ルノーのカングーは性能抜群?グレードや特徴などをご紹介!

「ルノーのカングーについて詳しく知りたい」という人もいるのではないでしょうか。

ルノーはモデルが全部で約30種類もあり、125ヵ国に渡ってグローバル展開しているブランドです。

そんなルノーのモデルの中でも、カングーが注目されています。

この記事では、カングーについてグレードの種類や特徴などをご紹介します。

グレードによって価格や機能性が異なるため、ぜひ参考程度にご覧ください。

そもそもカングーとは?

カングーとは、フランスにある自動車製造会社であるルノーが生産している車種です。

小型フルゴネットや小型MPVに該当します。

1997年から生産され始め、現在3代目のモデルが最新モデルとして販売されています。

現在の3代目モデルは、2021年5月から販売されたもので、まだまだこれから需要が高まることでしょう。

さらにルノーの公式HPによると、現行モデルの販売は終了しており、また新たに新型モデルが導入される予定です。

導入される日程はまだ未定であり、2022年後半に発表または販売されるのではないかと言われています。

カングーのグレードや価格は?

カングーのグレードは、以下の2種類があります。

・ZEN EDC

・ZEN 6MT

グレードによって価格や装備、機能性などが異なります。

価格が安い方が嬉しいかと思いますが、これから長い期間乗るのであれば、安全に運転できるのかにも着目することをおすすめします。

ZEN EDC

「ZEN EDC」は、6速AT搭載で簡単にスムーズな走りが体感できます。

さらに1.2Lターボエンジンが用いられており、パワフルで軽快な走行パフォーマンスも魅力的です。

価格は264万7,000円です。

カラーは、「ジョン アグリュム」・「ブラン ミネラル」・「ブルー エトワール M」・「マロン ショコラ M」・「ノワール メタル M」の5色から選べます。

ブルー エトワール M」・「マロン ショコラ M」・「ノワール メタル M」の3色は、メタリック塗装であるため別途33,000円が必要です。

排気量は1.197Lと、車体のサイズの割には排気量は少なく低燃費です。

ZEN 6MT

「ZEN 6MT」は、6速MTが搭載されており、アクティブな変速ができます。

先ほど記述したZEN EDCとの違いは、主にトランスミッションにあります。

 

他にもZEN EDCにはない以下の装備が備えられています。

・ストップ&スタート機能

・エナジースマートマネジメント

ストップ&スタート機能では、停車中には瞬時にエンジンが止まり、発進時には自動的にエンジンが付く低燃費システムです。

またエナジースマートマネジメントは、ブレーキによる減速エネルギーを再利用するシステムのことを言います。

エンジンの負荷軽減にもつながり、長距離走行にうってつけの機能です。

カラーバリエーションは、先ほど記述したZEN EDCと同じです。

カングーの特徴は?

 カングーの購入を検討している人は、ジャンル別の特徴も知っておくと良いでしょう。

ここでは、デザイン・内装・安全性の3つに分けて、それぞれの特徴をご紹介します。

見た目も大切ですが、安全に運転できるのかも重要ポイントとなります。

デザイン

1997年に販売されてから、車体の形や雰囲気などが大きく変化することなく3代に渡って受け継がれています。

特に現在の3代目モデルは、かわいらしさが感じられる色あせないデザインが特徴的です。

またカラーは自身が選べる色を基調に、黒色がアクセントとなっています。

たくさんの色を使いすぎていない分、シンプルでスマートな印象のデザインになります。

内装

カングーの内装は、見た目は黒色を基調としたデザインであり、主に機能性が重視されています。

後部座席はもちろん、助手席も折り畳むことができ、ゆとりある空間を作り出すことが可能です。

買い物やアウトドアなど、行き先に応じてシートを倒すと良いでしょう。

他にもフロントシートの後ろには、折りたたみ式のテーブルがついていたり、運転席と助手席の間に大きな収納スペースもあります。

スライドドアの内側には、小物などが入れられるポケットもついており、収納性のある車内が特徴的です。

さらにチャイルドミラーがついていたりと、ファミリー向けの車でもあります。

安全性

カングーには、アンチロック・ブレーキシステムや横滑り防止装置などがついています。

これらの機能は、ブレーキを強くかけた場合や横滑りしそうな場合にとても便利です。

特に横滑り防止装置は、事故を未然に防げる機能でもあるため、幅広い年齢層に欠かせない装置です。

他にもエクステンデッドグリップや、ヒルスタートアシストも搭載されています。

エクステンデッドグリップは、積雪路や砂利道などの道の状況が悪いときでも、その道に合わせて走行モードが変更できます。

またヒルスタートアシストは、上り坂で発進する際に2秒間だけブレーキがかかる機能です。

そうすることで、運転手がブレーキからアクセルに踏みかえる際も、車が後ろに下がることなくスムーズに進めます。

カングーを購入するならアクセサリーでカスタムしよう!

カングーはアクセサリーのカタログが充実していることでも注目されています。

例えばタイヤのホイールであれば、ホイールの色やデザインはもちろん、タイヤに使用されているボルトまでカスタム可能です。

さらにルーフに載せるものに合わせて、クロスバーやバスケットタイプなども選べます。

他にもルームミラーやエンブレムという、細かい部分のデザインもカスタムでき、自分好みのカングーに仕上がること間違いなしです。

まとめ

ルノーのカングーは、車内も広々としており街乗りだけではなく、アウトドアにも向いている車であることがわかります。

さらにアクセサリーも充実しているため、自分だけのカングーが手に入ることでしょう。

安全性も抜群であるため、初心者から高齢者までおすすめしたい車です。

車の購入を検討している人は、ぜひルノーのカングーも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?