高級ドイツ車の2大巨頭 メルセデス・ベンツとBMW 特徴比較とおすすめ車

コンパクトカー部門

1シリーズと2シリーズの中間にCLA

メルセデス・ベンツはAクラスとCLA、Bクラス、BMWからは1シリーズと2シリーズです。

メルセデス・ベンツのAクラスとBクラスは1.6リッターまたは2リッターのターボエンジンを搭載したFFコンパクト実用ハッチバックで、CLAは同じエンジンのFR4ドアスポーツクーペ。

かたやBMW1シリーズは1.6リッターか3リッターのターボを搭載したFR5ドアスポーツハッチバックで、2シリーズは2リッターか3リッターのターボを搭載したFR2ドアスポーツクーペ。
1シリーズと2シリーズの中間にCLAがあるような感じで、この3台の性格は似ていますね。

 

2シリーズアクティブツアラーがAクラス、Bクラス相当

さらにBMWの2シリーズには「アクティブツアラー」と呼ばれるFF実用ハッチバックと、「グランツアラー」と呼ばれるFFミニバンがあります。
両者とも1.5リッターか2リッターのターボを積んでいるので、メルセデス・ベンツのAクラス、Bクラスにはこちらが近くなります。

BMWの2シリーズグランツアラーは、メルセデス・ベンツがこのクラスで持たない7人乗りミニバンなのでライバル不在という優位性があります。
2ドアクーペもメルセデス・ベンツには無いので、このカテゴリーではどうやらBMWの方が選択肢の多さという意味で軍配が上がりそうです。

 

小型セダン/クーペ/ステーションワゴン部門

両社ともベーシック・モデル

メルセデス・ベンツはCクラス、BMWからはセダンとワゴンが3シリーズ、クーペが4シリーズです。

どちらも両ブランドのエントリーモデルから一歩進んだ「ベーシックモデル」として昔から存在するモデル(4シリーズは3シリーズクーペを改名したものです)ですが、BMWが3シリーズにMTモデルをラインナップするなど、旧来からの「走りのBMW」を引き継いでいる一方、メルセデス・ベンツは一切MTを設定しない潔さ。
この両者の違いは客層の違いとも言えそうです。

ハイブリッドの設定はBMWのみ

両者ともセダンにはクリーンディーゼルの設定がある一方で、ハイブリッドの設定があるのはBMWの3シリーズのみで、BMWの想定する顧客の多様さと、メルセデス・ベンツの想定する保守的なそれとの違いが際立つ結果となりました。

確かにBMWの方が選択肢は多いのですが、メルセデス・ベンツの顧客が求める要素では無いので、お互いに好きなブランドを求めるのが一番でしょうか。

 

ミドルサイズセダン/クーペ/ステーションワゴン部門

メルセデス・ベンツはEクラス、BMWは5シリーズ(セダン)と6シリーズ(クーペ)です。

BMWは長らく6シリーズのようなラグジュアリー・クーペを中断していたので、現行6シリーズで復活させた形ですが、Eクラスのクーペは「CLK」の名で長く続いてきたモデルです。

BMWの方がスポーツドライビング・カーとしてのイメージがあるとはいえ、このクラスのメルセデス・ベンツも決して運転手つきのショーファードリブンというわけではなく、重厚なボディをハイパワーエンジンで駆動するスポーティなセダン/クーペ/ステーションワゴンという意味で、このジャンルにおいては全く互角と言えるでしょう。

 

アッパーサイズセダン/クーペ/部門

あくまでスポーツセダンのBMW

メルセデス・ベンツはSクラス、BMWは7クラスとなりますが、このカテゴリーについては両社のスタンスが全く異なります。

BMWがリムジンサイズもある大型ボディでありながら、あくまでドライバーズカーとしてスポーツセダンであるのに対し、メルセデス・ベンツは運転手付きショーファードリブン・カーであるSクラスセダンと、ドライバーズカーであるSlやCLS、Sクラスクーペといった大型2ドアクーペ、あるいはオープンカーを作りわけてきました。
それは今でも変わりがありません。

メルセデス・ベンツには大型クーペがある

BMWは不遇のスーパーカー「M1」や失敗作の大型クーペ「8シリーズ」以降、このジャンルはスポーツセダン一本に絞っており、多彩なラインナップを誇るメルセデス・ベンツへ対抗するモデルは未だに登場していません。

結果として、スーパーカー並の大型ラグジュアリークーペや、ショーファードリブン・カーが欲しければメルセデス・ベンツに軍配が上がります。
ある意味、このジャンルについてはBMWの弱点と言いますか、意外に力を入れていない部分かもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?今回はあえてSUVやスーパーカーまで対象を広げませんでしたが、BMWがコンパクトカーのジャンルでも走りに振ったモデルを設定していたり、逆にラグジュアリーな大型クーペはメルセデス・ベンツの独壇場であったりと、両社のスタンスの違いが見て取れたと思います。

驚くことに現在では両社ともFFのコンパクトカーやミニバンを設定しており、かつてのように高級車一本槍では無くフルラインナップメーカーを目指しているかのような動きをしておりますが、これからも両社からあっと驚くような車が出るかもしれませんね。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら