アウディのシリーズごとの違いとは?アウディの車種別燃費ランキングも紹介!

ドイツの高級車メーカーである『アウディ』。

『シルバーフォーリングス』と呼ばれる4つの輪で表されたエンブレムが象徴的です。

独自のフルタイム4WDを開発し、高級車メーカーとして有名になったアウディですが、数字やアルファベットの意味がわからず、モデルごとの違いもわかづらいもの。

そこで、モデルの違いや数字の意味について解説していきます。

アウディの歴史

アウディの始まりは1909年。

創業者であるアウグスト・ホルヒ氏は、メルセデス・ベンツで工場長を務めたのち、1909年に独立。

創業当時『ホルヒ』という社名だったものを、1910年に『アウディ』に変更しました。

1964年にはフォルクスワーゲンの傘下に置かれ、1967年、ヤナセがアウディの輸入販売を開始。

1998年からは日本国内で、アウディ製品の輸入卸業務を開始しました。

アウディのモデルの違いとは

アウディには、様々なモデルがあります。

アルファベットのあとの数字は、1~8まであり、数字が大きくなるにつれてボディサイズはもちろん、エンジンサイズも大きくなります。

よって、Aクラスであれば、数字が大きくなることに比例して価格も高くなるのです。

そこで、モデルの種類と意味について紹介していきます。

A

最もベーシックなモデルであるAシリーズ。

Aは、『Attractive(魅力的)』の頭文字からきており、「世界で最も魅力的なヨーロッパ車」という意味があります。

S

Aモデルをベースに、Aよりもハイパフォーマンス・スポーツモデルとして作られたSモデルは、『Sport(スポーツ)』の頭文字からきています。

Sモデルの場合、ハイパフォーマンスであり、ラグジュアリー感を失わないように製造されています。

RS

アウディの中でも最高峰スポーツモデルであるRSモデル。

前記したSモデルよりも走行性能が高いのが特徴。

RSは、『Racing Sport(レーシングスポーツ)』からきています。

RSモデルは、ハイパフォーマンスを追求するために、完全に走行性能を重視して製造されています。

Q

アウディが独自開発した「画期的なフルタイム4WDシステム」として登場した『Quattro』。

そのQuattroを導入したSUVシリーズがQモデルになります。

実は、フルタイム4WDを乗用車に導入したのはアウディが初。

路面状況に応じて4輪に駆動力分配を変化させることで、ハイパフォーマンスを実現しました。

そこでオーバーステアやアンダーステアなどの打ち消しと同時に、安定したハンドリングなどを発揮させます。

「より速く安定した走行ができる」ことを重要視して作られたQuattro。

一般的なフルタイム4WDとは一味違います。

TT

コンパクト・ハイスポーツモデルであるTT。

イギリスのマン島でおこなわれている『Tourist Trophy Race(TTレース)』で好成績を残したスポーツカーが由来となっています。

フォルクスワーゲンのゴルフをベースとして作られています。

R

Rモデルは、クーペ型スポーツカーです。

ランボルギーニのガヤルド・ウラカンとは、メインフレームやエンジンブロックなどのベース部品を共有していることで、事実上の兄弟車になります。

R8は、ほとんどが熟練工によって手作業で製造されているので1日20台の生産ペース。

そのため、価格帯も3,076万円~と高額になっています。

e-tron

アウディ初の電気自動車であるe-tron。

現在は、Q4・RSにも設定されています。

Ancar Channelにて、e-tronについての記事もありますので、ご覧ください。

アウディTT 生産終了!期待の新型の電気自動車「e-tron」についても詳しく解説

アウディの燃費ランキングを紹介!

ここでは、アウディの燃費が良い車をランキングにして紹介します。

アウディ車の購入を考えている人は、こちらのランキングを参考にしてみてはどうでしょうか。

5位アウディ S3 スポーツバック

4位アウディ A3 スポーツバック

3位アウディ A4アバント

2位アウディ A3スポーツバック

1位アウディ A3セダン

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?