安全に休日ドライブを楽しむためのマナー講座

夏休み期間、子供とドライブや観光地へ行く機会も多くなるこの季節、車を運転する機会もたくさんあります。久しぶりに運転すると標識の理解度が曖昧で意図しない危険な行動を取ってしまうことが多いのではないでしょうか。長期間運転していないと運転する感覚が戻ってくるまで時間がかかります。また、最近ではあおり運転が問題となっていて確率は低くても被害者になる危険性があります。大切な休日を楽しいまま終わらせる為にも旅行へ行く前に安全運転を心がけていくことが大切です。

休日に増加する危険運転

車を日頃から使用する生活をしていると危険な運転する車に遭遇することが多々あります。特に休日になると挙動不審な車が増え、血の気が引く思いをすることが多くなります。なぜ危険運転は消えないのか。休日になると危険な目に遭いやすいのでしょうか。

なぜ休暇中に危険運転する車が増えるのか?

原因は普段から運転していない不慣れな人が公道に出てくるからだと考えます。普段から運転をしないと運転技術も鈍り意図しない危険運転を犯す可能性が上がります。もちろん車は運転しなければ上達しませんし、勉強した道路交通法も活かさなければ記憶の片隅へ追いやられていきます。公道で久しぶりに運転するのであれば安全運転を心がける必要性があるでしょう。

教習所卒業の難易度低下にあり?

原因は免許取得制度にあるのではと考えます。免許は国家資格であり、もう少し厳しいものであってもおかしくないです。しかし現状はお金を払えば免許取得できるほど簡単であると言われております。もちろん教習所を卒業するのであればある程度の運転技術や知識は必要です。しかし卒業するのに求められる運転の技量はそれほど高くなく、同乗していて死を覚悟するようなレベルの運転技術の方ですら合格できます。

免許センターの闇校問題もあります。免許センターの近くには闇校と呼ばれる学校があり、事前に免許取得試験に出る問題を教えてくれる学校があります。この学校は免許を確実に取るために利用する人が多くいます。もちろん試験自体は普通に勉強すれば合格できますが事前に答えを知っていれば比較的簡単に免許を取れてしまいます。事前に勉強したものは短期記憶として脳に保存されます。試験後は長期記憶として覚えているのは少ないと考えます。また事前にテスト問題を学ぶことができても出題される問題は必要な知識の一部です。運転するのに必要な知識があまりないまま公道を走るのは危険ですし他人に迷惑がかかります。車で公道を走行する時に必要な知識は多いと言ってきましたが実際に気をつけるべきことは数えられるほどです。重要なルールを頭の片隅に置いておくことでトラブルを少なくできるのではと考えます。

守るべき基本的なマナー

守るべき法律はかなり多く全てを考えながら運転するのは大変ですが守らなければなりません。しかし基本的なマナーとして日頃から気をつけていれば安全運転も簡単にできるのではと思います。今回は運転していて見かける危険運転から守るべきマナーを考えていきたいと思います。

ウィンカーを出さずに曲がる

ウィンカーはドライバーの動きを予知するのに必要な合図であり必要不可欠です。このウィンカーを出さずに曲がるのは法律違反です。しかし、実際に公道へ出てみるとウィンカーを出さずに曲がる車は多く、危険な思いをすることも少なくないです。出さない理由としては「先読みされるのがかっこ悪い」や「ウィンカーの消費を抑えて省エネを意識しているなど」様々あります。筆者からすればこの理由は理解できません。戦車ですらウィンカーを出すのに対してウィンカーを出さない一般車両は動きが予測できず危険です。

イエローカット

イエローカットをしてしまうと違反になりますが、意外とカットしている人を見かけます。追い越し禁止の黄色いセンターラインを跨いでしまうと違反となります。日頃からむやみな追い越しはせず、安全を心がけていれば防ぐことができます。また右折専用レーンなどに入り忘れて、無理やり移動して黄色いセンターラインを跨いでしまう人が多いので注意が必要です。万が一捕まって時間を取られてしまうより少し遠回りして予定の道へ戻れば時間がかかりません。

一時不停止

一時不停止は結構やりがちな人も多いのではないでしょうか。一時停止と書かれた標識のある交差点では一時的に停まる必要があります。この標識がある場所は理由があってこの標識が置かれているので、そのまま飛び出してしまうと危険です。私の身近で最近一時不停止の車に巻き込まれて亡くなった方がいるので他人事ではありません。明日は我が身、もしものことをしっかり考えて一時停止の標識が見えたらしっかり止まって左右を確認してから進みましょう。

発生しやすい事故の傾向から事故を防ぐ

人の行動はそれぞれ個性があり違った生活を送っています。しかし、人が起こす事故には似た傾向があり、高い確率でこの事故に遭うことが考えられます。そんな傾向を知識として知っていれば未然に事故を防げるのではないかと思います。

追突事故

もっとも起こりやすい事故のパターンとして多いのは前方不注意による追突事故です。追突事故はもっとも起こりやすい事故です。信号が赤に変わったことに気づかず、そのまま追突してしまうパターンが多いようです。しかし通常、車の運転は前を向いて行うものです。前方不注意が予期せぬ事故を招きます。それ以外にも速度超過により停止できなく衝突してしまうことが考えられます。速度を抑え、自動車に乗るときは様々なことに気を配りながら運転しましょう。

出会い頭事故

出会い頭の事故の中で起こりやすい場所は信号が無く見通しの悪い交差点です。見通しの悪い交差点を走行する際は注意が必要ですが慣れと共に注意力は低下していきます。出会い頭の事故は片方の運転手が注意して運転していれば防げることともあります。しかし、譲り合いの精神でお互い相手を思いやりながら運転すれば事故を未然に防げるのではと思います。

右左折時衝突事故

右左折時衝突事故は運転手の不注意によって起こります。この事故には右折時に車やバイクと衝突することや、左折時に歩行者と接触する事故が含まれます。右左折はただ曲がるだけと思われがちですが実際は複雑です。曲がるだけでは無く対向車の速度や距離、タイミングを考えながら右折します。高齢化すると距離感や曲がるタイミングが掴みにくくなるので高齢の方は焦らず曲がりましょう。また右折した際も横断歩道に人がいる可能性もあります。左折時は車のピラーに被ってしまい気付かず轢いてしまう可能性もあります。

穏やかに運転しよう!

運転は人の感情が反映されやすく、たとえ普段穏やかな人でも機嫌が悪いときは運転が荒くなります。自分にとって普通の運転だと思っていても実際は違っていることが多く、同乗者からの評価がなければ自分の運転の上手い下手はわかりません。自分の運転が荒いかなんて自分では客観的評価はできませんが運転を改善する方法があります。

それはかもしれない運転を心掛けることです。人が出て来るかもしれない。前の車が急に止まるかもしれない。様々なかもしれない運転を考えながらもしもの時に回避できるような運転を心掛けることがもっとも大切だと思います。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション