【試乗比較】BMWとアルピナの違いとは? ボディからスペック、走りの違いまで

BMWとアルピナ。パッと見て違いが分かる人もいれば、わからない人もいると思います。僕も生まれて初めてアルピナを見たときにはただのBMWのカスタムカーだと思いました。

しかし、アルピナはただカスタムされたBMWというわけではないのです。むしろその逆で、全くの別物なのです。

今回はBMW Japanマーケティングでも仕事をさせていただいた私が、先日(比較対象である)BMWのM5とアルピナのB5を同時に試乗することに成功いたしましたのでその違いのすべてを、特に走りの面にフォーカスしてお話ししたいと思います。

アルピナとは

①BMWの公式、公認チューナーである

アルピナはBMWの公認チューナーなので、通常に購入すればBMW正規保証も受けられます。生産の工程としては、BMWの工場で生産されたボディがアルピナの工場に入り、アルピナ独自のパーツにて補給を受け、BMWのエンジンをベースにエンジンのチューニング等が施され、アルピナ独自のモデルとなって生まれ変わり、販売されます。エクステリアのBMWロゴはそのままで、BMWの正規保証も受けられますが、全くの別物、ということです。ちなみに、ステアリング・ホイールにはアルピナのロゴか付けられています。

②BMWとは全く異なったブランド哲学

BMWの正規チューナーであり、『世界全体』での年間生産台数は毎年およそ2,000台以下。その希少車ぶりはアルピナが手作業にこだわり、品質にこだわっているからこその限定台数であり、コアなファンを魅了する車であることは間違ありません。そんなアルピナは、『感動の極み、アルピナ』というスローガンを掲げ、『最高のもの』を提供するというブランド哲学でこれまでに販売を続けてきました。BMWの『駆け抜ける歓び』とはまた違った、落ち着いたエレガンスな印象を私は受けました。

③その他のアルピナに関する情報

その他企業の歴史やデザインハイライト等はこちらの記事にございますので是非ご覧いただければと思います。

試乗車ハイライト

それでは、今回試乗しましたBMW M5とアルピナ B5についてご紹介していきましょう。

比較できるようにうまく写真が撮れなかったので、公式HPより試乗車と同じカラーのものを引用させていただき、試乗車の紹介をしていきます。

ボディデザインはスポーティVSラグジュアリー?

まずはBMW M5。

参照元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m5-sedan/2017/bmw-m5-at-a-glance.html

参照元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m5-sedan/2017/bmw-m5-at-a-glance.html

そして、アルピナ B5。

参照元:https://alpina.co.jp/models/b5-biturbo/images-videos/

参照元:https://alpina.co.jp/models/b5-biturbo/images-videos/

いかがでしょうか。エクステリアデザインは基本的にバンパー回り、アルピナ伝統の20本スポークホイール、それにこちらの写真ではわからないですがサイドラインが入りまして、『アルピナらしい』デザインですね。それでもほとんど同じに見えてしまう方がいらっしゃってもおかしくはないと思います。個人的な見解では、BMW M5は大経口エア・インテークやリアバンパー、ホイール等の形状からよりスポーティに、アルピナ B5は逆にフロントバンパーの形状やホイールのマルチスポーク感、各所にクロームメッキを使用している点からかなりラグジュアリーに感じます。

しかしアルピナに関してはラグジュアリーな見た目とは裏腹に、少々攻撃的な4本だしマフラーが秘めたるパワーを予感させてくれるとも思いました。

スペック比較 パワーはアルピナのほうが上?

そして気になるスペック比較をしてみました。

M5の方が車重で60㎏も軽くて低回転域(1,800rpm)からのトルクがあり、加速も早いということが分かった一方、B5の方が車重が重いですが馬力があり、トルクは3,000回転から最大81.6kgmを発揮するというM5より5kgmも高いということが分かりました。

そして、アルピナ B5はちなみにM5ではなくノーマルのBMW 5シリーズ(ラグジュアリー)のボディがベースとなっています。その少し控えめなボディにM5同じ排気量の4.4LV型8気筒のエンジンを積んでいます。数字だけで見れば同じエンジンのようですがもちろん全く同じものではなく、アルピナチューンが施されたBMW製4.4L V型8気筒エンジンです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら