ランクルにかかる主な維持費7つ!ランドクルーザーの特徴も紹介!

発売から65年、いまだに世界中から愛されているトヨタランドクルーザーは、大型クロスカントリー車です。耐久性が高く、どんな悪路にも屈しない走破性はクロスカントリー乗りの憧憬の存在です。ランクルの特徴や維持費、さらに維持費を下げる方法をご紹介します。

ランクルとは?

ランクルは、「ランドクルーザー」という名のトヨタが製造販売する大型クロスカントリー車です。その耐久性は世界中から評価され、日本製の自動車としてはとても長い歴史を持っています。ランクルは長い歴史とともにモデルチェンジを行い、現行モデルは200系と呼ばれ、走破性はもとより内外装にも拘っていることが特徴とされます。

ランドクルーザーの特徴

ランクルの特徴は、なんと言っても耐久性に優れた車体と高い走破性です。世界中からの信頼も厚く、過酷な環境下でも耐えうる車体、エンジンとも高い評価を受けています。世界一過酷なモータースポーツ競技と評される「パリ=ダカール」でもランクルは評価され、第一回大会では実に25台ものランクルが参戦するなど古くから愛用されていたことが伺えます。

特徴:耐久性がある

ランクルの大きな特徴である「耐久性」は、開発思想「信頼性、耐久性、悪路走破性」に基づいて高められてきました。堅牢なラダーフレームはねじり剛性や曲げ剛性に優れ、本格的なオフロードの走破に耐えます。また、車軸式リアサスペンションはコイルサスペンション式を採用、大きな凹みや荒れた道もものともしない走行性を発揮します。

特徴:車体・エンジンが大きい

ランクルの特徴としては、他を圧巻する堂々たる車体とエンジンのパワーの違いです。全長4,950㎜、全幅1,980㎜、全高1,880㎜の車体は高い視界を確保し、さらに堅牢性を誇ります。エンジンは4.6LV8エンジンを搭載し、低速から高速までのびやかなパワーを発揮します。力強い走りにはゆとりさえ感じられます。

特徴:安定感のある走り

ランクルの特徴は足回りの柔軟性にも現れています。フロントはコイルスプリング式ハイマウント・ダブルウイッシュボーンサスペンションを採用、リアは旧モデルから一貫した車軸式サスペンションを採用しています。急斜面や陥没路面にも対応する接地性は高いオフロード性能を実現します。最大トルクは460/3,400で、踏み出す力が強いことが伺えます。この踏み出し強さが、どんな悪路も走破できる原動力です。

ランドクルーザーの主な維持費7つ

ランクルは旧式モデルも現行モデルもとても人気が高いです。高い耐久性を誇るため中古で手に入れるにしても高額となります。ランクルをせっかく手に入れたのに、維持費がかかって維持できなかったということがないように、どんな維持費がかかるのか一度整理して見ましょう。

維持費1:自動車税

ランクル200系は総排気量が4.608Lです。自動車税は88,000円、2019年10月以降の新車登録なら87,000円ととても高額です。新規登録から13年経過した車ではさらに自動車税は重く課せられます。中古車で購入した際の自動車税は、グリーン化税制の観点のもと、ガソリン車は13年、ディーゼル車は11年にて、15%重課されます。維持費の中で自動車税は大きなウエイトを占めます。

維持費2:ガソリン代

現行モデルであるランクル200の公式燃費は6.9km /Lです。ランクル200はガソリン車しかないため維持費の中で、ガソリン代が大きな割合を占めるという感は否めません。旧モデルでは、ディーゼル車もあるためディーゼル車を選んでいたらそれほど負担には感じないでしょう。しかし、旧型モデルのガソリン車は現行モデルのランクル200よりも低くなります。

維持費3:任意保険料

ランクルは人気車種です。中古車市場に出ているランクルも非常に高値で取引されています。そのため、人気車種であるランクルには盗難の危険性が付き纏います。そのため、保険会社によっては車両保険に加入できない、または車両保険が高額になる場合があります。しかし、盗難が相次いだランクルも現在は一般的な条件と変わらないほどに落ち着いていますので、保険契約を再考することで維持費は軽減できます。

維持費4:メンテナンス代

愛好者が多いランクルは絶版車である旧式モデルでも部品が出回っているため、メンテナンスをしながら長く乗り続けることができます。耐久性があると言っても故障しない訳ではありません。10万キロを超えたランクルはオイル漏れや窓が落ちるなどの小さなトラブルが起きます。しかし、ランクルは耐久性はもとより修理がしやすさも魅力の一つです。維持費が気になるなら自分でメンテナンスを行うことも可能です。

維持費5:車検代

車検代は、「自動車重量税」「自賠責保険料」「法定費用」にて構成され、これに整備費用が付加されます。ランクルの総重量は約2,900Kgで、エコカー減税に適応していないため、2年車検の場合には49,200円、1ナンバーであれば34,200円〜37,800円です。自賠責は自家用乗用車で、車検時(2年)で21,550円、1ナンバーで39,680円になります。自賠責保険に関しては、2020年4月より平均で16.4%引き下げられています。

維持費6:盗難防止費用


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら