アキュラ車の現行モデル7車種!アキュラ車の入手法と購入費用などを解説

アキュラ車は、北米をターゲットとしたホンダの高級車ブランドで、日本では展開されていません。北米最大市場で人気のアキュラモデルは、日本でも入手可能です。アキュラ車の現行人気モデルの詳細とその入手方法、購入費用などをご紹介いたしましょう。

アキュラとは?

アキュラは、海外向けの高級車ブランドです。

1986年に、アメリカとカナダでアキュラブランドが始まりました。正確という意味の「Accuracy」を思わせる「Acura」は日本でも人気があります。

アキュラを購入したいと思ったときに一番気になる点は、その費用でしょう。アキュラは、並行輸入車や逆輸入車と内訳は同じになります。

ホンダの北米をターゲットにした高級車ブランド

アキュラは、北米で展開されている日本のブランドになります。

また、「アキュラ(Acura)」はアメリカやカナダをはじめとした、北米各地で展開しているホンダの高級車ブランドとして販売されています。

その中でも5人乗りの「RDX」、アキュラの高級セダン「TLX」などが人気です。

日本ではブランド展開されていない

アキュラ車は、日本では導入展開されていません。

自社の車を世界で買ってもらうには、完成度と同時にイメージが大切で、アキュラ車が販売されたころは、「日本車は安くて丈夫」「高級車はアメリカ製」というイメージがあったのです。

そして北米の市場規模が大きかったことから、日本のメーカーは高級車販売を行う「ブランディング」のために高級車専用ブランドを立ち上げ、日本人の高い技術に粋やおもてなしの心を反映したブランド戦略をしました。

アキュラの現行モデル7車種

アキュラの現行モデルをご紹介します。

ホンダが海外展開する人気高級車ブランド「アキュラ」の現行販売されている車種には、いくつかの種類があります。

また、アキュラは北米市場中心に展開されていますが、中国市場に専売車を1車種販売していています。そして、新車購入できる現行モデルには日本でもお馴染みの車種もあり、魅力溢れるラインナップです。

セダンタイプ

セダンタイプは、ホンダのHをAにしたエンブレムが特徴です。

アキュラ車のセダンタイプは「ILX」「TLX」「RLX」の現行モデルが販売されています。そして特徴的なエンブレムは、正確さを連想する「アキュラ」が由来になっています。

「LX」はセダンのアルファベットで、それぞれの車名の後ろに付けられています。また、2016年には新型スポーツセダンとして、初代TLXが発表されました。

アキュラの現行モデル1:TLX

TLXは、ミドルシップセダンです。

アキュラTLXは、セダン車モデル中堅に位置し「Standard」「Technology Package」「A-Spec」「Advance Package」のグレードがあります。

スペックは、「全長4,833mm」「全幅1,854mm」「全高1,447mm」「ホイールベース2,776mm」「販売価格33,000USドル(日本円にして約3,652,700円)」です。

アキュラの現行モデル2:ILX

アキュラILXは、エントリークラスセダンです。

ILXは、アキュラブランドの中で最もリーズナブルなモデルと言われており、「Standard」「Premium」「Technology/A-Spec」の4つのグレードがあります。

スペックは、「全長4,549mm」「全幅1,793mm」「全高1,412mm」「ホイールベース2,670mm」「販売価格25,900USドル(日本円にして約2,866,800円)」です。

アキュラの現行モデル3:RLX

RLXは、フラッグシップセダンです。

RLXは、アキュラのセダンモデル中で最も高級なモデルと言われており、「Technology Package」「Advance Package」の2つのグレードが用意されています。

スペックは、「全長4,982mm」「全幅1,890mm」「全高1,465mm」「ホイールベース2,850mm」「販売価格54,900USドル(日本円で約6,076,800円)」です。

SUVタイプ

SUVタイプは、もう1つの主力と言われる屋台骨となっています。

アキュラ車の現行モデルSUVの、米国規格の種類は「コンパクト」「ミッドサイズ」です。グレードも豊富で、北米でも好調なセールスを記録しています。

また、現行モデルには「CDX」「RDX」「MDX」があり、全グレードには「直4エンジン」が搭載されています。

アキュラの現行モデル4:CDX

CDXは、中国市場専売コンパクトSUVモデルです。

CDXは唯一、中国仕様専売車となっており北米では販売していません。小さいサイズで、取り回しやすさはトップクラスといわれています。「1.5Lターボ」と「2.0Lのハイブリッド」があります。

スペックは、「全長4,496mm」「全幅1,840mm」「全高1,615mm」「ホイールベース2,660mm」「販売価格19,980元(日本円で約327,100円)」です。

アキュラの現行モデル5:MDX

MDXは、フルサイズフラッグシップSUVです。

MDXはアキュラ唯一の3列7人乗仕様で、「3.5LスポーツハイブリッドSH-AWD」を採用しているのが特徴です。また、最新式の安全装備を搭載しています。

スペックは、「全長4,917mm」「全幅1,961mm」「全高1,717mm」「ホイールベース2,819mm」「販売価格44,300USドル(日本円で約4,903,700円)」です。

アキュラの現行モデル6:RDX

RDXは、ミドルサイズSUV「CR-V」ベースに開発されています。

RDXはSUVタイプの中でも、とても人気のあるモデルであり、高品質でコストパフォーマンスが高く安全装備も充実している上、各部は専用開発されています。

スペックは、「全長4,744mm」「全幅1,900mm」「全高1,669mm」「ホイールベース2,751mm」「販売価格37,400USドル(日本円で約4,139,900円)」です。

スポーツタイプ

スポーツタイプは、アキュラ車ラインナップにおいて「スーパーカー」と言われています。またスポーツタイプは、アキュラの誇る最新技術が盛り込まれたスーパーカーです。

アキュラNSXの生産国はアメリカで、日本市場でもスポーツカーとして取り扱っており、納車には3年以上待ちと言われるほど人気です。

アキュラの現行モデル7:NSX

アキュラNSXは、幻のスーパースポーツカーと言われています。

2016年から日本でも「ホンダNSX」として販売されており、アメリカ市場では年間1,000台を販売、日本でも年間100台の販売数に約400台もの受注がありました。

スペックは、「全長4,490mm」「全幅1,940mm」「全高1,215mm」「ホイールベース2,630mm」「販売価格157,500USドル(日本円にして約17,434,300円)」です。

アキュラを手に入れる方法2選

アキュラブランドは、日本市場では展開されていません。そのため、日本国内には販売ディーラーがいないのです。

このことから、アキュラ車を手に入れるには「並行輸入で手に入れる」か「国内中古車として入手する 」という2つの方法になります。

アキュラを手に入れる方法1:並行輸入で入手する

並行輸入(逆輸入)で入手可能になっています。

日本に販売ディーラーが存在しない「アキュラ車ブランド」を、並行輸入(逆輸入)で入手する方法です。アキュラブランドが販売されている、アメリカやメキシコなどの現地正規ディーラーから購入後、日本に輸出する流れです。

この入手方法の場合は、逆輸入車・並行輸入車専門店舗やホンダ並行輸入車専門店へ直接問い合わせてみるといいでしょう。

輸入費用

並行輸入には、輸入費用が必要です。

並行輸入により日本で販売されていないアキュラ車が入手可能ですが、輸入業者への手数料など輸入費用が必要になります。

輸入には専門知識も必要になるため代行業者に依頼することが多いでしょう。また、日本の法律への適合のための改造、通関手続、排出ガス検査などの手続きも必要です。

アキュラを手に入れる方法2:国内の中古車として入手する

国内の中古車市場にあるアキュラ車を購入するという方法もあります。

国内中古車市場に登録されているアキュラブランド車を検索し購入する方法は、自分で確認ができるため逆輸入よりも手続きが簡単と言えます。手順としては、国内中古車市場に登録されているアキュラ車から、自分の購入したいモデルを検索するだけです。

海外専売モデルブランドは異国情緒が溢れ、見慣れたエンブレムでも全く見たことがない車種であることがポイントとなります。

中古市場の相場

アキュラ車ブランドの、中古市場の相場をご紹介します。

2020年現在のアキュラの中古車情報では、平均価格387,6万円、走行距離平均77,540kmとなっています。そして、中古車が豊富な車種モデルはアキュラMDXです。

日本展開されていないアキュラ車の中古市場は、「MDX中古車価格75~229万円」「NSX中古車価格686~799,9万円」「アキュラその他中古車価格285~619,9 万円」となっています。

日本では希少なアキュラ車の入手を検討しよう

日本展開されていないアキュラ車を入手して、日本で活用しましょう。

アキュラ車は、世界で活躍する日本発の高級車先駆ブランドです。日本国内での展開は幻となり世界最大の自動車市場で売り上げをあげています。

日本でもアキュラ車は入手可能で、その方法は逆輸入や中古車での購入です。ぜひ、海外で人気の高級ブランド車アキュラモデルの入手を検討しましょう。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら