【ポルシェ カイエン】その内装はゴージャス&スポーティ

ポルシェカイエンは、軽快な走行性能とお洒落でスタイリッシュな内装が特徴の車種として世界の愛好家たちの間で熱狂的な支持を集めています。トランスミッションは八段オートマチックを採用していて、さまざまな角度の坂道でもスムーズに登りきることが可能です。

ポルシェ・カイエンのニューモデルのゴージャスな内装

引用元:http://car-moby.jp/119353

ポルシェ・カイエンのニューモデルの基本スペック The new CayenneとThe new Cayenne Sは、2017年に発表されたポルシェ・カイエンの最新の次世代マシンで、全て新開発のフルモデルチェンジを実施したという事から世界的に注目を集めています。ちなみにそれぞれの基本スペックは、The new Cayenneは最高出力340ps・最大トルク45.9kg-mのサイズが全長4,918mm・全幅1,983mm・全高1,701mmで、もう一方のThe new Cayenne Sは最高出力440ps・最大トルク数56.0kg-mで、全長4,918mm・全幅1,983mm・全高1,696mmという内容です。

ニューモデルの内装とオプションの比較

引用元:http://www.marquis.co.jp/blog/panamera-2017-2018model/

ポルシェ・カイエンのニューモデルは内装についても一新されており、コントロールコンセプトと総合的なコネクティビティを備えた革新的なディスプレイが採用されています。また、荷室の容量も先代よりも100L増えた770Lに変更しています。ちなみに、オプションの銀白色又は洋紅色のGTSインテリアパッケージは、デコレーティブステッチ・レブカウンター・背もたれの上部のロゴ及びシートベルトがコントラストカラー仕上げとなります。なお、先代車と比較した際の大きな変更点としては、シフトレバー手前側にあった走行モード選択ダイヤルがなくなっている等複数を挙げる事が出来ます。

ポルシェ「カイエン」は内装が充実

引用元:http://car-moby.jp/266731

特別な内外装の仕様や充実した装備が特徴的なカイエンは、21インチの「カイエンスポーツクラシックホイール」が標準装備されていることに加えて、本体カラーは同色塗装のホイールアーチエクステンションやティンテッドプライバシーガラス、ハイグロスブラックの装飾などが新たに用いられています。内装では「カイエンGTS」由来のアルカンターラシートセンター付き8wayレザー仕上げスポーツシートやロゴ入りフロントドアエントリーガードを新たに採用しており、前席にはシートヒーター、シートのヘッドレストは前後席ともにポルシェクレスト入りの仕様になった事で更なる進化を遂げました。

まとめ

引用元:https://press.jp.porsche.com/prod/presse_pag/PressResources.nsf/Content?ReadForm&languageversionid=777375

ポルシェカイエンを選ぶ人はどういったポイントを重視して購入を決断しているのでしょうか。ポルシェカイエンを選ぶ理由はいくつかありますが、ステータスを重視して購入している人が多い傾向があります。ポルシェカイエンの所有者は外観や走行性能はもちろんですが、ステータスを重視して購入している傾向が強いです。ポルシェカイエンといえば芸能人やスポーツ選手などの有名人が乗っているイメージが強いので、ステータスは抜群のようです。気になる内装ですが、高級感溢れる本皮を使用しながらもスポーティな要素もしっかりと加えているという印象を受けます。細部までこだわりを感じるデザインで、ステッチなども非常におしゃれな仕様になっています。メーターも美しいデザインで視認性も素晴らしいです。ステアリングやシフトノブも握った瞬間に手に馴染むという感覚があります。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

【Ancarに掲載中のおすすめ車両】