BMW M1の7つの特徴!歴史あるBMW M1について知ろう

「BMW M1」は約40年前に製造された、BMWが手掛けたスーパーカーです。あまり知られていないかもしれませんが、それはこの車の不運にありました。ここでは「BMW M1」の特徴を7つと、この車の苦難の歴史について、詳しく説明しています。

BMW M1とは

BMWのモータースポーツ部門には、「BMW M」が開発した「M」から始まる、ハイパフォーマンスカーが存在します。5シリーズなら「M5」、6シリーズなら「M6」があります。BMWでは様々な種類のシリーズを輩出してきましたが、「BMW M1」とはどんな車なのでしょうか。ここから、BMWの元祖と言われているBMW M1の特徴や歴史を詳しく紹介します。BMWやモータースポーツが好きな方は、ぜひ読んでください。

BMW初のミッドシップスポーツカー

「BMW M1」は1900年代に、レースで圧倒的な強さを誇っていたポルシェに対抗するために作られました。「BMW M1」は打倒ポルシェを掲げて開発された、BMWとしては初のミッドシップスポーツカーです。レースに精通した人たちによるスポーツカーのチームを作り、組み立てから走行テストまでを一貫して行ってきました。その結果、24時間の耐久レースから始まり、F1に至るまで様々なモーターレースで、技術力の高さを発揮するようになりました。

総生産数477台

「BMW M1」は1978年に誕生し、生産が終了したのが1982年です。実質4年ほどしか生産されず、総生産台数も460台ほどと、とても貴重なスーパーカーとなっています。数あるスーパーカーの中でも、希少性が高いことも魅力のひとつです。BMWマニアだけでなく、スーパーカーマニアにまで人気の高い1台となっています。

BMW M1の7つの特徴

「BMW M1」とはどんな車なのか、概要としてご説明しましたがいかがでしたか。生産台数も少なく、「M」シリーズの初期モデルのため見たことがない人も多いのではないでしょうか。ここからは「BMW M1」の特徴をもう少し細かく見ていきます。「BMW M1」にはどんな特徴があるのかを7つ取り上げたので、ご覧ください。

特徴1:イタルデザイン・ジウジアーロがデザイン

「BMW M1」はイタリアに本社を置く、イタルデザイン・ジウジアーロがデザインを手掛けました。イタルデザイン・ジウジアーロは自動車のデザインを専門に行っている会社です。ランボルギーニ・カラやマセラティ・ブーメランなどの名車をデザインしたのもイタルデザイン・ジウジアーロです。「BMW M1」の洗練されたデザインは、今でもファンを魅了しています。

特徴2:M88型3453cc直列6気筒DOHCエンジン搭載

現在のBMWには、直列6気筒やV型8気筒のエンジンが使用されています。一方で「BMW M1」に搭載されたエンジンは、M88型3,453ccの直列6気筒DOHCエンジンです。「M1」にはもっと大排気量のエンジンを搭載する予定でしたが、オイルショックの影響を受け、M88型3,453ccの直列6気筒DOHCエンジンが採用されました。

特徴3:ドライサンプ仕様

当初の予定とは違った「M88型の3,453cc直列6気筒DOHC」を搭載したことで、「BMW M1」はホイールベースを延長しなければならなくなりました。そこで、潤滑系統にはドライサンプ仕様が採用されました。低重心のスポーツカーにするために、ドライサンプ仕様にすることでエンジンの搭載位置を大幅に下げることに成功します。レースのために作られた車だからこそ、安定したハンドル操作を実現するためにも低重心にする必要があったようです。

特徴4:バランスの良いエクステリア


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら