マクラーレンはF1レーシングチームで有名だが販売車種も超一流

マクラーレン

『マクラーレン』と聞くとF1レースを思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。

世界3大レースにも長い歴史があり、マクラーレンはスーパーカーエンジンの開発を進め、より走行性の高いエンジンを求めて努力しています。

そして、マクラーレンに所属する選手たちは、F1に参戦し活躍します。

今さら聞けないF1とはどのような意味で、マクラーレンはどんなレースに参戦して、代表的なスーパースポーツカーはどのような車種があるのか、説明していきます。

気になる自動車税についても紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

今さら聞けないF1の意味とは

「フォーミュラカーレースの1」をF1といいます。

フォーミュラカーが出場するレースは車両によりF1・F2・F3・F4・SFJと分かれています。

世界選手権として世界中でシリーズレースを行い、国や地域のレースを勝ち抜きレベルアップしてF1シート権を狙います。

フォーミュラカーとは車の後方に大きいウイングがあり、大きいむき出しのタイヤで運転席だけの車をいいます。

世界3大レース

モナコGP

世界三大レース「インディ500」「ル・マン24時間レース」「モナコGP」が伝統のレースです。

レース名は大変有名ですが、いつごろから開催している競技なのか見ていきましょう。

インディ500とは

1911年、第1回大会をアメリカ・インディアナ州ポリス近郊のスピードウェイで開催したのが始まりです。

1周2.5マイルを200周走行で500マイルなのでインディ500といいます。

ル・マン24時間耐久レースとは

1923年に初回開催しました。

フランスのマン近郊で行われる24時間での周回数を競います。

出場できるチームは、主催者の西部自動車クラブ(ACO)が選考します。

モナコGPとは

1929年に第1回大会が開催。

モナコ公国のモンテカルロ市街地で競技するF1世界選手権です。

それでは、マクラーレンはいつごろからF1で活躍するようになったのでしょうか。

マクラーレンのF1での活躍

マクラーレン F1

1963年にブルース・マクラーレンは「マクラーレン・レーシング・リミッテッド」というイギリスのレーシングチームを設立しました。

1966年からマクラーレンの創設者でもあるブルース・マクラーレンがF1に参戦しますが、1970年にマシントラブルが原因で死亡します。

その後テディ・メイヤーが経営を継続します。F1・F2・インディ500・Can-Amと参戦します。

1974年には初のインディ500で優勝します。

1976年にもマクラーレンとしての2度のインディ500の優勝をします。

1981年車両重量の軽量化を目指しカーボンファイバー製のモノコックをF1で採用しイギリスGPで優勝します。(モノコックとは自動車の外殻部全体のことです)

1988年にはドライバーのプロストとセナの2人は、ホンダのターボエンジンとシャシーを組み合わせたエンジンで16戦15勝と素晴らしい成績をつくります。(チームの年間最多記録は2014年メルセデス16勝まで破れなかったのです。)

2007年に起きた「マクラーレン産業スパイ疑惑」は、フェラーリの元チーフメカニックのナイジェル・スッテプニーが技術書類780枚に及ぶ情報をマクラーレンのマイク・コフランに渡した疑惑が発覚しました。

マクラーレンの歴史をほんの少し紹介いたしました。

マクラーレンの58年間チャンピオンを輩出しています。

マクラーレンでドライバーズチャンピオンを獲得した選手

1974年:エマーソン・フィッティパルディ

1976年:ジェームス・ハント

1984年:ニキ・ラウダ

1985・1986・1989年:アラン・プロスト

1988・1990・1991年:アイルトン・セナ

1998・1990年:ミカ・ハッキネン

2008年:ルイス・ハミルトン

F1が好きなら誰もが知っている有名選手ばかりです。

マクラーレンが販売する車種は

マクラーレン

F1から始まったマクラーレンは全世界に限定販売する車種が多くあります。

マクラーレンにとって、日本での販売数は世界3位なので重要な市場となっています。

エルバ

2019年にマクラーレンでは初めてのオープンカーで、限定249台販売しました。価格は約2億円です。

名前の由来は、創業者のブルース・マクラーレンが1960年に製造したマクラーレン・エルバM1Aから名付けられました。

セナ

セナはサーキットと公道の走行を目指しています。

2017年12月10日に発売され全世界で500台限定販売でしたが、すぐに完売となりました。そのうちの十数台が日本に輸入されました。

名前の由来はアイルトン・セナから名付けられました。価格は1憶2000万円からです。

GT

新車価格2,645万円~2,695万円です。

V8 4Lツインターボエンジンで最高速度326km/h。実用性を兼ね備えた車種です。

540C

新車価格2,410万円からです。V8エンジン搭載で最高速度320km/hです。

570GT

新車価格2,810万円からです。

570Sシリーズと同じエンジン「M838TE」を搭載しています。最高速度は328km/h。

後方にちょっとした荷物が置けるスペースがあり、天井は「パノラミックルーフ」のガラス張りで、開放感があります。

570スパイダー

新車価格2898.8万円からです。

570Sの天井はオープントップで、走行40km/h以下であれば自動でハードトップの開閉が可能です。

600LTスパイダー

新車価格3226.8万円からからです。

570Sを基本に、エンジン出力を向上させました。日本には2019年に輸入されます。

軽量素材を意識してカーボン製ブレーキを使用しています。(カーボンとは粉末・樹脂・ファイバーを特殊製造で混合した高性能材料のことです。)

720S

新車価格3,788万円からです。

720Sとほぼ同じ高性能モデルです。天井はオープントップで50km以下の走行中では開閉が可能です。

720Sスパイダー

新車価格3,788万円からです。720Sとほぼ同じ高性能モデルです。

天井はオープントップで50km以下の走行中では開閉が可能です。

アルトゥーラ

新車価格2,965万円からです。最高速度403km/hのマクラーレン初のハイブリッドスーパーカーです。

新技術の「マクラーレン・カーボン・ライトウエイト・アーキテクチャー」を使用した超軽量設計です。

イーサンネットにつなぐことにより配線量が約25%削減しました。データ速度が向上したため先進支援システムの制度が上がります。

3リッターV6ツインターボエンジンは、前の車種より排気量が少なくボディーは軽量化しました。

エンジンはコンパクトになりましたが、馬力がアップしているので快適な走行が得られることでしょう。

※新車価格は発売当時の税込み価格です。

スーパーカーの維持費

マクラーレン 600LT

高額なスポーツカーを、貯金したお金で購入しても、自動車税や保険料を考えなければいけません。

維持するためにどのくらい必要なのでしょうか。

自動車保険

マクラーレンのスーパースポーツカーは排気量も大きいので、納める税金額も高くなります。

下記の表を参考にしてください。

税額表(標準税率:年額)

乗用車 営業用 自家用
総排気量 1リットル以下 7,500円 29,500円
1リットル超~1.5リットル以下 8,500円 34,500円
1.5リットル超~2リットル以下 9,500円 39,500円
2リットル超~2.5リットル以下 13,800円 45,000円
2.5リットル超~3リットル以下 15,700円 51,000円
3リットル超~3.5リットル以下 17,900円 58,000円
3.5リットル超~4リットル以下 20,500円 66,500円
4リットル超~4.5リットル以下 23,600円 76,500円
4.5リットル超~6リットル以下 27,200円 88,000円
6リットル超~ 40,700円 111,000円

引用:国土交通省「自動車税・税額表」より

例えば、アルトゥーラは3リットル未満なので自動車税は51,000円となります。

任意保険

一般的には自動車保険と呼ばれています。

車を購入する際に販売店にて加入したり、ネットでも加入できます。

人の補償:対人賠償任意保険(自賠責保険で足りない部分) 人身傷害保険 搭乗者傷害保険

物の補償:対物賠償任意保険 車両保険

損害の種類に応じた種類があり、組み合わせにより補償内容が変わります。

保険金の上限金額によっては、保険料も変わってきます。

マクラーレンのスーパースポーツカーが、新規で任意保険に加入するのは難しいようです。

車両価格が高額で性能が良い車なので、事故の時の保証額も高額になります。

加入を断られることもあるため、購入店で紹介される保険会社で加入するのが良いかもしれません。

保険料は高額になります。しかし保証と安心は常に考えなければいけません。

まとめ

マクラーレンは1963年にブルース・マクラーレンが設立したレーシングチームです。

世界中でおこなわれるレースに参戦して、F1のシード権を獲得し素晴らしい成績をつくり上げてきました。

マクラーレンは常にエンジン開発をして多くの車を販売しています。スーパースポーツカーの先駆者ですね。

ただし、マクラーレンのスーパースポーツカーを所有したい場合は、税金や保険料のことまでしっかり考えましょう。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

マクラーレン