ドライビングポジションの合わせ方

車で遠出をする方も増えるこの時期ですので、車で長距離移動をする時に安全性を高め、疲れを低減させるコツについて、今回はお話しようと思います。

ズバリそのポイントとなるのが「シートポジション」です。

皆さんは、車に乗り込む時に、どの程度シートポジションを気にしていますか?

恐らく、「ペダルに足が届いて、ハンドルがなんとなく握れれば良いかな」程度にしか気にしていない方も少なくないのでは無いでしょうか?

でもこのシートポジションこそが、運転のしやすさはもとより、操作の正確性、長距離移動後の疲れ、腰痛への影響…などなど、様々な要素と密接に関係していると知ったら、少し気にしてみたくなるのではないかと思います。

シートポジションは通常のスポーツで言うところのフォームを決めるものであると考えれば、その重要性は理解しやすいかもしれません。

では順番に見ていきましょう。

キーワードは「シートポジション」

シートに深く座る

シート一をあわせる上で一番大切なのは、しっかりとシートに腰を押し付け、深く座ることです。

この状態からひとつづつポジションを決めていきます。

シートの高さ調整

車種によって、調整ができるものとそうでないものがありますが、調整できる場合はまず高さを調整しましょう。

運転において、視界は非常に重要ですが、シート高の調整はこの視界に大きく影響します。

コーナーで体を振られてしまう慣性を最小限にするために着座位置は低いほうが良いですが、視界は悪くなります。

逆に着座位置は高いほうが視界は良くなりますが、高過ぎると状態が振られすぎてしまうので、乗る車の視界と相談して、ちょうど良い高さを見つけて下さい。

前後位置

次にシートの前後位置を決めましょう。

これは主に、ペダルの踏みやすさに影響します。

目安は、ブレーキペダルを全力で踏み込んだ時に膝が伸びきらない程度の前後位置です。

前後位置が近すぎると正確な操作がしにくいですし、遠すぎるといざ急ブレーキを踏もうとした時にモモの裏がシート表面に当たって身体を持ち上げてしまい、急ブレーキ時に身体が不安定な状態になってしまって危険です。

シートバックの調整

次に行うのがシートバック(背もたれ)の角度調整です。

これは主に、ハンドルと腕の位置関係を調整します。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら