カイエンとマカンはどう違う?6つの違いと選ぶポイントを解説!

ポルシェからカイエンとマカンというSUV車が発売されています。どちらも近ごろ人気のタイプの車種です。憧れのポルシェが馴染みやすいSUVで手に入ると注目されています。今回はカイエンとマカンの違いと、どちらを選べばよいのかポイントを紹介します。

ポルシェカイエンとは

ポルシェといえば、高級車の代名詞として有名です。車好きのかたならば、一度はオーナーになってみたいと憧れることでしょう。カイエンは、ポルシェ初のスポーツ・ユーティリティー・ビークル(SUV)として誕生しました。ポルシェにはめずらしく5ドア車です。昨今のSUV人気の高まりから、ポルシェでもSUVやセダンを販売するようになりました。

ポルシェマカンとは

ポルシェは、スピード性能やスタイリッシュなデザインに特化した車を多く世に出してきました。そのポルシェから新たに加わったラインナップのSUVは、流行もあり多くの支持を得ました。初代SUVのカイエンの発売後、より汎用性のあるサイズで価格帯を抑えたマカンシリーズが登場します。従来のポルシェの車と比較すれば、手の届きやすい車としてマカンも人気車種となりました。

カイエンとマカンの違い6つ

カイエンもマカンも、ポルシェではめずらしいSUVタイプの車です。一見すると、どちらもよく似ていて、並んでいれば見分けがつくでしょうが個別にみたときの区別は少し難しいようです。では、具体的な違いはどのような点なのか、その違いを6つあげていきます。

カイエンとマカンの違い1:グレード構成

同じモデルでもグレードがいくつかあるのが車全般の特徴でもあります。それぞれ搭載エンジンやハイブリッドか否かによって、パワーや価格に差が出てきます。カイエンにはベースグレードに加えて、「S」「Eハイブリッド」「ターボ」「ターボS Eハイブリッド」とグレードの展開も幅広く揃っています。マカンはベースグレードに加えて、「S」「GTS」「ターボ」となっています。似ているモデルでも、グレードが違うこともあるため、車を購入するときにはチェックしてください。

カイエンとマカンの違い2:エンジン性能

ポルシェは、スポーツカーの代表車ともいえ、早く走ることに特化した車を販売していました。その流れを汲みながら、街なかを走るファミリーカーとして登場したのが、カイエンとマカンシリーズです。ベースモデルを比較すると、カイエンは最高速度は245km/hで、排気量は約3,000ccとなっており、マカンはV型6気筒ターボ・ツインターボ搭載で、最高速度は最高速度は227km/hで、排気量は約2,000ccとなっています。

カイエンとマカンの違い3:サイズ

カイエンとマカンがポルシェ初のSUV車で、街なかの走行に合わせたモデルとはいえ、国産のSUV車より少し大きめのサイズとなっています。カイエンは全長4,920mm全幅1,985mmで、小さめとはいえマカンでも全長4,695mm全幅1,925mmと、国産の大型SUV車より大きめの設計となっています。

カイエンとマカンの違い4:居住空間

車における「居住空間」とは、車内での人が乗るスペースのことを指します。セダンタイプの車であれば、他にエンジンルーム・荷物空間が独立しています。ドライバーや同乗者の快適性を考慮した設計です。カイエンに比べると、マカンの後部座席には若干の窮屈感があります。

カイエンとマカンの違い5:ラゲッジルーム

ラゲッジルームとは、トランクのことです。カイエン・マカンともに、以前のポルシェ・ラインナップに比べると、荷物が積めるようになりました。最近のカタログや情報誌・CMなどでは、ラゲッジルームと紹介されることが多いトランクですが、両者に明確な違いはありません。マカンとカイエンには200L以上の容量の差があるので、多く荷物を積む場合はカイエンが適していると言えます。

カイエンとマカンの違い6:内装

ポルシェは外観の高級感も魅力ですが、内装も本革などが使われていてラグジュアリーな点でクルマ好きに人気があります。カイエン・マカンともにSUVシリーズといっても、レザー仕上げのスポーツシートを採用していて、他のSUVシリーズとは一線を画しています。ポルシェの標準装備カラーはシックですが、オプションが充実していて、ホイールやカラーの選択肢が多く、カスタムの楽しみもあります。

カイエンとマカンの選ぶポイント5つ

ここまでカイエンとマカンの違いを紹介してきました。ここからはカイエン、マカンを選ぶ際のポイントを紹介します。いくつか注意すべき点をあげているので、購入を検討されている方、どちらにしようか悩んでいる方は、参考にしてみてください。

カイエンとマカンの選ぶポイント1:街乗りの多さ

街で車に乗ることが多いか、狭い道が多い都心部で運転することが多いかによって、選ぶというのも一つのポイントです運転に自信のない方、都心部に住んでいる方は、サイズのコンパクトなマカンをおすすめします。

カイエンとマカンの選ぶポイント2:予算

憧れのポルシェに乗りたいけれど諦めていた人に向けてSUVとして販売されたのが、カイエンとマカンです。そうはいっても「ポルシェ」ですから、グレードによっては1000万円オーバーになってしまう車種もあります。カイエンベースグレード約1,000万円、Eハイブリッド約1,200万円、カイエンS約1,300万円、ターボ約1,900万円とお高めの設定です。マカンはベースグレード約700万円、Sクラス約800万円と多少価格が抑えられています。予算に合わせて選びましょう。

カイエンとマカンの選ぶポイント3:用途

車のオーナーになるということは、それぞれに目的や用途があります。昨今では車離れということも言われていますが、やはり車は便利であり、またステータスであるという印象を持つ人もいるのではないでしょうか。普段の買い物が主な用途なのか、休日にレジャーに出かけるのが主な用途なのかによって車選びは変わります。例えば、カイエンは多くの荷物が積め、後部座席も広いため家族や大人数でのレジャーに活躍してくれることでしょう。一方マカンは、カイエンに比べて日常使いに適していると言えます。

カイエンとマカンの選ぶポイント4:乗車人数

今回紹介しているカイマンとマカンは室内空間の広さに違いがあるので、選ぶ際には乗車人数を考慮しましょう。例えば、大人数で乗ることが多く想定される場合はカイエン、基本的に2人で乗車することが多い場合はマカン、といった選び方がおすすめです。

カイエンとマカンの選ぶポイント5:駐車スペースの広さ

一般的に、国産車よりも外国車の方が大きいとされています。車を購入する際には必ず自宅の駐車スペースと相談しましょう。特に大型SUVであるカイエンは、注意が必要です。サイズの項目でも紹介しましたが、国産の大型SUVと比べてもサイズは大きくなっています。よく使う施設や勤務先の駐車スペース、自宅付近の狭い道路も、通行可能かどうか調べておくとよいでしょう。

カイエンとマカンの違いを理解して自分にあった方を選ぼう

ポルシェのSUV車、カイエンとマカンを比べてみました。マカンがカイエンより一回り小さいことと、若干価格が抑えられているという点に違いがありました。ポルシェに乗ってみたいけど、普段使いができないからとためらっている方には、カイエンとマカンは魅力的でしょう。ぜひ自分のライフスタイルにあった車種を選んでみましょう。

クルマの相談所で聞いてみよう

少し古いカイエンかマカンが中古車のフリマアプリに出品されていたので、購入を検討しています。ただコロナが怖くて現車確認に行けず、自分なりに調べてみたのですが、どっちが自分に合っているのか分かりません。 もし現在乗っている方、乗っていた方、販売されている方がいたら、それぞれ良かった点や悪かった点などを教えてもらいたいです。 よろしくお願いします。

https://www.ancar.jp/question/forum/86/

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』