【Mobi Lab.】クルマの未来と生活を創出する社会実験場とは

今回取材に行ったのは神奈川県横浜市金沢区。無数のヨットを見渡せるマリーナの隣にある500坪の倉庫だ。現在絶賛準備中のMobi Lab.完成予定地にはまだDIYの机とノートPCが一台。そしてCarstay代表の宮下さんが作るキャンピングカーが一台あるだけだ。しかしそこは多くの可能性と車を中心とした暮らしの未来が詰まっていた。

横浜市金沢区の倉庫を活用したMobi Lab.

Mobi Lab.は以下の3つの組織が手を取り合って運営する全く新しい試みである。金沢区で40年間、工業用ファスナーの専門商社として地域に根付いてきたヨコハマ機工がこの造船場として扱われていた倉庫を用意し、キャンピングカーと車中泊のシェアサービスのプラットフォームを運営するCarstayがこの空間とノウハウを活かしてプロデュースする。そしてヨコハマ機工と同じく金沢区で「ものづくり」のワークショップを開催するAozoraFactoryがコミュニティの力を強めていく。

場所は金沢区鳥浜駅から徒歩5分。すぐ近くには三井アウトレットパーク横浜ベイサイドや横浜ベイサイドマリーナがあり、平日でも多くの人が行き来するホットなスポットだ。駅からアウトレットに向かう道沿いにMobi Lab.があり、駐車場へ入る道でもあるため金沢区近隣の人や週末に買い物に来る人にとって馴染み深い場所となるだろう。

未来の「旅・仕事・暮らし」を共創・体験

現在は3つの組織が運営しているMobi Lab.だが、さらに多くの個人・企業が参加して未来の「旅・仕事・暮らし」を共創する者たちが集う場所となる。例えばCarstayは先述の代表・宮下さんが作成するキャンピングカーを「トレーラーオフィス」として動くオフィスとして設置する。もちろんそれだけではなく、今後は車と我々が関わる様々なコンテンツが集まることになる。Carstayはこれまでにも2020年7月豪雨で被災した熊本県で働く医療機関にキャンピングカーを無償で貸し出すなどして車と「旅・仕事・暮らし」を創造してきた。

車×ものづくり

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら