく。

日産 スカイライン GT-Rの歴史


GT-Rは皆さんが周知の通り、日産を代表する超高性能スポーツカー、いや日本を代表する…と言っても過言ではない。

初代誕生から50年の歴史があるGT-R、「日産スカイライン」の中でも自動車レースでの使用、そしてレースに勝つ為に開発された車種、グレードだ。

自動車レースにおける、あらゆるレギュレーションの中で、最大の性能を発揮する専用設計エンジンと、最新の装備が特徴であり、出場したレース全般で数々の輝かしい勝利を上げている。

【初代】前期PGC10型・後期KPGC10型
1969年に初代GT-Rが誕生した。
デビューはベース車両がセダンだった事から4ドアでの誕生となる。おとなしいボディに獰猛なエンジンという意味の「羊の皮を被った狼」のキャッチフレーズが先代プリンス・スカイライン2000GT-Bからそのまま受け継がれた。

翌年1970年にはクーペモデルが誕生し、今でも「ハコスカGT-R」の愛称で人気を誇っている。

【2代目】KPGC110型
1973年から販売開始された2代目のGT-R。
「ケンメリ」の愛称で親しまれた2代目GT-Rは、2ドアハードトップ2000GTをベースに1973年1月から4月の、3ヶ月間のみ「2000GT-R」として販売されていた。
わずか3ヶ月間…総生産台数は197台、うち195台が市販されたこのモデルは「幻のGT-R」とも呼ばれている。

しかし、使用されていたS20型エンジンが昭和48年排ガス規制に適合しなくなった為、レースへ参戦することは無かった。

【3代目】BNR32型
1989年、16年ぶりのGT-R復活!
R32GT-R開発当時、日産社内にて1990年代までに、技術世界一を目指すという、901運動が行われていた。
そして、その技術の集大成として生まれたモデル、車種のひとつが「R32 GT-R」だ。

当時、最強エンジン、2.6リットル直6ツインターボRB26DETTを搭載し、電子制御トルクスプリット4WDシステムATTESA E-TS、電子制御四輪操舵システムSuper HICASなどを装備し、レースに勝つ為に最新デバイスが投入されたモデルだ。

【4代目】BCNR33型
1995年、先代R32に引き続き、RB26DETTエンジンを搭載して「R33 GT-R」がデビューした。

R32に比べ、ボディーが大型化された事により、一部のファンなどからは不満の声がでたモデルではあったが、プロトタイプにてドイツ、ニュルブルクリンクのテストにおいて「7分59秒」というラップタイムを叩き出し、先代のR32より、21秒ものラップタイムを短縮したことで、「マイナス21秒のロマン」という言葉が、セールスコピーに使われた。

【5代目】BNR34型
1999年デビュー、「スカイライン」の名称が付くGT-Rとしては最後の型である。
この「R34 GT-R」も先代のR32、R33同様に、RB26DETTエンジンを搭載している。

先代R33で不評だったボディーサイズを縮減、ホイールベースを55mm、全長では75mmサイズダウンさせた。
記憶に新しいところだと、ワイルドスピードにて主人公のオコナー刑事が乗っていたこともあり、アメリカでも人気のモデルである。

現在では国内にて車両の程度にもよるが、新車価格を大幅に上回る、、2000万円以上などで取引されているモデルとなっている。

その後「スカイライン」の名称が外れ、「日産 GT-R」の名称で現在もR35として伝統を引き継いでいる。

R32 GT-Rの伝説


そんなGT-Rの数々のモデルの中、「R32 GT-R」は、なぜ伝説の始まりとされているのか?

16年の時を経て、復活デビューをしたGT-R、「R32 GT-R」
レースに勝つ為に開発されたこのモデル。
まさにその戦績が物語っている。

それは、遡ること1990年、全日本ツーリングカー選手権のグループAに参戦した「R32 GT-R」は、とてつもない速さで自動車ファン、モータースポーツファンに衝撃を与えた。

当時、国内外のツーリングカーレースにて最強とされていた、フォード・シエラRS500。
なんと!レースの1/4を終えた時点で、フォード・シエラRS500を周回遅れにして「R32 GT-R」はデビューと同時にレースで圧勝した。

そして、その後のレースでも勝ち続け、1990年から1993年の4年間、全日本ツーリング選手権、無敗、29連勝という伝説を成し遂げたのだ!

この当時、チームTAISANの「R32 GT-R」にて参戦していた、ドリキンこと土屋圭市氏は「R32 GT-R」が大好きで、
今までにR32だけで、5台も乗り継いだことがあるそうだ。
youtubeの公式チャンネルなどでも「R32 GT-R」について今でもよく語っている。

レースに勝つ為に開発された最強エンジンRB26DETTの誕生


上記の通り、レースでの敵なしの速さの要因の一つに、最強エンジン「RB26DETT」の存在がある。

日産の開発者達は、まずレースレギュレーションを徹底検証するところから始めました。
その中で出されたひとつの答えが「2568cc」という中途半端な排気量であった。

排気量がクラス分けのベースとなる当時の規程では、ターボ車に対する”調整値”が設けられていたのです。
具体的には、実際の排気量に1.7を掛けた数字を排気量としてみなすというもの。

グループA規定は、排気量枠500cc刻み、使えるタイヤの幅と最低重量に制限が設けられていた。
グループAで勝てるエンジンパワーを600ps+αと想定した日産の開発者達は、必要なタイヤ幅と車両重量を考慮しながら、4500cc以下のクラスが最適だと判断。

2568ccなら、係数1.7を掛けて4366ccにおさまる為、4500cc未満の有利な条件で参戦が可能だったのだ。

その上で目標とされるパワーは、フォード・シエラRS500を上回る「650馬力」
この目標に余裕を持って達成させるべく、開発をされた。

こうして直列6気筒ツインターボエンジンの名機「RB26DETT」は誕生したのだ。

速く走る為の最新デバイスを搭載

圧倒的なエンジンパワーを、いかに効率よく駆動力として路面に伝えるかが「R32 GT-R」のポイントだった。

日産開発者達は、この解決策として駆動力を可変させる、配分式電子制御4WDを考案。
「ATTESA E-TS」正式名称「Advanced Total Traction Engineering System for All  Electronic-Torque Split」と、
名付けられたこの電子制御4WDは、通常はハンドリングに優れたフロント0、リア100のFR駆動配分で走り、リアタイヤが空転した時に、前輪に余分な駆動力を配分し、効率的にトラクションを稼げるとともに、車両挙動の安定化を図った4WD方式である。

この結果、一つのタイヤに対してのパワー伝達が分散され、タイヤにも優しいというメリットも生んでいた。

そしてレースでは使用が断念されたが、「スーパーHICAS」も最新デバイスの一つであった。

正式名称「High Capacity Actively Controlled Suspension」

通常、自動車の操舵は、ステアリング操作によるフロントタイヤのみだが、スーパーHICASは、フロントタイヤの操舵にプラスして、油圧シリンダーにてリアタイヤも操舵を行う機構となっている。

しかし、レースではコーナリング中の横Gが強く、シリンダーが押し戻されしまい使用を断念。
レース車両ではシリンダー位置に金属製のロッドを装着し固定してあったそうだ。

ちなみに、このスーパーHICASに似たような機構として、現在ではポルシェが、『リアアクスルステアリング』として
様々な車種に取り入れている。

R32 スカイライン GT-Rの魅力


R32 GT-Rは前記にもある通り、”レースに勝つ為”に復活し、生まれてきた”超硬派モデル”という事。
そして、それを圧倒的な強さで有言実行した、まさに男らしいクルマであると言える。

600psを生み出す事を想定され開発されたエンジン「RB26DETT」という、R32、R33、R34と、3代に渡って搭載されてきた名機、そしてその圧倒的な「速さ」。全幅1800mm以下のボディーでありながらブリスターフェンダーの様なボディーライン。

不思議とエアロパーツなどが似合わない、むしろ完成されたデザイン!
30年経った今でも、そのストイックで硬派な、圧倒的存在感が魅力のひとつかもしれない。

そんなR32 GT-Rは、現在では高いものでは新車価格を大幅に上回る1000万円オーバーというものも珍しくない。

これは、デビューから30年以上が経過し、伝説のクラシックカーとして価値が見出されたのはもちろんだが、アメリカへの輸出、25年ルール(登録から25年経過車両はクラシックカー扱いとなりアメリカに持ち込みが可能となる)に該当するようになった事も要因のひとつ。

日本が誇る伝説の車「R32 GT-R」がどんどん海外に流出してしまうのは寂しいものだ。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら